最近は失笑系党員ネタを極力やらないようにしているぼくちんだが、あまりに面白いので嶋重ともうみネタを一つw コメント三つ目
「自分のブログで日本共産党の宮本たけし(岳志)さんをしょっちゅうネタにするくせに、その宮本たけし(岳志)さんに面と向かって自分の実名とハンドルネームを名乗る事も出来ないブログ管理人」は、過去の記事でこんな一文を書いていますが、

>彼女自身はバイクとギターが趣味ということで共産党臭さを打ち消そうとしていますが、

 もし、こう書かれた彼女本人がこの一文を読んでいるとしたら、この一文を書いたブログ管理人は、彼女本人から顰蹙(ひんしゅく)を買っていると思いますよ。

 私のこういうコメントに対して、もし「自分のブログで日本共産党の宮本たけし(岳志)さんをしょっちゅうネタにするくせに、その宮本たけし(岳志)さんに面と向かって自分の実名とハンドルネームを名乗る事も出来ないブログ管理人」自身が…

「お前が言うな!」
「お前に言われたくないわい!」
…などと私に逆ギレするとしたら、私から一言
「説教されるのが嫌だからといって、逆ギレしないで下さい。大人げないですよ。」
…と反論させて頂きます。

 説教されたり、苦言を呈されたりするのは、誰でも気持ちのいいものではありませんが、そういう時の言葉を時と場合によっては、真摯(しんし)に受け止め て反省しなければいけない時もあります。私自身もブログ記事を書いた時や、コメントを書いた時は、自分の文章にウットリする時もあれば、自分の文章に 「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤する時もあります。

投稿: 必殺管理人・嶋重ともうみ | 2009年2月 1日 (日) 21時55分

件の引用は、ぼくちんが書いたのではなく、国道134号線鎌倉氏が書いているんだけどね....いやはやうっとりしますね、この反応www

それにしても書かなきゃ突っ込まないのに、わざわざ自分から過去の恥を蒸し返す努力をするなんて...ヤッパ反省してないな。

そうそう、コメント二つ目

「削除(修正)するは一時の恥、削除(修正)せぬは一生の恥」

キミの削除は、自分が恥を隠すためにやってるだけだろw
腐った根性を正当化するなよw