ということで、にちゃんねる共産板の狛江スレにどういうわけか名前の出てくる井上静氏の狛江の選挙分析

 共産党を市民が説得して成立した政権だったからである。矢野議員を辞職させ市長選挙に立候補させることを、共産党本部は反対した。リスクが高すぎるから当然だ。
 しかし市民団体が、熟考のうえ二桁人数の候補者から選んだという事実は無視できなかった。そして市民団体と地元共産党は徹底的に細かく政策を擦り合わせて合意すると、共産党本部を説得した。最初は断念を迫った共産党も、政策合意の緻密さを知ると反対を撤回して支持と支援を決めた。
 社民党の保坂展人議員(現世田谷区長)も、隣の世田谷から応援に来た。排他的な共産党選挙としては異例である。だから矢野市長を押した勢力は、広範なうえ単なる野合ではなかった。それが強みであった


それが縁故政治を始めて、しかも候補者がということで ・・・旧南光町の場合にも言えるが、保守系があまりに情けない時に出てきた共産党候補は長期政権となることがあるのだろう。それに甘えて自分たちが「以前の保守派」になっちやったということだろうね。。。