明日明後日は更新できない可能性があります。でも総選挙中に一度はやっておきたかった、大阪府委員会副委員長宮本たけし先生ネタ。

共産党を本格オチし始めてまだ5年にもならないぼくちん、共産党の総選挙比例区候補のリストをつらつら見ているに、何か引っかかるものを感じていた。何かか足りない・・・・。

何が足りないのか、気がついたのは今日の午後になってからだ。四国比例区に春名直章がいない。確か当選二回して2005年総選挙、2007年参議院にも落ちたけど出ていたはず。

で調べると、今回もおられますた。ただし高知一区の小選挙区候補として...当然当選の見込みはありません。「比例を軸に」が日本共産党の戦略ですから軸ではなくなったというわけ。

春名タンに、たけし先生の未来を見るようでつw
でも、たけし先生は気になさらないですよね。小選挙区単独候補になってもう国会に行くことはできなくなっても、日本共産党員なんですから、比例候補者のために頑張りますよね。志位タンも言っているように、役割が違うだけで、党内は全員平等なのでつからw

参議院議員になったら赤いBMWを買い、タイゾーくんの先取りをしたたけし先生。参議院議員からただの人になったとき、赤旗の配達集金からやり直すと宣言しながら、やらなかったたけし先生。自民党にいちゃもん付けたものの、反論されたら貝になって逃げまくるたけし先生。そして、筆坂秀世タンがいなければ国会質問を作れなかったのに、筆タン失脚後あらん限りの雑言を吐いたたけし先生

そうそう、「キンピーは俺が潰した」と嘘も吐かれていましたね。

さぁ、たけし先生が国会に返り咲くか、小選挙区単独候補になるのか、残るはあと三日!

日本共産党支持者の良識が問われる選挙です。党改革を進めるために、何が必要かじっくり考えましょうね。誰を通すのか含めてw