2005年6月2日(木)「しんぶん赤旗」

中学の教科書展示会開始
17日からは全国で

------
 来年四月から四年間、中学校で使われる教科書の展示会が一日始まり、十七日からは全国一斉に行われます。展示会後、八月までには全国五百八十三地区(二市郡)で、どの教科書を使うかを決める採択が、各教育委員会などによって行われます。
------
(コメント)
 さて、東京・大田区では1日から、区内三つの中学校で教科書展示会が始まったそうです(今月末まで)。
 「歴史の事実をゆがめ、改憲を誘導する教科書を子どもたちに手渡していいのでしょうか……危険な教科書を採択させないため、市民の監視と運動をつくっていきましょう」と市民団体の方も訴えておられます。
 「偏向イクナイ!」とゆう検定制度そのものに、疑問を感じちゃったりするわけですけど、それはさておき。中世・近世の記述なんかは「作る会」の日本史教科書のほうが、最新の研究を取り入れて、好感が持てると、知人(共産党支持者)も申しておりました。どんなものか、読んでみたいですね。会場は「教科書展示会 ○○」(○○には自分の都道府県)で検索するとヒットするようです。
 を。この記事がキリ番200番目の投稿でありまつ。