北海道新聞
4月の統一地方選に向け、共産党の道議候補者が5人と前回選挙の半数にとどまっている。追加公認も検討しているが、二大政党下での組織力低下もあり、党関係者の間でも「候補者上積みは難しい」との見方が大勢だ。

ある党関係者は支持者の高齢化や二大政党への埋没を背景にした組織力の低下を指摘。「人材には限りがある。当選可能性の低い道議候補を立てるより、市町村議選に立てた方が有意義」と指摘する。


参議院選以降の情勢は「押し返し方が不十分な到達」@市田忠義の都道府県委員長会議での発言という情勢下、当関係者として発言していてる人のうち一人は、青山書記長である模様。
全国都道府県委員長会議で北海道委員会がどんな発言をしたのか?明日の赤旗あたりに載っているかも知れない。