今年をいっせい地方選・参議院選挙の年ととらえ、自民党政治と対決していきますとする、あくびか出る記事。ま、寝正月にはイイかw

自民党の連中は、日本共産党のことなど普通は気にしていない。一部の強い地方議員の基盤は崩そうにも崩せないし、自分の基盤を崩されることもない。公明党と同じ扱いだ。

崩さなければならないのは、民主党、そして自分と同じ選挙区から出る、同じ自民党候補だ選挙の上では共産党との対立なんて、全くしていないというのが自民党の実感なのだwww

せめて自民党に脅威を感じてもらうためには、これまでの党運営を反省し、党の構造改革を行う必要があるが、その気配は全くない。

今年もしんぶん赤旗の独り相撲を見る事になるとは……そろそろ日刊紙30万部割れも近いか……。