ぼやきのおっちゃん氏から教えていただいたが、自民党が供託金没収ラインの引き下げを検討しているらしい。目的は、

共産党候補がいない選挙区では、共産党支持者が「与党の自民、公明両党の候補者よりも民主党候補の方がまし」と判断して投票し、民主党に有利な状況が生まれる可能性がある。
 このため、自民党は、供託金没収のハードルを下げることで、共産党が選挙区により多くの候補者を擁立できる環境を整えようとしているのではないか、と民主党側は疑念を抱いているわけだ。

民主党の疑念は正しいと思うというか、没収ラインがもし引き下げられて共産党が再び全選挙区候補者擁立に再転換したら、まさしく共産党は自民党の補完勢力として機能することになる。

そうなると、民主党の共産党の共闘する者は嘆き、当blogが笑いものにしているような者は大歓迎するだろうな……。