懸案になっている、嶋泰輝のセクハラの件、「セクハラ 日本共産党」でくぐると、こんな記事があった……ちなみにトップ表示は、当ブログ。二番目は「日本共産党の観察記」であるwww

 日本共産党は、セクハラを「起こさない」「起こさせない」ことが大事であり、「許さない」世論をひろげていくことが必要と考えています。また法律 の整備、改善命令を出せる機関の設置、被害者の保護、相談窓口の拡充などを提案してきました。国会でも、大学や学校、職場、航空機内や公務、法曹関係な ど、いろいろな分野におけるセクハラ問題をとりあげて、対策の強化を求めてきました。


 ネットで堂々と公表されている党員のセクハラ問題を放置しておいて、「許さない」世論を広める気がホントにあるのかね?石井郁子、みながわ朋枝、宮本岳志はヒラ党員に注意もできないのか。それどころかカッシーニみながわや、自称文言評論家の大阪府政策委員長宮本たけしはセクハラの指摘を「無視した方がいい」とまで言っているのだ……この記録削除したようだが、ちゃんと保存しとるからねぇ(^-^)/~~。

大阪府、および京都府大山崎町の有権者、そして党員は、こうした事実に目をそむけることなく参議院選および、いっせい地方選の投票を行おう!