17日公示の御津町議選、定数が16から12に削減されていた事が判明。立候補は13人の見込み。御津町は豊川市との合併が有力視されており、当選しても任期は一年ほどになるところに、定数減が加わって立候補者が減ったようだ。

定数が減った事で、比較的選挙に強い候補者が残っているとおもわれ、ボーダーラインも400票では足りない可能性が高いとみられる。

厳しい選挙戦になりそうである。