1.高所から足を踏み外すなどして落下すること。

2.落ちぶれること。特に左翼は自分たちが高所に立っていると思っているので、思想を捨てた者を「転落者」などと呼ぶ。

3.宮本たけし前参議院議員が、HPで前議員バッジに触れる時、「嗚呼、この人、ただの人になったの認めたくないんだ」と共産趣味者がいだく感慨をひと言で表す言葉。