サンデー毎日に掲載された志位委員長インタビュー。典型的な提灯記事のような・・・この時期にインタビューできるなら、蟹工船ブームの最中、入党者毎月1000人とやっていたのがどうしてブームの前から1700人しか増えていないんですか?とやるのがジャーナリズム。
なのに、こんなことでは脳みそ日曜日状態の人しか読まなくなるよって、だからサンデー毎日かw

それはともかく

このなかで聞き手の山田道子・同誌編集長は「共産党は革命的ともいえる“成長戦略”があるとのこと」として、志位氏と鳩山由紀夫首相の2月の党首会談の内容に注目。

志位氏は、日本がG7諸国の中で唯一「成長の止まった国」「国民が貧しくなった国」となった原因に大企業の過剰な内部留保の蓄積があると述べ、大企業の過剰な内部留保と利益を国民の暮らしに還元し国民生活を守り日本経済を健全な成長に乗せるのが「日本共産党版のホンモノの『成長戦略』です」と語っています。


蟹工船ブームがあったのに「成長の止まった党」「党員が貧しい党」となった原因は過剰な共産党の内部留保の蓄積があるとは思えないが、党の内部留保を党員のくらしに還元すれば、日本共産党は成長間違いない!

だってホンモノの成長戦略なんでしょ?。志位委員長、ぜひやりましょう!