いや〜、久しぶりに素晴らしい共産党員を発見した。大阪此花区市政対策委員長辰巳孝太郎氏だ。
先のエントリに関して、こんな返答が返ってきた。

busayo_dicさん、

議員・候補者は公約を掲げて有権者の審判を問い、当選すればその履行が求められます。
特に市長の権限は大きいものですから、選挙の際には、候補者がどのような政策を掲げ市政運営をするのかを私たちは精査する必要があります。
しかし、選挙の際にはどの候補者も「ええこと」を言います。候補者・政党によっては思っていることと違うことも言います。
そして選挙が終われば簡単に反故する人もいるわけです。

よく投票場に足を運ぶことだけが「政治参加」だと思っている人がいますが、私はそれは違うと思っています。

政治には常に市民からの厳しいチェックが必要で、有権者は時に選挙時以上に政治に目を向けなければ、本当の意味での市民本意の政治は実現しません。

ですが、もちろん誰が当選しても同じではありません。
姫野さんでしかメスを入れられないものが同和利権をはじめたくさんありますから。

私たちの仕事は市長選挙が終わって、ハイ終了ではなく、市長選挙が終われば、新しい市長に請願もし、要望もするわけです。
平松さんは中学校給食の検討やこどもの医療費無料化に触れましたが、これは並大抵のことではないはずです。だって当の民主党がこれまでさんざん拒んできたことですから。(これこそネジレ)
実行に移させていくのは、これからの市民の声にかかってきますし、その運動を先頭に立って引っ張っていくのが私たちの仕事だと思っています。

私の質問に、完全に答えたわけではない。意地悪な言い方をすれば、スリカエている面もある。しかしそんなテクニックを払拭させるだけの、力のある主張をしているからノープロブレム。

先の参議院選で此花区は宮本たけしの得票がトップだったらしいが、これはたけしが支持されたのではなく、たつみコータロー氏や、彼をとりまく党員たちの力だと言って間違いはないだろう……でなきゃあんな神輿で普通トップは取れんぜw

たけし放り出して、こういう奴こそ総選挙に持ってくるべきなんだがなぁ……。