昨日多忙で手を付けられなかったゆうPress、地球温暖化防止運動をするらしいのだが、宮本たけし先生が絶賛するだけのことはある。

「未来は今、選べる。地球温暖化は止められる」。そんなメッセージを込めた3000万部の号外を夏至の今月22日までに、日本中の街頭や地域で配り、キャンドルの明かりで読もうと呼びかけるプロジェクトが進行しています。

いったいどれだけ、こんなことのために木を消費するのでしょう?ちょっと乱暴だが、A4用紙をバルプの表面積と同じと仮定して計算する。手元にある、A4のコピー用紙500枚入りパッケージの厚さを計ってみると4.5センチ。1000枚で9センチ。3000万枚と言うと、三万倍だから270,000センチ、標高2700メートルのA4用紙が必要だねw
木の幹すべてがパルプになると考えても10メートルの高さの木が270本、実際はそんなことはないから、その何倍かの木を使うわけですね。

いえ、いいんですよ。紙をじゃんじゃん使ってじゃんじゃん木を植えたら名目上地球温暖化には貢献しませんからね。でもね、これだけ騒いでいる問題に対して、しょーもない提案のビラまくなんて自己満足以外のなにものでもない
どうせやるなら、日本の休耕田に麻を植えよう!くらい言った方がインパクトがある。現在、麻薬への転用の恐れがあるから、麻の栽培は国の許可がないとできないけど、地勢的に外部から入って行きにくい場所(要は山間過疎地だ)なら、栽培者に問題がなければ麻薬欲しさのドロボーさん対策も容易で、安全に栽培できるだろう。

それを国が助成して利益率の高いビジネスにできれば、限界集落だって復活するかも知れない。実際にできるかどうかはどんなビジネスモデルを立案するかによるが、それくらいの発想があってこそ、世に問う価値のある、大量の木を消費する価値があるってもんだ。

それにしても……ロウソクを使って読もうって、どうなんだろう?ロウソクを作るのにも燃やするのにも二酸化炭素は出るのだが……電気よりも出さないもんなのかね、CO2