弁護士法違反で逮捕された西村議員を、宮本岳志大先生が批判

説明すると長くなるので省略するが、西村議員もたけし大先生も、国家と民族について多少なりとも勉強したことのある人には、こいつら何も知らない程度にしか見られない程度のことを書いていることに気が付いていないことで共通点がある。

でも、まぁそれは許すとしよう。それでも
だが西村さん、その「愛国心」とやらの長広舌はもう結構。あなたが「当たり前の言動 を行っていく」とおっしゃるのならば、「悪いことをしたら素直に謝罪し、責任をとる」この当たり前のことをまず行うべきではないのですか。「恥を知る」… この日本人の良き文化と伝統を理解しないものに「愛国心」を語る資格はありません。

なんて書いているのを見ると、自分の古巣でおこったキンピー問題の存在を知っていながら、解決のための努力もせず、あろうことか「キンピーは俺が潰した」などどウソをつく先生が


「当たり前の言動を行っていく」「悪いことをしたら素直に謝罪し、責任をとる」「恥を知る」「愛国心」なんていうのは、さすがのエンターティナーぶりであります。

ところでいつになったらリンクの仕方覚えてくれるんですか?参照先コピペするの面倒くさいんですけど……メールを出してみようかなぁ、そしたら教えていただきましたっとことでリンクの仕方を覚えた大義名分ができるもんね。

嗚呼、なんと我々は親切なんだろう。たけし先生の大義名分まで考えて書き込んでいるのだから、ひと言くらいほめて欲しいものである(w

明らかな事実誤認は、当blogで指摘したら速攻で直すのにねぇ……。