普天間基地移転問題の記事

「普天間基地は移設条件付きではなく無条件撤去すべきだ。アメリカのどこに基地を置くかはアメリカ政府が考えることであって、日本政府があれこれ考えるべき性格の問題ではない」と述べました。

市田氏は、「グアム知事が反対を表明したように、アメリカでも置いたら困るという基地を、日本国内を走り回り、今度はわざわざグアムまで行って、『ここはいかがか』と言うのはまったくおかしな話だ」と指摘。「移設条件付きという点では、グアム移転も同じ発想であり、この問題を解決する正道ではない」と批判しました。


北マリアナ連邦の知事などが受け入れに前向きな姿勢を示していることは無視ですね。さすがタブーがないというか、自分に都合の悪いことは一切報道しない、「報道の自由」が守られていますw

グアムやサイパンへ移設は無理だとは思うが、そんなことはもちろん関係ありません。自分たちの意向に反することは報道する必要がないのです。

当然、普天間基地移転のために自分たちが汗をかくこともありません。エアコンの効いた記者会見場で「無条件撤去だ」と言っておればOK。高齢で引退が取りざたされていた市田タンが書記局長をやめたくないのがよくわかります。