政治資金報告書マニアと称する方からメール。
日本共産党の政治資金報告書によれば、日本共産党中央委員会が平成21年四月、キャンプシュワブの対岸になる沖縄県名護市瀬嵩に三万坪の土地を取得しているとの報告。

地番の散らばり具合から、おそらくは支持者の寄附か、相続のからみでの買収だと思われるが、衛星写真を見ると立地は高台の農地っぽい

基地の新設を見越して、値上がり益をとろうという訳ではないだろう。キャンプシュワブの監視拠点にするにしても広すぎる。

共産党が農業法人を設立して党員が働き口にでもするのだろうか?謎の土地取得である。