日本共産党は、年金福祉施設を民間に売却しちゃいけないと思っている。

国民が納めた年金や健康保険の保険料をもとに全国各地に建設された「サンピア」「ペアーレ」などの「年金福祉施設」が、二〇〇七年度に計九十八施設も売却 されていたことが、わかりました。うち、判明しているだけで、半数近い四十五施設は、建設会社やマンション業者、ホテルチェーンなど営利企業が取得してお り、国民の貴重な財産がもうけの対象となっていることが改めて浮き彫りになりました

国民が納めた保険料を赤字施設建設につぎ込みまくったから、これ以上赤字を出さないように売却されるわけだが……買ってくれる会社を悪者扱いしていったいどうするつもりだろ?

〇七年度に売却された九十八施設のうち、落札者の同意が得られず、「法人」とだけ表示されたのが四分の一以上の二十六施設もあります。公表されているなかでは、医療法人、財団法人各六施設、学校法人、社会福祉法人各四施設などのほか、四十五施設が営利企業でした。

医療法人、財団法人、学校法人、社会福祉法人ならいいのか?だいたいこの4法人は儲けるのに施設を使わないのか?……アホらしい論理だこと。