まだ言ってたのか!内部留保吐き出せ論w

こんだけ内部留保を吐き出せと言ってきました・・・僕たちエライでしょw?とでもいいたげな記事だが最低なのは経団連関係

経団連は、財界の春闘方針書である2010年版の「経営労働政策委員会報告」(1月19日発表)で、内部留保は「会計上の概念」で現金などは手元にはないから“取り崩せない”との態度でした。

ところが、7月20日に発表した「『新成長戦略』の早期実行を求める」との提言では、次のように指摘しました。

「国内経済の活性化に向け、(海外現地法人の)内部留保の一部を国内に還流させ、新たな成長が期待される分野への前向きな投資と雇用の創出に結び付けるためのインセンティブ(誘因)拡充について、取り組みを強化すべきである

大企業支援策を取り付けるために持ち出した「内部留保の還流」論ですが、提言が指摘しているように内部留保は取り崩せるのです。いまや財界も認めるまでになりました

二年前の震撼する決算期から多少はマシになって、最悪期を脱したということで国内回帰しようかとしているのを「ほら、僕たち言った通りでしょ」と来たもんだ。宮本たけしかよw

内部留保は取り崩せないわけじゃない。経営がどうにも立ち居かなくなって「内部留保を取り崩し」本社ビルを売却なんてことをはざらにある。その程度のことを自慢して何になる。

だいたい日本共産党こそが、自分たちの専従雇用が守れず党財政が悪いからといって専従を400人以上切ったではないか!

民間大企業は確かに非正規雇用は切った。しかし正社員は守った。正社員たる専従を守らない共産党に言われたかないよ・・・財界からそう言われたら、この記事かいた清水渡クン、どう反論するつもりだろう?