松原市議選最終日、たけし先生は森元恒雄タソの件ではしゃいだ後、何者かによってまかれた「共賛民報」なる謀略ビラについて批判されていまつ。

 自民・公明・民主など「オール与党」が行き詰まり、論戦の決着がついて日本共産党に期待が高まると決まって出てくるのが「謀略ビラ」…久しぶりに松原で ばらまかれました。真っ赤な紙に黒字で印刷した「共賛民報」というビラ、わが党の発行する「松原民報」に体裁を似せた題字を付けてあります。例によって連 絡先電話番号はデタラメ、顔を隠し、夜闇にまぎれて配布されました。

 中には「日本沈没、関係ありません!ぜ〜んぶ、与党が悪い!日本共 産党だけが、いつも正しいのです!」と書いてありますから、おそらく与党陣営のどこかがまいたものなのでしょう。しかし、自民党は候補者みんなバラバラの 党ですからねえ…全市的に組織だってこういうものを配布できる勢力といえば数は限られてきます。

顔を隠して、夜闇に紛れて配布されたと知っていると言うことは、目撃者がいたのでしょうか?それとも公明党あたりを陥れるために自分でまかれたのでしょうかw?

それにしても
ぜひその、「共賛民報」なるビラ、見てみたいですねぇ。きっとデタラメがいっぱい書いてあるに違いありません。ぜひともこちらでデタラメぶりを公開して遊んでやりたいものでつ。当blogのように共産党の真実を書かない奴は許しません!

たけし先生、スキャニングして送って下さいよ〜。まさか当blogを参考にして事実を書かれているから見せられないなんてことはないでしょう?