日本共産党お笑い系、みんなのアイドル宮本たけし先生は、ぼくちんが何度教えても秘書の布籐ともどもhtmlのリンクをはることができません。そのため、引用したくなったら引用先のアドレスを本文に書くのは当blogの常連さんには周知のことですが、わざわざアドレスを書かないこともあるのですね。

たけし先生が野中広務の著書を読んだ感想を読んでいると、何か変でつ。ヒラメが志位委員長をほめたたえるのです。なのに志位タンのホームページのアドレスが書いてないのは変だ....と思ったら、こういことでした。

二つめは、当事者が本音を語れば、当時わが党が指摘したことがまぎれもない真実であったことが明らかになります。98年の国会で橋本首相相手に、当時の志 位書記局長が「9兆円の国民負担増」を追及しても、政府はその「9兆円」を認めませんでした。しかし今回の野中氏の本では正直に「(97年4月の消費税増 税に加え)、同じ4月に2兆円分の所得税・住民税の特別減税が廃止され、さらに医療費の自己負担増を求めた医療保健制度改革によって、結果的に国民負担が 合計で9兆円も増加した」と述べています。

うそおっしゃいw。当時の橋本総理は、国民負担が九兆円増加したのを認めるか?なんてことを聞かれていた訳じゃありません。国民負担が増えたことが、個人消費や値込みの原因かどうかを質問されたわけで橋本総理は「多少はある」といっております。

すなわち志位和夫のホームページに書かれていることを引用するとウソがばれて都合が悪かったから、あれほどアドレスを書くのが好きなたけし先生が志位ホームページのアドレスを書かなかったのです。

さて、幹部会委員長のことばをねじ曲げた、たけし先生の運命やいかに?ま、ふだんのヒラメぶりを考慮しておとがめはないでしょうwww