ということで、狛江市議で生活者ネットワーク・社民党所属の市原広子氏の分析

地元にいないと書けない分析だが、同時に共産党の議員ではまず書けない分析でもある。