ということで、党大会ネタ探していたら見つけましたw
苫小牧市議の渡辺みつるタンでつ。

タイトル「25回党大会!確信深まる

力強い報告に確信を持つことが出来ました。
その報告には感動しました。
新政権の「ツートップ」(党首と幹事長)の毎日報道されるニュースには呆れるばかりです。
直ぐ出来ることから実現することが政権党の役割。それだけに、政党としての自浄能力が試されます


その他、チラシの目玉商品を相対取引をもってして、農産物価格下落を小泉政権がどうたらと・・・チラシの目玉商品は、客寄せのため粗利を低くしたり、場合によっては仕入れ価格以下で売られたりするし、相対取引は市場を通した契約栽培っぽいやり方で、農家の実入りは市場の競りよりよくなるのが普通のはず。

特に面白いのはここ

昨年まで、農業委員会に関わってした一人として苫小牧市の酪農・畑作農家の実情は聞いていました。私の独自調査で苫東地区内の遊休地に膨大なブロツコリー畑の存在を議会でとりあげましたが、こうした大規模生産法人が量販店との直接取引によって価格をつり下げ、小規模農家の崩壊をつくり出していることが判りました

量販店は数がまとめるから高く買うわけ。数をまとめたのに安く売るバカな取引をする農家がいるなら、ぜひ教えてもらいたいwww

渡辺先生、北海道の宮本岳志先生とお呼びしてもいいでしょうかw?