しんぶん赤旗

古館氏は改定案が「非実在青少年」(漫画、アニメ等の登場人物で18歳未満と認識されるもの)の性的行為を「肯定的に描写した漫画等」を規制対象としたことについて、恣意(しい)的に判断される余地が大きいと批判し、表現の自由の萎縮(いしゅく)につながりかねないと述べました。

きわめてまともな反対意見。
国政の場においては、担当は我らが宮本岳志議員なので、皆さん楽しみにたけし先生のお言葉を待ちましょうw