初の「国民保護」訓練/福井でテロを口実 自衛隊装甲車が出動

福井県美浜原発でテロ事件が発生した想定で訓練が行われた。そこに、

 自宅待機をしているという女性(53)=美浜町=は「今回の訓練の想定では、若い者が漁に出払っているときにおこり、家にいる高齢者、子どもは自宅にと いうのでは本当の訓練に値しないのではないか。自衛隊が避難民を誘導といっても実際は、装甲車でバスを護衛するというもの。本当に私たちの安全を確保して くれるのか疑わしい」と憤慨していました。

????最も男のいない時期を想定するのが変なのか?


 田中氏は、自衛隊が日米同盟の再編で米軍と一体化しつつある問題に言及。「憲法九条を変える、軍隊を海外に出す、そして、福井で訓練をやって臨戦体制の 銃後の社会を地域につくっていく、この三点(の国のねらい)を一体のものとしてつかみ、批判していきたい」と強調しました。

九条、海外派兵は分かる。でも、なんで海外で戦争を想定していて、臨戦体制の銃後の社会を作るとな?臨戦態勢の意味わかってる?