日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2020年03月

長野県佐久穂町副議長、共産党から除籍



この方、高見沢研二さんとおっしゃるそうで、これはこれで筋が通っている。しかし除籍理由が野党共闘に疑問を持ったことで「党の公約を実現する責任を放棄した」っておかしな理由だね。

佐久地区委員会も、それは自覚していたのだろう。「これからもお互い協力でできるところがあれば協力していく」と比較的友好的に別れたようだが、それならそもそも離党を受理するだけで済む。
なのに除籍までもっていくということは県委員会なり中央委員会の意向が働いているのだろうと思われる。このとってつけた理由はもむなんとなく長野県委員会っぽいけども。

だって長野県の共産党議員の不祥事は、とってつけたようなのが多いもんね。あえて蒸し返さないけどもw



多少は進歩したが、まだ言ってる消費税w


日本共産党の小池晃書記局長は30日、国会内で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大に対する経済政策で、政府・与党内で「お肉券」「お魚券」などが検討されていることについて問われ、「暮らしがギリギリなときに何を考えているのか。畜産業なども打撃を受けていると思うが、その打撃に対する補償をするのが筋だ」と批判しました。

 小池氏は「今やるべきは、自粛・中止と、それによって生じる損失の補償をセットにすることだ。それを大原則として、さまざまな事業者、労働者、フリーランスなどに対する補償を全面的にやっていくことが必要だ」と強調。 

ええ、その通りだと思います。で

同時に、「景気対策としては消費税の減税という措置が一番効果的なのではないか。緊急対策と、その先も見据えた対策が必要だ」と語りました。


まだ消費税って言ってるw
とはいえ、「その先を見据えた対策」として言っているわけだから、多少は進歩しましたw
これでこそ、ぼくちんも指導のしがいがあると言うものですw 

やっと消費税言わなくなった共産党



ようやく共産党にもコロナに対して本気になってきたようだ。

こうしたもと日本共産党の志位和夫委員長は26日の記者会見で「自粛要請で苦境に陥っている事業者・個人への直接支援」を求める緊急提案を発表しました。

 志位氏は提案について「政府の要請にともなって仕事や収入を奪われた人や事業者には国の責任で補償することを大原則とすべき」とし、「政府・自治体のさまざまな自粛要請を実効あるものとし、感染拡大を防止するうえでも極めて重要になっている」と強調しました。

実施するのに時間がかかりすぎる消費税ガーなんて悠長なことを言わなくなって、目先の苦境をなんとか乗り越える施策に関心が移っている。

逆に言えば、これまで本気じゃなかったと言うことだが、やっぱアレですかね?東京で感染者が増えたからですかね? 

コロナ対策で、電話で党勢拡大しよう!


大幅減が予想される3月末
読者拡大では、増勢まであと一歩だった4年前の3月同時期の到達とほぼ同水準となっています。今日から始まる土日を含めた申請日までの4日半、日刊紙・日曜版ともに増勢を勝ちとれるかどうかは、全都道府県、全地区、すべての支部・グループ、すべての地方議員が最後の最後まで奮闘しきれるかどうかにかかっています。

いま重視すべきことは、「赤旗」が日刊紙と日曜版に「コロナ問題Q&A」を掲載するなど、国民の不安や願いに応える適切な情報を提供している新聞であることを、単刀直入に相手に伝え、購読・継続を広げることです。コロナ対策で外出の自粛が呼びかけられている地域では、電話を使って訴えましょう。

 党員拡大では、最後まで「現勢での前進」をはかるための手だて、とくに、綱領パンフと「入党のよびかけ」リーフを届けつつ、支部と地方議員が一緒になって実際に入党をすすめるとりくみを抜本的に強化することです。電話で入党の働きかけの約束をとることも重視しましょう。 

ということで、現在の到達は日刊紙マイナス200、日曜版5000、党員300入党決意と言ったところか。
さて、増紙するか?請うご期待!
 

30年後、50年後を考えられる人は、もはや日本共産党に存在しない



 
昔話を今語る氏のコメント
いつの時代も青年の政治参加のカギを握るのは、学習である。いわゆるマルクス主義の古典である必要はない。世の中の出来事を真剣に考えている社会科学者や自然科学者の書物を読み、それを正確に理解しながら(肯定的理解)、その書物の中に、それを乗り越える契機を見出す(否定的理解)。そのような学習をすることである。マルクスもそのような学習を積み重ねたにちがいない。全国的規模の会議を呼びかけた方々も、そこに集まった方々も、新鮮な発想に基づき、柔軟な対応と指導に努めていただきたい。それは、30年余り前に上田耕一郎が呼びかけた方針でもある。その方針こそ、閉塞状況を打破して活路を見出すための、今なお有効な唯一の方途である。会議に参加された方々には、30年先、50年先を見据えた実践してほしい。 

この意見は、青年のための助言として非のうちどころのない意見だと思う。しかし、同氏の願望は、残念ながら願望で終わるだろう。だって今の価値観の変化を日本共産党は全く知らないから。

ここに挙げた2冊に書いてあることは、昭和に支配的で平成に揺らいだ価値観の否定である。たとえば昭和の価値観を「問題解決」と規定すれば、これらの本に書いてあることは「問題をみつける」ことだとする。要するにこれまでとは全く違う視座で世の中を見ないと我々は流行遅れになると言われているわけですね。

これら2冊の本の著者である山口氏の主張を肯定しても否定してもかまわないが、旧来の価値観のままでいてはいけないという主張はその通りだと思う。実際、今イケているといわれる経営者で、この方の本に注目している人は少なからずいる。元ZOZOの前澤さんなんかも無意識にこのへんを意識していたからこそアートを集め出したと思う。

で、問題は、多くの日本共産党員が、この手の本を読んだりしないこと。 くり返すが、これらの本の内容を否定してもいい。いいんだけど、これに代わる価値観を主張するなら、少なくともこれくらいは読んでおかないと敵の能力が見えない。敵の実像を見なくても勝てるのは圧倒的に優位な立場にいるものだけだ。共産党にそんな人はいない。

そんなわけで、昔話を今語る氏の願望は実現望み薄のように思える。



 

公明党議員、共産党議員にヤジ飛ばして謝罪


24日の東京都議会予算特別委員会の冒頭で本橋弘隆委員長(都民ファーストの会)は、公明党都議が同委員会で行ったやじについて「公明党から理事会で、都営住宅行政について『誤解を招きかねないもので、審議に影響を与えたことについて申し訳ない』と表明があった」と明らかにしました。

やじは、13日の同委員会で日本共産党の星見てい子都議が都営住宅の高過ぎる応募倍率について質問している最中に、公明党の谷村孝彦都議が「共産党に相談するから(都営住宅に)入れないんだよ」と発言したもの。 

東京都はかつて公明党と共産党が支持者獲得にしのぎを削っていた経緯もあるので、まだこういうことを言う人が残っているんだね。もはや絶滅危惧種だと思うけど。





 

もう民青の寿命は尽きているのかも知れないね。



日本共産党の吉良よし子青年・学生委員会責任者、山下芳生副委員長・党建設委員会責任者、若林義春党建設委員会責任者代理らは25日、東京都内にある日本民主青年同盟(民青)中央委員会を訪れ、力をあわせて青年のなかに強く大きな民青をつくっていくことなどについて懇談しました。

吉良氏は、全国都道府県青年・学生部長会議を3月に開き、いまの学生の政治的な特徴を明らかにしながら、政治を変えられるという希望を青年に訴え、大学ごとに民青をつくっていこうと意思統一したことを報告。


もうほとんどの大学に民青がないのですね。あれば増やすと言うはずですから。

民青からは、小山農(みのる)委員長をはじめ役員が応対しました。
小山氏は、この間かつてない拡大の到達を築いている、新入生歓迎運動での経験を紹介しました

民青が20万人と言われていた頃は、一学年2万人くらいは入っていたんですよ。 ということは、かつてない到達だと言うと4万人ほど入ったんですかね?
民青の委員長が民青の歴史を知らないって笑えますね。

民意も、もう余命宣告してもいい頃じゃないですかね?
 

原田あきら、平常運転w



久しぶりにネタにする東のミニ宮本たけし、原田あきら小先生。相変わらずの正常運転です。
医療崩壊を起こさず踏ん張る医療戦略も、なぜPCR検査を絞っていることで70%の的中率しかない検査の精度を上げることができるのかなど、全く眼中にありませんw

ま、本当にそう思っているなら民医連の系列医療機関でそうしろと言って「民医連なら検査してくれます」とやればいい・・・そしたら民医連が怒って、あきにら小先生から「小」が取れるようになるかも知れません。

 

ちょっと、わかに信じられない話。

ハスカッブたんのコメント
昨年の帯広市議選に出馬して落選し、その後自らのお風呂姿を公開した女性が、日本共産党にケンカを売ってます。 帯労連の時と同じで、自分の支持以外で立候補したから反感を買ったのかな?
敵認定されたら集会に呼ばれなくなったと言うのはさもありなんだけど、「共産党に尽くしたら「議員にしてやる」というのは、あまりに常識外れなので本当かどうか疑ってしまう。
しかし1人そういうことを言ってる人がいると言うのではなく、複数のようだ・・・ううむ 

誰かクルマ要りませんか?



某常連さんが買い手を探しています。
1997年からのワンオーナー。ホワイトパールマイカ 保管:屋根付き車庫
距離:約134000キロ 不具合:バンパー傷多数。エアコンのクーラー要点検 車検:3月末
カーナビはついてません。

希望価格10万円ですが、価格応談。興味がある方は今日中にご連絡下さい。
 

田村智子、綱領改定に参加していなかったことを示唆



いやぁ、驚きました!田村智子といえば、日本共産党の副委員長にして政策委員長です。なのに、こんなことをおっしゃっています!まるでこの時初めて改訂綱領の内容を知ったかのようです・・・というか知ったのでしょうw

言い換えれば、改訂綱領を作る時に日本共産党の副委員長にして政策委員長は参加していなかったと言うことですね。 でなきゃこんなことは言えません・・・てか正直者だね智子たんw

にしても日本共産党の綱領を改訂する作業が、副委員長にして政策委員長のあずかり知らぬところで行われた・・・そんなことってあり得るんでしょうかw?いや、あったからこう言ってるんでしょうけどw

医療崩壊を待ち望んでいるのか?赤旗のコロナQ&A



こういう記事はいいんですけどね。
検査体制は大丈夫?
 Q どうしてなかなか検査してもらえないの?

 A 要因のひとつとして、日本の感染症対策の体制が年々弱体化していることが指摘されています。

 日本医師会の調べでは、医師がPCR検査を必要と判断したにもかかわらず、検査依頼を受けた保健所が拒否した事例が、2月26日から3月16日正午までに26都道府県で290件ありました。日医が記者会見で「それぞれの地域で余力がなかったのが一番の背景ではないか」と指摘したように、全国に472ある保健所は1995年当時と比べ、ほぼ半減しており、職員数も激減しています

いわゆるパンデミックが進行すると、医療崩壊が起きるのですね。社会がパニックになって医療機関にどっと人が押し寄せてくると、 大多数の寝てれば治る軽症者の対処にマンパワーが取られて重症者の対処に手が回らなくなるわけです。
実際、今のイタリアやスペインなどがそんな感じになりつつある(もうなってるかもしれない)。トリアージによって助かる見込みの少ない重症者は見捨てられる・・・そんな医療環境にしたくないから検査自体を減らしておるわけです。

そうした医療戦略を説明もせず、共産党は「感染症対策の体制ガー」とさけんで票をとろうと思うのって、とってもさもしい。さらにいえば、日本でさらに感染拡大が進むのを期待しているのかと思ってしまう。だって医師の小池からしてこれですぜ?


 




本当に国民のための政党になってくださいよ。

追記
ちなみに同じWGOの言うことを別の医師はこう解釈する

 

共産党界隈で「晋コロナ」が流行っているらしい。


「晋コロナ」でツイッター検索すると、共産党の台東区議会議員鈴木のぼる以外にも出るわ出るわw

これでは党勢拡大なんか夢また夢w 

共産党はフリージャーナリストにやさしくないw



だってフリーの質問に耐えられるほど政策練ってないもん。
コロナだってそう。いまだに「思い切った検査体制の充実を」 なんて言ってるんだよ。それも医者である小池の名前でw
プロの医療ジャーナリストが質問したらボロボロにされちゃうよんw 

京都笠置町長選、共産党が応援する候補が当選



任期満了に伴う京都府笠置町長選が15日、投開票され、無所属新人で写真家の中淳志氏(61)が、無所属新人で前町議会副議長の坂本英人氏(39)=自民党、立憲民主党、国民民主党推薦=を僅差で破り、初当選を果たした。

共産党が自主的に応援している、公認ではないことから、おそらく党員ではないのだろうけども、与党の批判票を集めたと言ったところか。

どんよりとした雰囲気が伝わる都道府県学習・教育部長会議



都道府県学習・教育部長会議 志位和夫委員長の発言
党がここまで追いつめられているのがひしひしと伝わる。気になるところをいくつか。

わが党の党勢は、1980年ごろをピークにして、40年来の後退が続いてきました。
21世紀にはなくなると思ってましたのに、よくもちました。

やはり後退が続いてきたことからくる、いろいろな惰性が、われわれの活動のなかにある。はっきりいいますと、いろいろな点で“後退慣れ”してしまっているという問題点がある。 
いくら後退しても同じことばかりしか言わないんだから、慣れないと気が狂いますよ。慣れない人は党から出て行くしかない。

そのなかで中央にあった姿勢として、いろいろな条件が難しいときは、後退しても仕方がない――この「仕方がない」論がかなりあったということを自己分析しました。
それはないでしょう。悪い時期は毎日点検報告させてたのは仕方がないからしてたんですか?

党員拡大のとりくみで、党員を増やしても、亡くなる方がどうしてもおられる。できるだけ少なくしたいですが離党する方もいます。そういうことで一定増えても、現勢ではどんどん後退する。数えてみたら、現勢では1年4カ月も連続して後退してきた。
当blogが蟹工船ブームの頃からこうなると言ってましたけど、うぜぇ輩の言うことだと真剣に考えてなかったんですかね?

学生党組織の今の実態を、全国的にこうなっていると、支部をもっているところがここまでで、支部全体がなくなっているところがこれだけあるというようなリアルな実態をお伝えして、支部を一つ一つ大学のなかにつくっていく、民青の班を一つ一つ大学のなかにつくっていく。それをやってこそ、倍加ができるわけですが、そういう提起をやってきたかと言うと、やっていない。
支部を作るには民青が必要ですが、高校から送り込めるほど高校生もいないわけで、やろうとしても取っ掛かりがありませんよね。


現在、改定綱領の読了党員が24・9%、8中総の綱領問題の報告・結語の読了が35・6%、党大会での綱領問題の報告・結語の読了が22・3%、党大会の第一決議が23・0%、第二決議が22・6%、こういう状況です。

 党大会決定の徹底という点で、1970年の第11回党大会では8割近くの党員が読みました。とにかく一刻を争って読んだ。今度の党大会決定は長いといいます。たしかに最近では長い。綱領一部改定の関連文献が入っていますから。しかし、かつての11回大会とか12回大会とかを見てください。比較にならないほど長いですよ。それをみんな読んだわけですね。 

 1970年から党の言う通りやった結果が、このザマですから読む気にならんのでしょう。
国民に綱領を読ませて従わせようとするのではなく、進んで読みたがる内容にしようとする“革命的変身”をしないと、このままズルズル行くしかないでしょう。 

不破哲三引退を阻害したのは古参党員?



赤旗に稲垣たんが出たと言う、ぼくちん的には全く興味のない記事なのだが、気になる記述がある。
共産党は1月に開催した党大会で、今なお最高権力者である不破哲三・前議長の引退表明も視野に入れていた。ところが、野党共闘に反対する古参の党員たちを宥められるのは不破さんしかおらず、先延ばしになったといわれています」 

野党共闘に反対する党員は多少なりともいるのかも知れないが 、不破哲三でないと抑えられないと言うのは、それなりの高級幹部なのだろう。

とはいえ、表立って野党共闘に反対している古参党員と言われてもピンと来ない。そんな人たちが本当にいるのだろうか? 

民青壊滅目前!全国都道府県青年・学生部長会議の発表



民青の弱体化は、これまでも散々言ってきたが、とうとうここまで来てしまいました。

まず吉良発言
吉良氏は、学生分野での党組織が、危機的状況にあることを、現勢調査にもとづき率直に数字も示して指摘するとともに、一大決意をして、必要なとりくみをすれば、全国的な経験からも短期間で現状を打開する道が開けると述べ、「なんとしても大きな前進をつくりましょう」と呼びかけました。

 その点で、党大会第二決議が示した青年・学生の党勢倍加に向けて今年の目標をどうするか、2点を問題提起しました。

 まず、大学ごとの党支部を倍加し、民青同盟班を倍加するということです。そのために、いまある支部をさらに強く発展させる、準備支部は単独支部に、集合支部はその機能を保持しながら単独支部をつくっていく努力を強める、大学に支部と民青班をもたない県は、一つ以上の大学に支部・民青班をつくる―という具体的提起をおこない、「頑張れば実現可能な目標です。中央としても必要な支援を行いたい」と述べました。

 そのうえで、党支部と民青班づくりをすえつつ、学生党員と民青同盟員の倍加をめざし、今年は党員と民青同盟員の拡大で昨年の2倍以上をめざす目標を提起しました。

 学生支部と民青同盟班の現状と打開の目標について、党中央にも、学生党組織の危機的現状をリアルに率直に伝え、目標を提起する点で弱点があったと率直に自己検討、「今回の目標の提起は、こうした反省をふまえたもので、目標をやりきることで全国が団結し、今年こそ学生分野で後退から前進に転じる年にしましょう」と呼びかけました

昨年前進していたと言うのはウソか、それともたくさん民青入れたけどみんなやめちゃったのか、どちらでしょう? 

 続きを読む

立花隆「日本共産党の研究」取材班に、党スパイが潜入していた!





だいぶ昔の記事だが、いやはや驚いた。
花田氏は、Aさんという「日本共産党の研究」取材班のメンバーは同書完成後4年ほど一緒に仕事をしていそうだが、突如姿をくらまして二年ほどしてから手紙が来たと言う。

〈実は、お手紙差し上げたのは、花田さんにだけは、ひと言、お詫びが言いたかった。事実を事実として知っておいていただきたかったからなのです――〉

 その後が驚くべきFさんの告白だった。

〈実はわたしは日本共産党のスパイとして立花さんの取材班に送り込まれた人間だったのです。

 立花さんをはじめ、皆さん、いい方ばかりで、一緒に仕事をするにつれ、心苦しい気持ちが募るばかりでした。悩みもしました。辛い、悲しい日々でした――〉

 辛さの余り、酒に溺れた日々のこと、荒んだ生活、それらがまるでFさんの取材原稿のようにきちんと書かれていた。

〈お世話になった花田さんにだけは、このことを知っておいていただきたかった。書き終わった今、何年ぶりかで、ほんとうに安らかな気持ちでおります〉

Aさんという方、おそらく離党したのだと思うが、スバイにはなり切れないタイプの方だったんでしょうねぇ。それにしても、当時の日本共産党の力を思い知るエピソードである。


3月以降の党拡大、 綱領バンフ配って前進だ!



3月2日の全国組織部長会議をふまえ、大奮闘が始まった「しんぶん赤旗」読者拡大のとりくみを加速させつつ、根幹である党員拡大で長期の連続後退に歯止めをかけ、前進に転じるために、14日の志位和夫委員長の「綱領講座」をみんなで学び、15日の日曜日には、党員拡大の実践にふみだし、それを契機に大きな波をつくりだすことをよびかけます。そのための具体的手だてをただちにとりましょう。
中略
すべての支部が大会決定を討議し、「政策と計画」の具体化をすすめながら、党員拡大の目標を決めましょう。今月から新しい党員を迎えるために、党大会第二決議の党員拡大の方針にもとづき、「入党の働きかけに失敗はない」という立場で、入党を働きかけたい人、党に迎えたい人を思い切って広い視野でだしあいましょう。

 すべての支部が、この人たちに、きれいで読みやすいと好評の『綱領パンフ』を、入党をよびかける訴えといっしょに届け、「新しい綱領です。ぜひお読みいただき、入党について考えてほしい」と声をかけることが急がれます。

 対象とする方が、新型コロナウイルス感染への不安で訪問できない場合でも、心のこもった地区、支部の手紙をつくり、手紙と『綱領パンフ』をポストインし、その後、電話で支部の思いを伝え、入党について話し合う場を相談しましょう。

 こうして、すべての支部が目標の10倍以上の人たちに気軽に『綱領パンフ』を届けましょう。多くの方々に届けることは、3月の党員拡大と読者拡大はもちろん、100周年をめざす党づくりの出発点になります

いやはや・・・綱領パンフを届けて「ぜひお読みいただき、入党について考えてほしい」と言えば前進するそうです。しかも支部が主役の党活動なのに、支部が作った目標の10倍綱領パンフを届けろとは、ホント支部のことをよくお考えになっています。

 

日本共産党は政争目的でクラウドファンディングを利用する


田村氏は、ウズハウスに淡路氏が資金提供していたと強調。安倍首相と淡路氏が隣り合った写真を示し、資金提供者が招待されたウズハウスでの昭恵氏と花火を見る会での写真だと指摘し、「資金提供者として招待されなければ撮影できないものだ」とただしました。

 安倍首相はウズハウスで花火を見たことを渋々認めましたが、「大勢でそちらに行った」「知り合いではない」とごまかしに終始しました。

 田村氏は、昭恵氏の個人的事業への資金提供の見返りに花火を見る会や「桜を見る会」に招待し、首相との写真が被害を広げたと批判。昭恵氏の個人事業への功績と「桜を見る会」への招待がつながっていた疑惑だとして、「どうしてこういう事態が起きたのか昭恵氏に聞いて答えるべきだ」と重ねて強く迫りました。 

これなぁ・・・クラウドファンディングなんだよね。


クラウドファンディングは、不特定多数から出資を募るネット上の資金調達法で、どこの誰が資金を出したのか、クラウドファンディング会社が管理する。で、成立したら出資金額に応じて特典がつく。その特典も、儲け度外視の社会的に評価されるようなものならお礼メールだけとかもある。

そんなシステムで行われている事業、それも昭恵タンはただのプロジェクトメンバー(つか、客寄せパンダだね)になっているだけ。それをさも昭恵たんの個人的事業だと断じるのも乱暴なら、誰が出資して来るのかわからないクラウドファンディングなのに、さも悪意があったかのような書き方をするのはいかがなものか?

てか、これを悪いと言うなら、当然クラウドファンディングの是非を問わねばならないが、そーいうことは一切言わない。ようは政争の具に利用しているだけと言う。

たとえばですよ、共産党員や近しい人がクラウドファンディングで資金集めて、その中に自民党関係者がいたりしたら共産党は糾弾しますかね?しないでしょ?

そういう二枚舌やるから信用されんのです。

刻一刻と状況が変わることがわからない穀田恵二



6日、外務委員会で「新型コロナ感染症拡大と外務省の初動対応」について質問。茂木敏充外務大臣をただしました。
中略
続いて、中国の「感染症危険情報」のレベル引き上げに関する外務省作成の同じ題名の記述内容が異なる2つの文書を示し(写真下)、「国民の命と安全に関わる重要情報に関する文書を改ざん・隠ぺいするなど言語道断だ」と追及。

茂木大臣は「その文書は見ていない」と、結局答えませんでした。
問題のポイントは、感染症危険情報のレベル引き上げの判断が遅れたことを取り繕うために文書を改ざん・隠ぺいしたということです。
 
外務省は1月23日に感染症危険情報として、中国・武漢市を「レベル2」(不要不急の渡航自粛勧告)としていました。その理由として「武漢市及び近隣6市」が「公共交通機関の停止及び駅・空港の閉鎖等を発表」したことなどの現状を踏まえたものとしていました。

翌24日の昼に同省領事局政策課が自民党の一部議員に配布した同日付の「新型コロナウイルスによる感染症:外務省の対応」の文書では、武漢市について「レベル2」とした23日の判断を踏襲していました。ところが、茂木外相は24日夕方の記者会見で、「レベル2」とした同じ理由(公共交通機関の停止など)で武漢市を含む湖北省を「レベル3」(渡航中止勧告)に引き上げました。

本来なら、1月23日に「レベル3」とすべきところを武漢市だけ「レベル2」とした外務省の初動対応の遅れを取り繕うために文書を改ざん・隠ぺいしたのです。 

 毎日刻一刻と状況が変わる中の判断で、危険情報のレベルを1段階あげただけのことで文書の改ざん隠蔽とか、アホでしょうか?それともなんですか?レベル引き上げには別の理由がないといけないんでしょうか?意味が全く分かりません。

てか、23日にレベルをあげなければならない理由は何ですかと聞かれたらどーすんですかw?
反論を想定してないのがまるわんかりですよん。 

赤旗配達員のコロナ耐性はどうなんだろ?



共産党が高齢化に苦しんでいるのは以前から知られていること。新コロナが若いのはほぼ大丈夫そうだが、高齢者や持病を持つ人の致死率が高いのも事実のようだ。

しかし、日刊紙の配達をしているような高齢者はどうなんだろうか?あまり考えたことないのだけど、高齢者の中でも、かなり元気な部類に属する人たちではないのだろうか?
とはいえ高齢者なのは間違いないわけで、高須先生の言うことが100パーセント正しい予測なのか、50%くらい正しい予測なのか?(高齢者である限り100%間違いってことはない) 

現場の実感はどんなもんなんでしょうか?

 

新訳・共産党宣言発売

共産党宣言 (光文社古典新訳文庫)
エンゲルス
光文社
2020-02-04


以前から古典新訳があちこちで進んでいて、共産党宣言もいくつか新訳が出ているが、とうとう古典新訳の草分け光文社古典新訳文庫から「共産党宣言」が発売されました。

 光文社古典新訳文庫は、文法的に完全な訳ではなく。読みやすさに重点を置いた訳をすると言うことで毀誉褒貶があるわけですが、こういうのを出してくれること自体に感謝感激ですね。

千鶴子タンって、ホント何も勉強も調査もしないのだな。



日本共産党の高橋千鶴子議員は6日の衆院国土交通委員会で、新型コロナウイルス感染症をめぐり、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を14日間も船内にとどめた政府の対応や検疫体制をただしました。

 高橋氏はクルーズ船ゆえの感染リスクがあるなかで下船させず、心のケアにあたった災害派遣精神医療チームは乗客から「死にたい」「船から飛び降りたい」など深刻な訴えもあったと報告していることを紹介。国際保健規則第32条は「旅行者の尊厳、人権、基本的自由を尊重して扱う」と定めていることにふれ、政府の対応は「国際保健規則違反ではないか」と指摘しました。

 赤羽一嘉国交相は「対応がどうであったかという総括は必ずなされなければいけない」と答えました。

船から降ろすとして、どこに降ろしたら良かったんですかね?
武漢からの帰国者を隔離施設として受け入れてくれたのは勝浦ホテル三日月だけだったでしょ?いったいどこに降ろしたら良かったんですか千鶴子タン?

共産党は今の金利について知らないのでしょうか?



 新型コロナウイルスの感染拡大が日本と世界の経済を直撃しています。とりわけ日本は、昨年10月からの消費税の増税による新たな消費不況の深まりに加え、新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少、生産休止やイベント中止などで経済はいっそう冷え込み、企業の経営も国民の暮らしも危機は深刻です。安倍晋三政権の一律休校要請なども経済活動に大きな打撃を与えています。苦境に追い込まれた中小企業への支援や、働く人が不当に扱われないようにすることなど、政府は抜本的な経済対策を強化すべきです。 

うん、これはわかる。でも対策は思いつきでしか言ってないよね。
日本共産党の小池晃書記局長は3日の参院予算委員会で、リーマン・ショック時には20兆円の緊急保証制度を実施したのに、今回はわずか5000億円の資金繰り支援しかないことを指摘し、金利を大幅に下げるなど、中小業者が安心して利用できるようにすることを求めました。「異次元の大不況」には、次元の違う対策が必要です。消費税率を緊急に5%に減税するなども真剣な検討が不可欠です。

 志位和夫委員長は4日の党首会談で安倍首相に、専門家の知見や各党・会派の意見を聞き、現場の判断を踏まえた対策を決めるよう要求しました。首相は基本姿勢を改めるべきです

次元の違う支援が必要だと言うのは分かる。しかし、金利下げたら、マイナス金利でだだでさえ青息吐息の地方銀行が破綻するよ。 あっちこちの地方で融資をそもそも受けられない会社が続出するでしょう。

またコロナ対策のために消費税を5%にするって、コロナの流行が何年も続くと思っているんですか?そもそもレジの変更のこと考えてます? もし消費税減税するなら増税時と同様かなりの準備期間が必要です。準備が終わるよりずっと前にコロナが収束したらどうするんですか?減税の意味がなくなるとして潰されちゃいますよ。そうしたら準備したものが馬鹿を見る。

なので共産党は、緊急時の経済政策策定の経験がない、思いつきで言ってることがバレないように、もちっと先から製作の準備をしておきましょう。これでは誰も相手にしませんw

 

民青都道府県委員長会議、志位発言と違うぞw



日本民主青年同盟(民青)は3〜5日の3日間、東京都内で全国都道府県委員長会議を開きました。各地の新入生歓迎運動で仲間を迎えてきた経験が次つぎ紹介され、「青年に社会を変えられる展望を伝えられれば、大激変をつくり出せる」と語られました。

あれれのれ〜
一昨日に、全国都道府県組織部長会議で志位委員長の発言
世代的継承の条件が大いにあることについては、全国の学生新歓で民青同盟員の驚くような拡大がすすんでいることを紹介
 
志位タンは、驚くような拡大が進んでいると言うから、 民青は大激変して民青に入りたい若者が事務所に列をなす状態だと思っていたのに、以前と全く変わらない様子。おかしいですね〜w

穀田恵二、公務員新型コロナウイルスを発見!

スクリーンショット 2020-03-05 23.16.17熱心な穀田恵二ファンサイトを見つけて、そこから知ったのだけど

いや〜、ぼくちん穀田恵二を舐めてました。穀田は立命館大学文学部出身で共産党人生一色で来たと思っていたのですけど、新型コロナウイルスを発見するほどスゴ〜イ人だったのです。知ってましたか?みなさん?

 写真をクリックしてください。穀田恵二が発見したのは「公務員新型コロナウイルス」だそうです。いくら世界中の情報を検索しても、この新型ウイルスについて発表されていません。ということは穀田恵二が発見したのです!

世界中の医学と言うか、ウイルス学の権威を出し抜く実績で、世界中の医学者は歯ぎしりしているのが目に見えるようです。www 

宮本たけし先生、こっそり復活w

200209大阪民主新報
ずっと静かで音無しが続いている宮本岳志先生、こっそり大阪民報で復活していたようです(クリックしたら拡大します)今のところ、第二週、月1で連載する模様。

大阪5区での立候補を念頭に置いた活動なのは明らかですが、さすがはたけし先生、

大阪から市民と野党の本気の共闘をつくりあげ、安倍政権を打倒して新しい希望ある政治を開きたい・・・このことは昨年4月、自らバッチを外し退路を断って、覚悟の勝負を決意して以来、いささかも揺らいだことはありません。 

と、いつものギャグを挟むことも忘れませんw 
次期総選挙でも我々を楽しませてくれそうで、安心しましたw 

 

チュチェ思想から国民を守る会トークイベント、6日に開催



3月6日、18時30分より
会場は池袋のようで、動画中にも案内が出てくるのだが、なんという施設かよくわからない。

もっとも、コロナの問題もありweb視聴が推奨されるというか、そっちがメインにされているようだ。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ