しばらくあまりのくだらなさにエントリたてることができなかったGoGo宮本たけしでつが、正月ということで書いてみましょう。きょうは郵政関係と托鉢坊さんのお話でつ。

支社の言いぶんは「配達区域は広がってもサービスの低下はいっさいありません」というもの。しかしこれは職員・働くものの立場から言えば「際限ない労働強化を行います」と言っているのに等しいのです。

明白なウソでつ。郵便局は、今のところあまりうまくはいっていないようでつが、トヨタに学んで効率を向上させることで乗りきろうとしていまつ。効率化に無知で供託金没収ともっとがんばれとしか言えず、党員の疲弊を放置する日本共産党が低効率政党だからと言って、郵便局もそうだと思われては困りまつwww

 いまほど特定集配局の廃止などに反対する、自治体を含めた住民の運動と郵政に働く労働者や労働組合が固く連帯し、協力・共同をすすめることが大切になっ ている時はありません。そのような折、連合系の労働組合は旧総評系の「全逓」と旧同盟系の「全郵政」が合併し、いよいよ「労使協調」の一つの組合に統合さ れることになっています。

 10月の民営化にむけて、今こそ労働者の生活と権利を守りぬく「郵政産業労働組合」の出番の情勢です。今年を「郵産労」の新たな前進の年にするととも に、どうか私も郵政労働者の声を国政に届けるために、もう一度、郵政を所管する参議院総務委員会で働かせて下さいと訴えました。

ここでたけし先生の本音が出ていまつね。労使協調の組合がダメで、郵政産業労働組合がいいと……「労使協調」という会社も従業員もよくなる目標より、労働者のみの生活と権利を守ることを目標とする共産党系組合の方がいいとは、郵便局を敵に回すつもりでつねw

そもそもトヨタ生産方式による混乱を含めた現情勢が、いったい何を示しているのか。たけし先生はわかっているのでしょうかw。郵便局は100年遅れて、ミッドベール製鉄会社の向こうを張ろうとしているのでつ。

「労使協調」は、もともとフレデリック・テイラーが言いだしたことで、その背景には、今の共産党幹部のように党員を脅かしたりおだてたりする管理しか出来ないアホ幹部のせいで、労働者がやる気を無くしている状況をなんとかしようとしたことにあるのでつ。

だから労働者の能力を最大限に引きだす研究(いわゆるストップウオッチ・サイエンスね)よりも、管理者にもっと賢くなれバカとするのが本当のところ。実際に「科学的管理法」を読んだらわかるが、ストップウオッチについて書いてあるのは2ページだけ。反面、管理職に関してどれほど多くのページが割かれているのかを見れば、テイラー=ストップウオッチという見方が、どれほどインチキかはわかるはず。

そして歴史は、テイラーに学んだフォードによって変わったのでつ。そしてそれを見ていたレーニンまでもテイラーに学ぼうとしていたのでつよ。

すなわちたけし先生の言うことは、労働者どころか、レーニンまでも裏切ろうとする反共論理にほかならないのでつwww

 お店へのごあいさつを終えて出てきたら、天神橋筋商店街の色口で托鉢をされている修行僧の方がおられ、恒例とはいえ大きな音でお騒がせしたことをお詫びしました。すると「いやいや、今お話を聞かせていただいたが、宮本さん、あなたのおっしゃるとおりだ」とのお言葉。

  「今の世の中は実に乱れている。大阪大学の教授ともあろうものが、あのような恥ずかしいスキャンダルにまみれたり、大臣や知事が金にまつわる事件で辞職し たり逮捕されたり、こんなことで子どもたちの教育をどうこうしようなどと言ったところで何になるか。まったくその資格はない」とおっしゃるのです。「同じ ように仏教界も乱れている。信者や檀家から大金を巻き上げるようなことがまかり通っている」とお怒りでした。

 「本当におっしゃるとおり ですね。本来、政治というものは弱い立場のみなさんを支え、大きなものや強いものの横暴に歯止めをかけるのがつとめのはず。それが今では弱いものいじめの ような政治ばかりで…」と言うと、「いや、あなたが本当に弱い人たちの味方である事は、先ほどの話を聞いていてよくわかった。応援しますがんばって下さ い」とも。

まったく、この托鉢僧は世の中のことを知らないので困りますな。日本共産党の国会対策委員長たる人が不倫にかまけててたことをバラされたら告訴したり、正月早々「表に出ろ」とわめいたり、日本共産党元議長で社研所長が、党のカネを私邸につぎ込んだり、くだらない本を作って党や党員から搾取を続けていることをご存知ないのでしょう。

そして、そうした連中を守り抜こうとしているのが、目の前にいるたけし先生とは……正月早々、冗談キツイでつねwww