ということで、日本共産党の衆議院議員、我らの宮本岳志先生。とうとう日本共産党中央委員になられました。パチパチパチ(^.^)/~

1. Posted by 傍観者   2006年06月25日 13:12
山下よしきが中央委員になった大会の帰路。熱海に向う電車の中で宮本がぼやいた。「山下が選ばれたのにどうしてオレが役員になれないんだ」。一歳年下の山下が中央委員になったのが悔しかったんだってさ。


らしかったのでつが、とうとう雪辱をはらしましたね。もちろん、山下よしきタンは、ヒラ中央委員から常任幹部会委員に昇進したことは、党員純増と同じく、なかったことに。

でもいいじゃないですか。これで次の衆議院選で党が惨敗しても、吉井英勝タンが高齢で引退で比例二位で当選。次次回には穀田恵二タンがやはり年齢が行くことで引退、岳志先生は近畿比例一位になるでしょう。

この頃になると、他の比例区で一人しか当選できないところはすべて全滅。議席は近畿比例の宮本岳志一人という事態も十分あり得ます

よかったですね、たけし先生!

そこで目の前が真っ暗になった近畿の党員さま、そうです。事態はここまで進んでおりますw