当方でもこちらで取り上げた、しんぶん赤旗の連載記事「インターネットの今」がにちゃんねるで祭りになっている。

J-CASTニュースによると

  「しんぶん赤旗」が喜んだこのスレッドは、実は盛り上りに欠けるものだったが、今回の記事に関しては「祭り」になっていて、「2ちゃんねる」には06年1月30日14時30分現在、7本以上のスレッドが立っている。その中のカキコミを見ると、
「>のべ七十三人が なんで赤旗はいつも母数とかが少ないんだろ」
「ここまで落ちぶれちゃ目も当てられんなwwwww」
「必死でお得意の工作活動をはじめたってことだろ」
「赤旗は、2ちゃんで『神』とか『GOD』とかいう言葉がどういう風に使われているか知らないらしいww『神・GOD』の用法[例文]:『田代は神』」

というバッシングめいたものが多い。
   ただ、中には

「共産党が喜んでる(w なんか可愛い)」
共産党を与党に押し上げ労働を忌避するニートを粛正させよう
「共産ガンガレ超ガンガレ!政権取ったら困るけど……
「ネットを敵視していない点が、普通の新聞と違って好感が持てるな」

   などと、応援しているかのようなカキコミもある。


七本もあるというスレを見て回る時間はないが、しんぶん赤旗の魅力が多くの人にご理解いただけたようで、ぼくちんも、とてもうれしいwwww

もっと言っておくと、実は日本共産当のメールニュースでは、この「インターネットの今」のシリーズはネットに載せないことになっていた。

こんにちは日本共産党です お知らせ 1/25
◆「しんぶん赤旗」日刊紙で連載はじまる
本日、1月25日から「しんぶん赤旗」日刊紙で、「インターネットのいま」の連載がスタートしました。9〜10回の予定です。感想などをぜひおよせください。
※この連載はホームページには掲載していません。

それが二回か、三回目の連載の時になぜかネットで読めるようになったのだが、どうしてそんなことをしたのかは謎である。もしこんな展開を予想してやったのなら、天才的であるwww