日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2020年07月

本当に潮目が変わっているのか?

明後日に判明する。

池内さおりがこんな映画紹介するなんて

ずっこける。
 

今はない拷問・粛正。でも査問は今もあるよ。

特別月間、目標達成困難



党員拡大では、党創立98周年記念講演が全党に確信を広げ、週を追うごとに入党の働きかけの規模が広がっており、4連休作戦では全国で2322人に働きかけ、208人が入党を申し込みました。記念講演と『入党のよびかけ』カラーパンフは、コロナ禍で広がる国民の変化と響きあい、自ら入党を申し込む人も広がっています。同時に、全党的に党員現勢の前進をかちとり、目標をやりぬくには、さらなる飛躍が必要です。
中略
読者拡大の現状は、全国的増勢をかちとるには、ぎりぎりで前進した6月の月末を超える猛奮闘が絶対不可欠となっています。とりわけ、日刊紙の拡大には特別の努力が求められる現状にあります。「赤旗」の危機を打開しようと、2カ月連続でかちとってきた前進の成果を、ここで失うわけにはいきません。 

高須たんに日本共産党愛知県委員会、心配される

UAゼンセン、政権構想に共産党を除外せよと通達

UAゼンセンは傘下組織に、国民・立憲統合構想について全国組織に基本歓迎との趣旨の通達を出した。
その中で、基本自分たちは労働組合なので政党の動きには口を出さないとは言いつつ国民民主党を支持しているとした上で、政権構想に共産党は入れるなと提起。 
UAゼンセンの言う通りに新党が動くなら、野党共闘は名実ともに崩壊する。 

ダッペの久保田さん、民青の福島県委員長だっぺ



20200522100340bf4
クリックしたら拡大 

今田真人氏のツイッターより



大宰ファン氏より 
不破哲が日本企業の中国進出を応援、産業空洞化を促進、反対者の言論を弾圧、ほとんど中国のスパイ!綱領にまで「小細工」(「日本独占資本の帝国主義的対外進出に反対」という文を綱領から削除)

驚愕です。以下、元赤旗記者・今田真人氏twitterよりhttps://twitter.com/masatoimada2
====================================
赤旗記者時代、産業空洞化の大きな原因が為替問題にあると考えるようになった。外国人労働者は低賃金で人権侵害が横行する日本にあえて働きに来て、賃金を母国の家族に送れば、それが何十倍もの価値の母国貨幣に化ける。これこそが、日本の大企業が、正規労働者をリストラし、大量の外国人労働者を懸命に受け入れようとした原因。

この為替構造の下、社会主義を名乗る中国が2000年代初頭、外国企業の進出を受け入れる政策に大転換。日本の大企業などは中国への進出ラッシュを始めた。日本企業は、中国で生産した生産物を日本に逆輸入すれば、日本国内で中国からの外国人労働者を雇うのと同じ効果がある。

日本大企業の中国への進出と、日本の産業空洞化は、この為替構造の下で裏表の関係。中国の労働者にとっては、日系企業の賃金は自国企業より格段に高い。進出日本企業も「安い労働力」を使って製品をつくり、日本国内への逆輸入で大儲けできる。損をしたのは日本の労働者だけ。

日本の大企業の中国進出が本格化し始めた頃、2004年の日本共産党23回大会が開かれ、綱領が改定された。「日本独占資本の帝国主義的対外進出に反対」という文を綱領から削除し、中国を念頭に、途上国への日本企業の進出を事実上後押しする方針に転換したのである。

忘れられないのは、不破哲三著『北京の五日間』(2002年)だ。「赤旗」連載を本にしたものだが、「中国市場での立ち遅れは、日本でも大問題になりつつある」と、不破氏が中国側に、日本の大企業は中国進出を積極的に推進すべきとの主張を展開。綱領改定の伏線である。
この時期から産業空洞化に反対する共産党系「大衆団体」の担当者に、共産党本部から圧力がかかり始めた。私が書いた日本企業の中国進出やその為替構造を告発する赤旗記事が、掲載後、編集局長を通じ、不破氏から意味不明な非難が来たり、掲載前に問答無用で撤回させられる事件も起きた。

それでも「産業空洞化」を告発する記事を書き続けたのは、大企業の中国進出についていけない下請中小業者の苦しみ、大企業の国内生産拠点の廃止などによる大量の労働者の失業、日本商社の中国への「開発輸入」で苦しむ農家の惨状が横行していたからである。党の変質が耐えられなかった。

悪戦苦闘の末、依願退職をしたのが東北大震災の直後。余震に備えた宿直の連続など、最悪の体調もあったが、それでも余暇を利用して書き上げた『円高と円安の経済学』の原稿を世に出したいという思いが勝った。退職1年後、出版にこぎつけた。

諸悪の根源であった、中国を「社会主義をめざす国」とする綱領の規定が、今年1月の党大会で削除された。しかし、この規定によってゆがめられたのは、中国に対するリアルな見方だけではない。日本共産党の「国民が主人公」という立党の精神すらゆがめられた。いまからでもいい、真剣な総括が必要だ。

産業空洞化問題を批判することは当時の綱領で「社会主義をめざす国」と位置付けていた中国の外資導入政策を批判することになり、綱領路線から逸脱する、との「批判」を受けた。「日本改革を永遠のかなたに棚上げするもの」という文句が、私の著私の著書の原稿に投げつけられた党の「検閲官」の言葉である。
===========================

今田氏のtwitterは、衝撃だった。

ここまでだったとは。どうりで、共産党は、円高是正や国内産業振興のリフレ策、反緊縮策に冷たいはずや。日本企業の海外(中国)進出、空洞化は歴史の必然、我慢しろ、資本主義が悪いんや、社会主義中国の経済発展を応援してろ、って感じだな。もう、ほとんど役立たずの亡国政党ではないか。

今田氏の本は「かもがわ出版」だが、ここは、同社の松竹氏に「不破哲の誤りを総括する本」の編集を期待したいな。

松竹氏自身、著書やブログで明かされたように、不破哲の、?中国・北朝鮮をめぐる暴走、?安保・自衛隊政策の迷走の被害者だったし、先般は、?不破哲の「エンゲルス批判」から「新資本論編集」にいたるボケ老人の暴挙へも批判的なことを書かれたいたぞ。?経済政策をめぐる今田氏の批判も、?〜?同様に重大な問題だな。ネタがありすぎるぞ!


 

テレビ朝日労組が民放労連を脱退


民放労連などによると、テレ朝労組は脱退理由として、運動方針に対する考え方の違いのほか、テレビ広告費の低迷や新型コロナウイルスの影響で業績が厳しくなる中、組合費の負担が重くなったことを挙げているという

民放労連は、全労連にオブザーバー参加している。

志位委員長、JCPサポーターをねぎらう


emil氏とは共産党の動画を編集していた人のようだが、ブロックを多用していたためか、多くの敵を作ってしまった様子がついているレスからうかがえる。

共産党元国会議員候補の医師、もやいで活躍


ついで、「もやい」にアドバイスを提供している専門家の1人である谷川智行医師に、具体的にどのようなアドバイスを行っているのかを聞いた。

谷川さんといえば、過去に何度か国会議員候補になっている医師の方ですね。 

KM生たんの、おすすめ本



1)著者は元全国紙記者で京都に在勤経験があり、当時の取材を元に描いたいわゆる「黒幕シリーズ」である。 
2)興味深いのは、わざわざ1章を「釜座幕府=日共京都府委員会」にさいている点である(京都府庁は釜座=かまんざ=通にあり、この正面にこれを監視するかのように日共京都府委員会ビルがあることからこの名が付いた(^^)。 
3)即ち7期28年続いた蜷川府政下で築かれた日共京都府委員会の情報網は、(革新府政落城40年以上を経た今日尚)脈々と受継がれている。役所・金融機関・商工団体等府民生活各分野に深く食込んで、卓抜した情報収集力は健在である。その実力は他野党を寄付けず、「京都で自民に対抗できるのは共産しかない」と、いまだ言はしめる。 
4)そしてこうした日共の収集した闇情報を流すのが、京都市職労発行の月刊「ネットワーク京都」であり、労組発行の一般向け月刊誌としては異例の30年以上の歴史を誇る(つまりそれだけ購読府民が大勢いると言ふこと)。

共産党除籍になった結城亮府中市議、参政党へ

知事選で宇都宮ではなく山本太郎を応援したとして離党(党は除籍にした)結城りょう府中市議が参政党に入党した模様。たまたま拉致被害者の署名に来ていたところを篠原氏に捕まって出演したようだ。


 

山下よしき、料理動画が文春でネタにされる。

佐賀市共産党、観光支援策で申し入れ

さがのひと氏のコメント
gotoキャンペーンへの対応とは別に、佐賀市の共産党は市独自の宿泊支援事業について、先着順ではなく手を挙げた宿泊施設をすべて対象事業所にすべきだ、と申し入れたそうです。 

たぶん観光関連産業の声を聞けば、gotoはダメダメばかり言ってられないはずで、地方議員は複雑な気持ちの人も少なくないのかも知れません。 

参考


これは県がやってることだが、他にも各地方自治体が多くの手を打っている。 ステイホームとか言ってられない危機感が九州にはあるのだろう。

1年以上前の話題に原田あきらが突っ込んで炎上状態に



上記ツイートをクリックすると反論どっさり。

昨日までの党勢拡大到達




7月の党勢拡大の到達は昨日までに、党員拡大では、45都道府県356人、「しんぶん赤旗」読者の拡大は、日刊紙785人、日曜版5196人となっています。 

共産党、党大会から5ヶ月で党員数約3000人減

今年1月の党大会から6月の都道府県委員長会議までに党員数は約3000人減少した。
都道府県委員長会議で各委員長に提示された模様。

5ヶ月で3000人だから月500人程度減少している計算で、現状の月500人以下の入党数では到底足らず、月1000人が現状維持の最低ラインとなる。そして最低ラインは年々上がっていくため、現状維持はきわめて難しいことになるだろう。
 

船橋二和病院、ストライキ決行



石田誠司改め反共・反米支露・反晋三氏の解説
既にご存知の方も多いとは思いますが、千葉県の民医連の基幹病院のスタッフがストライキを敢行しました。

彼らは4年前に、既存の千葉県勤労者医療協会労働組合(医労連・全労連所属)の方針に反発して新たに船橋二和病院労働組合として結成したそうです。

バックや支援者には日本共産党と“犬猿の仲”である動労千葉系(中核派)が居るようですが。

千葉県と言えば、かつてこの病院の経営母体の幹部だった方が知事選で惨敗したり、国鉄分割の際に解雇された国労・全動労・動労千葉の闘争で、全動労と動労千葉との共闘に猛烈に反対して手を引いたのは全労連系の千葉労連と言われているなど、現・鈴木栄二(本名)知事同様、話題に事欠きませんが。

ともあれ、こちらの組合の医師・看護師の今回のストライキはニュースなどでもかなり取り上げられていましたので、民医連や既存の千葉県勤労者医療協会労働組合二和分会の幹部の心中は穏やかでは無いかも知れませんね。
 
一方で、政治的理由よりも安くない組合費負担が原因で労組加入を嫌がるスタッフも少なく無いと聞いていますので、どちらの組合も加入者増にはならないのではないでしょうか?
 

オフ会報告

2年ぶりの関西オフですが、集まりにくい金曜開催にも関わらず、過去最高の参加人数がありました。

1.コロナ真っ盛りという状況下、飲食を伴うこと(企画時には収まってると思ってたんですけどね orz)。
2.濃厚接触を防ぐにはどうすればいいのかということで、フェイスシールドを用意する。
3.とりあえず、コロナに罹患したら言ってね♥️・・・誰が感染したのかは言わないから。あるいは厚生労働省のコロナ接触確認アプリをスマホに入れてくださいな♥️

ということで始めました。

ここの皆さまがどういう話をされていたのか?全てはわかりませんけど、おおむね
共産党のあれがね〜 
しばき隊、在特会関連がね〜

の二つの話題があったようです。たとえば
1.昔はよい地方議員がいたのに今は党規約もろくに守らない連中がいて、せっかく入党しようとしているのに断られた!
2.なぜ日本共産党は中国共産党に見捨てられたか?
3.在特会にはよい在特会と悪い在特会がいる!
4.しばき隊首領の住所を大島テルで検索すると・・・

なんて話題が出ていたような気がする(酔っぱらっているので間違っている可能性ありw)

そんなこんなで、あっという間の3時間でした。
二次会は、コロナが流行している時節柄、今回は中止しようと申し合わせて散会となりました。
おわり。 

オフ会実況

ということで、大阪某所のオフ会中継エントリ
参加者の書き込みが適宜あると思います。 

情報提供・雑談用エントリ2020年7月分

情報提供・雑談用エントリ2020年7月分

15周年・新方針

当blogは本日開始から15年を迎えました。
一年前から予告していた通り、方針を変更いたします。

1.本当なら15年を機に更新を停止するつもりでおりましたが、むしろこれからこそ共産党は観察対象として興味深い動きをしてくれるでしょう。すでに党員平均年齢は70才を超えているとみられ、党員数は減少の一途をたどっています。億単位の赤字を出している日刊紙の休刊も時間の問題でしょう。
この数年で、党勢が音をたてて崩れていき、国会では社民党なみの存在感しか示せない政党になると思われます。前回の党大会で田村智子と倉林明子の抜擢は、党も女性シフトで生き残りを図ろうとしていることを示唆しているのではないでしょうか。
その意味で、とにかく継続はしようと考え直しました。

2.情報提供・雑談用エントリを月初めに立てます。毎日更新は行いません。情報提供などはこちらに書き込んでいただき、適宜別にエントリを立てます。
私が自分から時間をかけて情報を探しに行くことは原則行いません。大きなニュースは探さなくても入ってくることもあるので、独自に立てることはあり得ます。
この、自分から情報を探す作業が実は一番時間と手間をとっていて、たとえば13時から30分探したつもりなのに14時にネタが出てきて、「こんなん出てましたよ」と常連さんから教えてもらうような間抜けなこともよくあるという・・・なので情報収集は常連さんの通報に頼るw

3. 1に書いた通り、寄せられた中で重要ニュースなどもエントリを立てますが、これまでのようにコメントをつけて記事にすることは、重要な場合を除きやりません。そのため、原則毎日記事を上げていましたが、今後は激減いたします。さすがに15年もやってると負担が大きく、若い時は体力でごまかしましたがそれも難しくなってきたためです。

4. 近いうちにタイトルから、キンピー問題を外します。キンピー問題サイトに使っているアドビのFLASHが間もなく更新停止となるためです。(当blog内のコンテンツは残ります)
これに伴い、当blogの愛称はキンピーサイトからbusayoサイトに変わるかも知れませんw

5.今も一部の方から寄付をいただいていますが、現在使用している「ちょこむ」経由の寄付は使われる方が少ないので近いうちに停止します。どうもクレジットカードによって、使える、使えないのトラブルがあるようで、使いづらいのと、寄付者の名前(それもカタカナのみ)以外に情報がとれないのでお礼のメールひとつ差し上げられないためです。
現在当方の銀行口座などに寄付いただいている方はそのままでOKです。
その他の方で寄付したいと思っていただける方は、アマゾンや楽天のギフト券の番号を書いて当方のメールアドレスに送ってください。寄付は資料購入代や、経済的困窮者のオフ会参加希望者の旅費交通費などに使われます。
金勘定が大嫌いなので、寄付金の使途について会計公開はいたしません。それでもよければ、ご寄付下さい。

 

業務連絡・オフ会参加者各位

13日に会場案内のメールを送りました。
未着の方は、お知らせください! 

党員の方に聞きたい。ホントにこんな感じなんですか?



日本共産党が7月に連続して開いた三つの会議でも、あらゆる分野、全国各地で、「こんな社会でいいのか」といった、国民の中に広がる意識の深いうねりのような前向きな大きな変化が、各地からリアルに報告されました。

いつもの赤旗の、国民の変化で自分たちが支持されつつあるというニュースなのだけど、ホントにこんな感じなんですか?

もしそうなら、特別月間なんか楽々クリアw 

直木賞・馳星周氏の本名はレーニン由来





直木賞が発表になりました。
本名は坂東齢人。両親が共産党なため、名前の由来はウラジミール・レーニンなのだとか。そして、ペンネームの馳星周は自身がファンである香港の映画俳優・周星馳の名前を逆にしたものなのだそうです

馳星周氏は別に本名を隠しているなんてことはなくて、以前から本名は存じ上げていたが気がつきませんでしたw

池川友一共産党都議、ツーブロック質問で大評判


この動画は出た当初から大きな話題になっているのは知ってたが、は?と思って無視していたのだが、なんとこれは共産党都議(町田市)の質問だったのですね。

それにしても動画の作り方がうまいわ。趣味で映画でも撮っていたのだろうか?
あ、ツーブロックというのは髪形のことです。 ちょっと大きな刈り上げをして髪が2段になるのでツーブロックというらしい。

山下芳生、実は隠れ人気ユーチューバ−


おそらくは議員宿舎内で自炊している時の姿を撮っているんだと思うが、山下よしきの動画は意外と人気がある。同じ動画をYoutubeにも出していて、Youtubeの再生数はたいしたことないが、twitterに直接貼り付けている方の動画は普通に10万回以上再生されている(5万再生もあったけど)

YouTubeにアッブしてリンクを貼れば、普通に人気ユーチューバーとしてそれなりの報酬が取れると思う。 
ユーチューバー小池晃よりも、ずっと人気があるのに目立たない、よしきたんでしたw

と、いいネタみつけたと思ってたら、毎日新聞が数時間先行してました。残念w


党創立98周年直前、共産党の田村推し

本日は党創立98周年の日で、志位たんの講演会がメインになると思うのでとりあえず横に置いておいて、昨日田村智子政策委員長がこんな会見をしていた。


日本共産党の田村智子政策委員長は14日、東京都内で、日本記者クラブの企画「次の10年 若手政治家に問う」に招かれ、講演しました。同企画は年初から始まり、これまで自民党議員3人が登壇。野党議員としては田村氏が初めてです。
 

冒頭「若手政治家」ということで招かれたことに戸惑っていたが、まあまあそつなくやっていた。それはいいのだが、こういう催しは、たいてい記者クラブから各政党に「若手議員を出してください」と言われて各政党が人選するはず。

これまで呼ばれているのは薗浦健太郎(48) 鈴木隼人(42)鈴木 貴子(34)なので50代は異色だが、本当ならここで吉良よし子や宮本徹あたりを持ってくるのが党としては自然だろう。そこに田村智子を持ってきたのはなぜなのか?

想像でしかないのだけど、書記局長が軽いので、党勢絶賛減退中になるであろう次の党大会では逆転狙いで驚きの女性委員長誕生を画策しているかも知れない。 

愛知県委員会は、今も昭和の時代にいるw



高須は高須クリニックの、河村は名古屋市長のことだと思うが「策動」「ネオナチ集団」とか、いったいいつごろ使っていた言葉だよと笑ってしまった。ぶっちゃけ昭和の赤旗かよ?

愛知県委員会がこの状態だと、コペンの西山あさみ元名古屋市議とか苦労してただろうなぁ・・・絶対理解しあえないほどの距離があると思う。


 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ