本日の北海道新聞の当別町町長選の分析記事が載っている。
道新の分析は、6500票以上の得票を目指していた泉亭陣営が無名の新人相手に苦戦、5500票しか取れなかったことをもってタイトルが「町政への批判浮き彫り」

渋谷陣営は、「これだけの票を集めたのは町の閉塞感と、いかに町民が町政に不満を持っているのかの現れ」と分析。勝った方は焦り、負けた方は今後に自信をつけたような論調だ。

泉亭氏は開票結果について
「三期目で72歳という高齢であり、当初から甘く見てはいけないと考えていた。これまで(町議も含め)12回選挙をやってきており票差(の比較)は意味がない。勝ちは勝ち、誠心誠意、町のために頑張るだけだ」

ちなみに兵庫県知事選で、共産党候補がことのほか得票を増やしたものの、圧勝した井戸知事の弁

県民の声をきちんと受け止め県政を推進する。そのことを堅持していかなくてはならないと思った

大差で3選を果たした兵庫県知事選から一夜明けた6日早朝。神戸市中央区のラジオ関西で生番組に出演した井戸敏三(63)は、選挙結果について「いろいろ反省点がある」とした上で、かみしめるように言葉を続けた。3期目の抱負を語るには重い口調だった。


逃げ切った泉亭、圧勝の井戸。ま、そういうことです。