本日の主張を見たら、2011年の誌面が見えてきた。

2011年初頭総務省地デジ担当記者会見
受像機の更新が進まないので地上波打ち切りは見送り、各テレビ局や都道府県の判断で打ちきり時期を決めていただきます。

翌日のしんぶん赤旗
2009年8月30日の記事にあるように、当初から赤旗は地上波打ちきりに反対してきました。日本共産党の道理ある主張に、総務省も地上波打ちきりを撤回せざるを得なくなったのです。

記事を読んだ党外読者
日本共産党がまた活躍したわけですね(棒読み)

記事を読んだ地方テレビ局幹部
おれたちの生活はどうなるんだよ!ただでさえ経営が苦しいのに、アナログとデジタル、二つの設備を維持するコスト、どうせぇ言うんだ!

創価学会幹部
テレビ局を救わなきゃならないね。「人間革命」のコマーシャルでも作るか……