既に報告が入っているが、産経新聞。タイトルは
きょうもバトルモード 共産市議に「揚げ足取るようなことばっかりしてるから、ダ・メ・な・ん・で・す!」

 「揚げ足とるようなことばっかりしてるから、共産党はダメなんですよ!」。大阪市の橋下徹市長は18日、市議会決算特別委員会に出席。質問に立った共産市議に対し、対抗姿勢をあらわにしたバトルモードで、激しい反論を繰り返した。

 ある共産市議は橋下市長が知事時代にカジノ合法化を目指す国会議員らが参加した会合に出た際に「小さいころから勝負を積み重ねて勝負師にならないと勝てない」「政治家の判断はギャンブル」などと発言したことを引き合いに「考えは今も同じか」と質問した。

 これに対し、橋下市長は「根拠のないところで右、左を判断することも必要。ある意味、勝負が必要になる」と発言。「雰囲気のなかで言ったたことをいちいち全部取り上げ、揚げ足とろうとするから、共産党はダメなんです」とまくし立てた。

 また、別の共産市議の質問の際には、橋下市長側から市議に逆質問する「反問権」が認められていない議会の運営方法をめぐり不満な様子。「こんな議会だったら有権者は見放しますよ」と言い放った

橋下市長が、共産党精神を体現しているような感じ。
ダブル選以後急減した共産党支持者が、これでますます減るだろうな。