石の花(1)侵攻編 (講談社漫画文庫)
石の花(1)侵攻編 (講談社漫画文庫)
クチコミを見る

以前から紹介汁と言われていたのだが、ネタが切れなかったので紹介そびれていた作品。紙の本は一部新刊では手に入らない(中古は可)。ただ、電子書籍はある

第二次大戦中のユーゴを描いた作品で、日本人が描いたとは思えない内容に、当時のユーゴ政府は表彰したという・・・まさか再び内戦に巻き込まれるとは思っていなかったろう。もちろん日本でもファンは多い。

B29などを実際に見た世代の人の描く戦争漫画の力強さを最近の漫画で見ることは少ないが、この作品は、そんな世代の作品ですら「甘い」ーと言える世界を描いているわけで、正直気軽に読める本ではない。

しかし、戦争を考える上で、読んでおくべき作品であろうと思う。