ASCII.jp

米アップルは、App Store(iTunes Store)におけるコンテンツ販売について、「サブスクリプション」サービス(定期購読、In-App Subscription)を発表した。音楽、ビデオ、電子書籍/雑誌、電子新聞などジャンルを問わず、App Storeの課金システムを介して購入できるすべてのiOS(iPhone/iPod touch/iPad)向けアプリが対象となっている。

また、アップル側(App Store)が新たな購読者をもたらした場合は「In-App Purchase」(アプリ内課金)同様30%の手数料が設定され、アプリ販売者側が(独自のウェブサイト/課金システムなどを介して)既存または新たに購読者を獲得した場合は、すべて販売者側の利益となるとしている。


どう見ても赤旗がタダで電子新聞プラットフォームを使えるようになっているw
アップル側から赤旗の購読申し込みなど、現状ではほとんどないに違いない
ほぼ100%共産党から読者を引っ張ってくることになるし、そこから先はAppleがただ働きして読者に電子版赤旗を届けてくれる。

現状の電子版は市場規模ははっきり言って小さい。でもこのシステムにのっかかると投資はほとんどゼロで可能だから、一度試してみるとよい。