サーチナ

中国共産党建党89周年を記念して、武漢の収集家・姜小平氏が大切に保管する日本語の『中国共産党史』がこのほど公開された。同書は、中国の現代革命史において知る人ぞ知る共産主義運動の諜報員、日本人中国共産党員の中西功が1946年に日本で執筆出版した初の中国共産党史である。中国網日本語版(チャイナネット)が伝えた。

ウィキペディアによると中西功は、日本で検挙され死刑を求刑されるが終戦直後に無期懲役判決。でもって進駐軍の指令により釈放と強運によって生還した方。でもって参議院議員になってから党を除名される。娘さんはなんとあの中西準子先生だとか。

昔の党員はすごかったなぁ・・・。
どんな本かは、共産趣味文献の収集では誰しも一目置く、賃金奴隷69氏の感想を待ちましょうw