日本共産党の活動

福井県の事例で今回の参議院選での敗北にがっかりして「党をやめたい」とか言う人たちを踏みとどまらせた事例を紹介。

今回は絶対勝てると意気込んでいた人たちが敗北のショックから立ち直ろうとしていることを言いたいのだろうが「党をやめたい」という人に触れたのは珍しいと言うか、私の読んだ限りでは初めてではないかと思う。

結論は当然、現路線の継続だが、いよいよ党員の不満が大きくなってきたような感じである。