1.革命を仕事としている人。一般にマルクス、レーニンなどが想起されることが多いが、「職業として」と言うなら、チェ・ゲバラを代表格とするのが適切であると思われる。

2.宮本たけしが、自分の職業として規定していること。
ちなみに、彼が革命を起こした実績はない。職業自慢家としての実績なら、まさに革命的な数に達している。