日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2018年07月

杉田水脈発言、批判し過ぎて自爆

と、こういうLGBTの当事者の声が出ているのを踏まえた上で、赤旗を始めとするパヨクメディアの報道を見ると、いったい何やってるんだと思う。

もちろん共産党の主張同様の考えを持つ人もいるだろうがむしろそれ以上に、当事者の反発を食らっているように見える。ま、いつものことですけどもw
 

長野で原水禁と原水協、30年ぶりに共同行進



うん。けっこうすごい。
部分的核実験禁止条約をめぐって割れて、80年代にやっとこさ共同歩調をとれかけたところでまた割れて、今回やっと共同が実現したと言うことだね。

でもこれ喜ぶべき事態かどうかは、なんとも評価が難しい。70年代から共闘を実現しようとしていた吉田嘉清を共産党は80年代に除名にしたわけだが、今の共産党は野党共闘を全面的に打ち出している。

今回の共同行進もそうした文脈の上にあるのだろうが、実現した経緯は、たぶんそれでけじゃない。おそらくは参加者の高齢化で共同しないとカッコがつかなくなって来つつもあるのではないか?

もはや社民党は見る影もなく、共産党も遅れて社民党化しつつある中、もう遅いよという感じがする・・・。

ついこの間まで同性愛を認めなかった党が偉そうにしています

しんぶん赤旗

 LGBT(性的少数者)のカップルについて「生産性がない」(『新潮45』)という杉田水脈衆院議員の主張は、「ナチスの優生思想にもつながりかねない」(「毎日」25日付社説)と批判される危険なものです。

 そもそも、子どもを産むかどうかは、LGBTに限らず、あらゆるカップルのさまざまな事情で決まることで、杉田氏の暴言は子どもを産まない、産めないすべてのカップルの人権を否定する侮辱的攻撃です。また、同性以外のLGBTのあいだでは出産は可能で、LGBTに対する無知さえ露呈しています。

この主柱自体はおかしいものでも何でもないが、日本共産党はかつて同性愛を否定してきた政党なのはよく知られているところ。にもかかわらず、過去の反省など全くやらずに、さも以前からLGBTの味方であるかのように振る舞うって、いったい何なんでしょうか?

せめて過去の自分たちと同じ過ちを杉田水脈議員が犯している。これは改心してもらわないといけないと言うならわかりますが、過去の自分たちの差別体質を棚に上げてこういうことを言うのは、天下の公党としてふさわしい態度なんでしょうかね?

 

同性愛弾圧政党だった共産党の方針転換は


リンクをたどると、伊藤文学氏のblogにいきついて、2005ねんごろに方針転換があったようだ。で、もともと同性愛迫害政党だった日本共産党が方針転換したのは、赤旗記者によれば編集部内で議論して党全体の見解を修正するところまで持ってきたのだとか。

ちなみにこの件で少し思い出話をすると、宮本岳志先生をいじり始めた最初が確かこのネタでした。
たけし先生が、いかにもホモの世界を知っていると言わんばかりにデララメ書いていて、「今付け焼き刃じゃない」と大見得切ったのをホモ界の大御所伊藤文学の著書と全く逆のことが書かれていると指摘したら削除して逃亡したのは懐かしい思い出ですw
もうあれから13年もたつのか・・・
リンク先の本、今はこれにタイトル替えしてあるようですね。すでに絶版のようですが。

三宅雪子元衆議院議員、日本共産党本部を見学

三宅雪子ホームページ
元衆議院議員で、今は無所属の三宅雪子タンがどういうわけか共産党本部の見学に行った模様。

党本部に掲げられている赤旗がくすんでいるのは赤が直射日光で劣化しやすいわけでご愛嬌で許してあげよう。市田忠義と話をしたり、あかつき印刷に行ったり、屋上の庭園に行ったりしている。 

それにしてもなぜ今ごろ共産党本部の見学に行ったのだろうか・・・理由が書いてないだけに気になるところである。 

今ごろ松井発言を蒸し返してくる意図は何だ?

しんぶん赤旗
今回の豪雨災害の義援金2500万円を被災地に送る発表なのだが、今ごろまた松井大阪府知事の発言を蒸し返している。 

この件はとうの昔に決着しているはずなのに、なぜ今ごろ蒸し返しているのかが、よくわからない。
ただ手がかりになりそうなことはある。

義援金としてお金を直接自治体に届けるとともに、緊急に被災者の一番切実な要求に対応するために救援物資を購入して届けることもした」として、救援募金の義援金以外の使途を説明しました。

 救援物資の購入は2億52万円、ボランティア約5万人が現地で活動した際の救援に使う機材・がれき撤去などの費用が2億2958万円、資材・郵送料等の諸経費が4724万円です。

こんなことせずに、そのまま渡せばいいのに・・・だって被災地のことは被災地が一番よく分かってるわけで 、事態も刻々と動いているから今日必要な物資が明日も必要なのかはわからない。したがって状況に応じてどうにでも使える現金を送るのが一番良いと言われるわけだ。

にもかかわらずこの手の費用を計上していると、たとえば民商の店から物資を購入しているとか、自分たちの金もうけに使用している疑いを持つ人も出てくるんじゃないかな?要らん腹探られたくなかったらね。。。

 

 

にゃん氏へのアクセス規制発動します

理由
直近のコメント
そのまま死ねと思った日本共産党党員は数多いだろう…
都内の病院?民医連系なんだろうな…私の所属する病院に来たら超ラッキー!ワザと医療事故だ!殺す!


医療関係者としてあるまじき発言にして、半分殺人予告みたいなもの。
以上。

 

狛江市長選、共産党支援候補敗北

【前回】>2016年 狛江市長選 
*有効投票数:30289人(無効票:289票) 当日有権者:65386人 投票率:47.01%) 

〇高橋都彦(無・現)17,433票=自・民・公・ネット推薦 
×平井里美(無・新)12,856票(42.44%)=共・社推薦 

【今回】>2018年 狛江市長選 
*有効投票数:30597人(308人増) 無効票:449票(160票増) 当日有権者:68526人(3140人増) 投票率:45.31%(1.7%減) 

◎松原俊雄(無・新)17,834票=自・公推薦 
×田中智子(無・新)12,763票(41.71%)=共・社・ネット推薦 


全く 2年間の成果が出ていません。
でも、退潮ぎみの共産党としては善戦している方なのでしょうね。
それにしても、もう少し接戦になると思ってたけど、セクハラ市長よりも共産党市長の方がやだと言うことなんでしょうかねぇ・・・まったく批判票が回ってこないってことは・・・。 

志位委員長、頸椎症性脊髄症で入院、手術へ

共同通信
共産党の志位和夫委員長は23日、記者会見し、頸椎症性脊髄症のため、24日に東京都内の病院に入院し、25日に手術を受けると明らかにした。 

あらら、先日の骨折もこの病気のせいなんだろうな、たぶん。
どれくらい入院期間の必要な病気か知らないけど、場合によっては次の党大会までに引退した方がいいかも・・・命を削ってまでやる商売じゃないよ、今の日本共産党委員長は。
 

赤旗編集部は「算数」からやり直しましょうw

しんぶん赤旗

厚生労働省は20日、2017年の国民生活基礎調査の結果を発表しました。平均所得以下の世帯は全世帯の6割を超え、過半数の人が「生活が苦しい」と答えるなど国民生活は依然として厳しいことが浮き彫りになりました。

 調査は17年6〜7月に実施。前年16年の1世帯当たりの平均所得金額は前年比2・7%増の560万2000円でした。所得順に並べた中間にあたる中央値は442万円。平均所得以下の世帯の割合は前年と同じ61・5%でした 

このクソ暑い中、赤旗編集部の頭はどうなっていんでしょうか?
平均って、どういう意味か分からないのでしょうか?

たとえば、中央値が来年200万円上がったとしたら、大幅な収入増になりますが、平均所得以下の人はおそらく同じくらいになるでしょう。こう書いても意味分からないかも知れませんね。
そもそも少子高齢化で家族と同居しない独身者や高齢者の1人ぐらしが増えてますから、平均所得以下の世帯の割合はまだ増えると思いますけど、どんなに所得が上がっても平均以下の人は50%前後は確実にいるのですよ。

こんな 内容の新聞を、この殺人的酷暑の中で党員に売り歩けって・・・党員の立場からすると
DbwKQ1wVMAAHDMhですよね。 

入党マンガは効果あるのかな?

日本共産党のホームページで連載中の「JCP web MAGAZINE」(ジェーシーピー・ウェブ・マガジン)が好評です。

 最新作は「党員になってみた結果――」(前編・後編)。共産党員って、どんな人たちが、何をやってるのか――日本共産党に入って1年目の「ワタシ」(架空の主人公)の目を通して、草の根の党支部と党員のことを紹介しています。実在の党員も登場し、「なぜ党に入ったか」「支部会議の楽しさ」「『集い』のおもしろさ」など、それぞれの思いをリアルに語っています。

 「共産党らしからぬ力の抜けたポップな漫画。いいんじゃないのこれ」「よくできていて分かりやすいです。正しい姿を知ってもらうきっかけになるといいですね」(ツイッターの書き込み)。アクセスも1日で3000を超えるなど好反応です。


好評なら、当然党員数は1000人は行くでしょうし、その分日刊紙も増えるでしょうね(棒)

若い党員が入らない原因は、共産党が支持されていないといってことを無視しても、効果はほとんどないと思いますけどw



映画「スターリンの葬式狂騒曲」

今年は左翼向け映画が多いね。

スターリンの葬式狂奏曲

KM生たん曰く
リンク先拝見しますた。今から公開が楽しみです。しかし敢えて言えば、予告編を見る限りスースロフ(不破のスターリン秘史では、彼こそがスターリンの真の後継者とされた)は出てこないようですね。何かこう「徳球北京客死後の日共党内の後継党首争い」を思い起こさせられます。むろんこちらの方は映画にしたところで、誰も見向きもしないでしょうけれど。

実際はどうなのか見てみないと分からないが、 上映映画館が少ないのがネックですな・・・マルクス・エンゲルスもそうでしたけど。

ちなみにこのテーマでは、スターリンが生きてる頃にフルシチョフが「スターリン万歳」とやってる動画が印象に残ってますが、どこにあるのかわからないw

 

「赤旗問題」是正サイトができている。



ハンドルネーム・ミハエル氏が作ったらしい「赤旗問題」是正サイト。最初小坪たんか上畠たんが作ったのかと思ったら違ったw

地方議員に赤旗の自治体での営業活動を止めさせようとする趣旨のサイト。特に感情的になることなく、必要なら公費で買えばいいというところまで書いてあって内容は比較的良くまとまっている。




 

3.15事件の裁判資料見つかる

朝日新聞

戦前の治安維持法事件の刑事裁判資料が見つかり、愛知県立大名誉教授の倉橋正直さん(75)=中国近現代史=が8月の公開を準備中だ。思想を取り締まった同法は、昨年施行された「共謀罪」法との類似性が識者らから指摘されている。倉橋さんは「実物を見て、考える機会にしてほしい」と話す。

 見つかった資料は「日本共産党事件 予審決定書」(1930年)と「日本共産党事件公判 速記録」(31年)の2種類。戦後に共産党書記長を務めた徳田球一氏ら党幹部ら37人に対する裁判資料とみられる。

 倉橋さんの知人が古書店で見つけた。一部資料は60年代に復刻出版されているが、裁判当時の手書きガリ版印刷の資料は珍しいという。 

 徳田球一が捕まってるから3.15事件のものとみられるが、こんな大事件の資料で、まだ非公開(というか、出版時に見つからなかった?)のものがあったのかと驚きを禁じ得ない。

内容的には驚くような新事実は出そうにもないが・・・。



 

赤旗記者は、日本共産党綱領を読んでいるのかw?

日本共産党員にとって、綱領はとても大事な文章とされている。綱領に書いてあることを知らないのは恥である。それを前提に

しんぶん赤旗の記事

 

共産党綱領より
(一五)日本の社会発展の次の段階では、資本主義を乗り越え、社会主義・共産主義の社会への前進をはかる社会主義的変革が、課題となる。これまでの世界では、資本主義時代の高度な経済的・社会的な達成を踏まえて、社会主義的変革に本格的に取り組んだ経験はなかった。発達した資本主義の国での社会主義・共産主義への前進をめざす取り組みは、二一世紀の新しい世界史的な課題である。
 社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である。社会化の対象となるのは生産手段だけで、生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される。
 生産手段の社会化は、人間による人間の搾取を廃止し、すべての人間の生活を向上させ、社会から貧困をなくすとともに、労働時間の抜本的な短縮を可能にし、社会のすべての構成員の人間的発達を保障する土台をつくりだす。
 生産手段の社会化は、生産と経済の推進力を資本の利潤追求から社会および社会の構成員の物質的精神的な生活の発展に移し、経済の計画的な運営によって、くりかえしの不況を取り除き、環境破壊や社会的格差の拡大などへの有効な規制を可能にする。
 生産手段の社会化は、経済を利潤第一主義の狭い枠組みから解放することによって、人間社会を支える物質的生産力の新たな飛躍的な発展の条件をつくりだす
。 

共産党の言う生産手段の社会化ってのは、主要な生産手段、今なら大企業の所有・管理・運営権を国民に渡すことだろう。そう考えるとGPIFや日銀による大企業の株購入は進められことを歓迎しても、反対する理由はない。にもかかわらず、赤旗が生産手段の社会化に反対するってのは、いったいどういうことなのだw?赤旗は本当に日本共産党の機関紙なのか?

せめて共産党員なら、綱領との整合性くらい見てから主張してくださいねwww

 

切手で語るチェ・ゲバラ、来月発売



発売は一ヶ月ほど先になるが、書いているのが内藤陽介氏であるから、相当な内容になるはず。
切手をネタにさまざまなテーマで本を書いてる人だが、博覧強記の見本のような内容の濃い本を書く人である。 しかも書くスピードも速いらしく
マリ近現代史
内藤 陽介
彩流社
2013-05-01

 
なんか、テロで日本人が殺された事件から半年も経たずに出されてたが、内容が濃くてぶっ飛んだ覚えがある。ひょっとしたら以前から火薬庫として注目されると予測していて準備していたのかもしれないと勘ぐるほどだ。

今年はゲバラ誕生90年ということで話題が集まると思っての出版だと思うが、そういう人の本であるから内容は折り紙付きだと言って良かろう。

 

本日日本共産党96周年


ということで、自民党のパーティー批判していたら、宮本徹もやってましたw
結党96周年を祝うその日にこれだからw

ということて゜共産党の決意を

日本共産党はきょう、1922年7月15日の創立から96周年を迎えました。ひとつの政党が同じ名前で1世紀近く活動していることは日本では例がなく、世界をみてもまれです。96年の歩みには、国民の利益擁護、日本社会の進歩、平和と民主主義の立場を貫き、たたかい抜いた歴史が刻まれています。日本も世界も大激動の時代のいま、未来に向けた確かな羅針盤となる綱領を持つ政党として注目も集めています。新たな期待と責任を自覚し、多くの国民と手を携え、歴史をつくり未来をひらくため、力を尽くす決意です

ブーメランでオチャーを楽しませる期待と責任の自覚はあるようですw
 

狛江市長選、矢野・元市長赤旗に登場

しんぶん赤旗
高橋都彦(くにひこ)前市長がセクハラ事件で辞職したのに伴う東京都狛江市長選が15日告示されます。1996年に当時の石井三雄(さんゆう)市長がバカラ賭博の借金で失跡したのを受けて市長に当選し、2012年まで4期16年にわたって清潔・公正、「市民が主人公」の市政を進めた矢野裕(ゆたか)元市長が、「ともに狛江 市民の会」の田中とも子予定候補(60)=無所属新、共産、社民、生活者ネット、新社会、自由党都連、緑推薦=への期待を語りました。(東京都・川井亮) 

以前からコメント欄で散発的に話題になっている狛江市長選。共産党はこれを機に再び市長をとりたいわけで、市長選前日のタイミングで矢野元市長を出してきた。

 私が共産党市議を辞職して市長選に立候補した当時、失跡し、後には贈収賄で実刑まで受けた石井氏を支えた自民党系、公明党など与党は、その責任に全く頬かむりしたままでした。

共産党市長が誕生するときは、自民などの与党が本当に愛想が尽かされていることがけっこうある。実際どうなるのか選挙情勢などはぼくちん知らないので あれなのだが、今回もその伝手で行けば田中候補は少なくとも善戦、うまくいけば当選の可能性もあるように思われる。

しかし相手は矢野市長時代の市役所生え抜き副市長だった人物。けっして楽には勝てないだろうね。

愛知共産党「いづも」だけでなく、もう一つ恥をかいている



1701d687_1297683954442全くその通りで、ぼくちん的にはいつものことなのだけど、このツイート最後にはさらにお楽しみが・・・プロック塀の調査してますって触れ込みだが、これブロック塀じゃないだろw

上から下まで水抜きがあるところからして、これは擁壁(土砂崩れを防ぐ壁)だ。なので壁の向こう側には上まで土がきているから、相当頑強に作ってある。簡単にはこっちに倒れてこないよ。



 

赤旗、募金問題を今ごろ記事にする。

しんぶん赤旗
日本共産党大阪府委員会 柳委員長のコメント
 日本共産党大阪府委員会の柳利昭委員長が11日、発表した「維新の会代表・松井知事の悪質なデマに抗議する」とのコメントは次の通りです。

 維新の会代表の松井一郎知事が10日、ツイッターで「因(ちな)みに共産党の募金活動は、先(ま)ず自分達の経費を差し引くので注意しましょう」ととんでもないデマを発信したことに、批判が殺到しています。

いや、批判も擁護も殺到していたんだが、擁護は見えなかったのかなw? 
だいたい10日の21時に松井知事は共産党の主張を認めたのに、11日になってからこんなこと書いてるようじゃダメなんですが、それより面白いのは

なおツイッター上であげられている二つの件―2年前の東京・品川区の演説会での募金活動や後援会交流決起集会での募金活動については、他の募金と一体に集めたことは正しくなかったと認め、集まった全額を救援募金として被災地に届けたことを付記しておきます 

疑われる行動してましたと認めながら、今は違うとか誤解だと言わず悪質なデマという言い方ですから、もうね・・・ますます疑わしく思っちゃいますねw
 

宮本岳志の指導、再開しようかなw?



いや〜ワロタwww
宮本たけし先生は、共産党の中でも最高クラスのアホウとして、ぼくちん共産党の議員相手に異例ともいえるほどネタにして、何年にもわたって賢くなるよう指導してきた。それで多少はマシになったというか、誰が見てもアホにしか見えないだろという発言が減ってきたのであまり採り上げなくなっていた。

が、ぼくちんの目が届かないと分かるとさすがはアホのたけしだ。馬鹿っぷりを再び発揮するようになったwww

いやね、たけしはね、もうおじいちゃんなんですよ。さすがに孫にまで「おまえのおじいちゃん、共産党No1のアホ」だなんて言いいたくないわけです。でもね、でもね・・・やっぱり、ぼくちんが指導しないとやっぱダメなんですかねw?

松井一郎大阪府知事、共産党の震災募金に注意喚起



ということで、このツイートの下には、その通りだそうじゃないと、意見も証拠も交錯している状況だ。
実際のところは、以前は被災者支援と党支援の募金を一緒なしていたが、このツイートにぶら下がってる香西かつ介の件で、 区分するようになったというが実際ではないかな?

まさか、東北震災時にあった給与が出ない専従をボランティアに行かせて募金で食わせたやり方を今も続けているとは思えないのだが・・・ちなみにこれは、元共産党国会議員秘書、故染谷光圀氏の証言ね。

あるいは党組織によって、そのあたりの周知がうまく行ってるところと行ってないところがあるのかもしれない。 

追記
清水ただしが怒って松井知事一応謝ったが・・・ホントなんだろうなとまだ疑ってるのミエミエ。 

ブハーリンの復刻版


共産主義のABC  復刻版
ニコライ・ブハーリン
桜町書院
2018-05-18



ソ連の理論家ブハーリンの著作の復刻。こんなのが出ていたとわ・・・
一冊目は紙本だが、二冊目はKindle版になっており、今ごろこう言うのを出して採算性を取る難しさが伺える。 

JCPサポーターの要望はこんなのです

JCPサポーター制度が始まって5ヶ月以上になるが、サポーターたちの要望が上がってきたので公開します。
なんだこれ?というものもありますが、サポーターのプロファイリングの参考くらいにはなるでしょうw
続きを読む

上九一色村の竹内精一元村議、お元気そうで何より

しんぶん赤旗
麻原彰晃と信者6名の死刑執行を受けて、上九一色村の元共産党村議
氏のインタビュー記事が掲載された。

内容的には、オウム事件を知る人には回顧談に過ぎないが、注目点は

松本死刑囚以外の人の死刑を執行していいのだろうかという思いもあります。戦争中の日本の軍隊と同じで、「やれ」と命令されてやったという面があったのでは。
 
共産党議員は死刑廃止議員連盟にいたりはするけれど、全面的にコミットしているわけでもないような感じだが 、その点竹内さんも比較的自由にモノを言えているようだ。山下文男氏のような、インタビューに党の検閲を受けるようなこともないというか、赤旗に向かって言ってるのだから検閲も何もないわけだど、円熟した人となりがわかるインタビューである。

惜しむらくは、共産党はオウムと同じ扱いを公安から受けていることにも言及して欲しかったが、これを赤旗記者にやれと言うのは無理。民間のジャーナリストにお任せしよう・・・その時は共産党の監視がつくかもね・・・・


 

共産党、参議院全部比例区を提案

毎日新聞

日本維新の会と共産党は5日、参院選挙制度を変更する独自案をそれぞれまとめた。自民党が参院定数を6増する公職選挙法改正案を国会に提出していることを踏まえ、定数を削減または維持する案を示してけん制する狙いだ。

     維新の改正案は現在の参院定数242を1割減の218とした上で、全国を11ブロックに分けた大選挙区制を導入する内容。6日に参院に提出する。
    中略
    一方、共産案は参院の定数を維持しつつ、選挙区を廃止して全国10ブロックの比例代表制(非拘束名簿式)とすることが柱。ただ、国会に改正案の提出はしない方針で、山下芳生副委員長は記者会見で「抜本改革というならこの案で行くべきだと態度表明したもの」と説明した。

    比例代表一本の提案は、選挙区(や衆議院小選挙区)の定員1なんかだと当選できない共産党が、過去に何度も言ってきたことで新味はない。

    個人的に思ってるのは徳島・高知が一緒になったようなのは何とかならんのかと思うけどな・・・いくら一俵の格差の問題があると言っても、もっと人口が減ったらたとえば四国で一議席しかないとかなりかねないわけで、それはいくら何でもと思いますけど。 

    いまだに自民党を理解していない共産党



    このツイートに、志位委員長は何年委員長してるんだ、独裁はおまえ等だろと突っ込みが入ってて笑えるのだけど、そんなことより自民党って、むかしからそんな政党だよ。知らなかったのw?万年野党でもないから、与党でなくなったら冷遇されることも嫌というほど分かってる。 

    そうした姿が表に出ることはそうないが、誰の目の前にも明らかになったのが、いわゆる加藤の乱。しかし、敗者はいつまでも敗者ではない。加藤の乱で敗北し「大将なんだから」の名言を残した谷垣禎一は、後に自民党総裁になる。

    このダイナミズムが共産党にはないわね・・・


     

    特別月間初月不発。今月は赤旗電子版がポイントか。

    しんぶん赤旗

    4中総が提起した「特別月間」スタートの6月の結果は、入党申し込みは昨年7月以来最高となる771人、「しんぶん赤旗」読者拡大は、日刊紙は6カ月ぶり、日曜版は9カ月ぶりの増勢をかちとりました。全党の奮闘によって、党員拡大で昨年7月以来の勢いが生まれ、「赤旗」読者で連続後退から前進に転じたことは、「特別月間」成功への足掛かりとなる重要な成果です。

    中略
    前向きの変化を確信にしつつ、私たちのとりくみの基準は、「特別月間」の目標達成におかなければなりません。6月の到達点をふまえ、どうやって7月目標を達成するのか。党機関も支部も、4中総決定にもとづいて自分たちの活動を自己検討し、4中総決定の全面実践に力をつくすことを訴えます。

    特別月間の目標は、前回(2016年)参院選時を回復・突破することだが、初月からこれではほとんど達成見込みがない。そのせいか昨日から始まった電子版の初日申し込み数も数百部あるようだが、それも載っていない。その数百部は時事通信の報道だ。赤旗読者が知らされず、他新聞の読者でなければ赤旗のことが分からないってふざけてるw

    まぁ、それはともかくとして一日目に日刊紙の電子版が数百部増えたわけです。今月あとどれくらい増えるか知りませんが、日刊紙の拡大は電子版の拡大いかんになりそうな感じですね。
     

    赤旗電子版、本日開始


    特別月間初月、青息吐息の前進

    スキャン 586月から始まった特別月間

    入党771人(昨年7月以降最高)
    日刊紙66人増(うち沖縄が43人増)
    日曜版764人増

    とうの昔から分かってることだが、9月までの目標達成は難しいと言うか、特別月間にもかかわらず、赤旗日刊紙が一都二府42県(沖縄除く)で23部しか増えてないと言うことは、減らしているところも多いということ。


    今日から赤旗日刊紙は電子版が始まる。これでどれほど増えるかが今月の注目点だが、果たして・・・
    プロフィール
    キンピーをネットアイドルにする怪
    正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
    「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
    しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
    蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
    連絡先

    busayodic@gmail.com

    コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

    当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
    下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

    少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



    こちら

    をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

    支払いに必要な受取人情報
    ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

    送金口座番号 312786815

    振込先氏名 busayo_dic
    おすすめリンク









    激安?ギフトショップあい はこちら












    Recent Comments
    Archives
    ケータイで見る時にお使い下さい
    QRコード
    • ライブドアブログ