郵便局の非常勤職員、いわゆる‘ゆうメイト’が民営化に伴う保険の書き換えを後回しにされて一カ月ほど保険証なしになるそうである。しかも常勤職員は問題なく処理されていると言う。社会保険庁のお役所仕事がよく分かる記事である。

こういう記事を出す時には、ぜひとも堀越事件で有名になられた堀越明男たんの談話が欲しいものである。

自分の勤務先である社会保険庁のお役所仕事をどう思っているのか、とっても興味があるんだが……党にとって都合が悪いんでしょうかw?