日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2017年08月

更新一時停止のお知らせ

ということで、blogはしばらくお休みします・・・といいつつたまに更新するかもw。twitterは少しは更新するかも知れません。

更新停止理由は、 アンドロメダへ行ってくるためです。もっとも、今はすごい時代で昔は相当かかったのに、今は2週間もかかりません(ホンマかオイw)

戻ってきたら、通常モードに戻ります。 ちなみにメーテルは同行しませんw

 

細野豪志たん民進党離党、やっぱり理由は共産党

細野豪志オフィシャルblog
離党にいたった経緯を説明・・・ま、そうだろうとは思ってたけどね。

二年ほど前から、党のあり方に違和感を持つようになりました。きっかけは、安保国会への対応です。緊迫する北朝鮮情勢への対応などで具体案を用意しながら、安保法制廃案の声に押されて提案するに至らず、反対に終始することになりました。政調会長として法案の国会提出を党内で強く主張しながら、実現できなかった無念と悔恨の思いは今も残っています。

 

2002年から2003年にかけて行われた有事法制の議論の際、当時の民主党は与野党協議を経て法案を成立させました。安保国会での安倍政権の乱暴な対応は問題があったとしても、国の安全保障に関しては、党派を超えた対応に努めるのが、二大政党の姿であると考えます。

 中略

 

基本理念の全く異なる共産党との共闘は、私の政治信条と相容れません。また、国民の求める政権交代可能な政党から、さらに遠ざかることになるものと言わざるを得ません。長く所属してきた民進党を離れるのは、苦渋の選択ではありましたが、断腸の思いで離党を決断しました。 

共産党という毒まんじゅうを半分は食いかけたが、結局吐き出したと言ったところか。もっともトイチと組んでどうこうなるものでもないと思う。行くなら自民党だが、安倍政権が続いている限りは無理だろう・・・けっこうこういうとこ融通が利くのが自民党だが、さすがにね。

 茨の道が待ってると思うが、頑張って下さい。

ヒロシマデー集会、参加者激減はなぜ?

古本屋通信で知ったが
しんぶん赤旗2016年ヒロシマデー記事
県立総合体育館・グリーンアリーナで開かれたヒロシマデー集会では、参加した5500人(主催者発表)が満場の拍手で「広島からのよびかけ」(決議)を採択しました。 

しんぶん赤旗2017年ヒロシマデー記事
水爆禁止世界大会 ヒロシマデー集会に2000人
 
2016年はは主催者発表、2017年に主催者発表の記載はないが、相当減っているのは間違いなさそうだ。

もともとこうした「戦後」の催しは、戦争の記憶を持つ人が高齢・死亡によって減ってくるのは予想されているというか、実際に減ってきているわけだが、それにしても1年で半減というのは少々減少幅が大きすぎる。なぜここまで減ったのか・・・?
 
9日追記
夜明けたんのコメント・・要は今年は長崎メインの年だったからと言うことらしい。
  • 私の記憶では、原水禁世界大会はメインの会場が一年おきに広島と長崎で交互に替わるので、今年は長崎がメインの会場だからではないかと思います。
    北海道からの参加者が広島でも長崎でもいつも多いので圧倒されていました。
    • 今日の長崎大会の閉会集会は7000人の参加だったそうです。
 

共産党、八幡浜で得票を伸ばす。

地方選挙監視隊員氏のコメント
本日行われました、愛媛県八幡浜市議選の開票結果をお知らせします。

前回より投票率が微増。また、共産党は現職市議が高齢のため引退し、新人候補(47歳女性・団体役員)を擁立し、厳しい戦いと予想していましたが、結果は前回よりも140票増加した1231票で、第6位(定数16)当選でした。

なお、同じ野党勢力の社民党は、現職市議が辛くも第15位当選を果たしましたが、前回よりも256票も減少した770票でした

 
当選したのは遠藤あや氏。 東京からUターンして市民運動をバリバリやってる人のようである。活発に露出していたのが良かったのだろう。

中嶋美樹函館市議、除籍

ナキウサギ氏のコメント
「しんぶん赤旗」2017年8月5日付の「北海道・東北のページ」に、函館市議の中嶋美樹さんが日本共産党を離党したという記事が載っていました。以下にその記事を抜粋します。

中嶋・函館市議 党地区委が除籍 北海道
北海道函館市の日本共産党函館地区委員会は4日、党所属の中嶋美樹市議が市議会に会派離脱の連絡を行った問題で、コメントを発表しました。
コメントは、代理人を通じて党地区委員会に離党届と会派離脱の手続きを求める書面が7月20日に突然届けられたと指摘。理由も明らかでないことからこの間、話し合う努力を重ねてきたものの、「残念ながら代理人を通じ、話し合いには応じないとの回答があるとともに、直接、市議会に会派離脱の連絡がなされるに至りました」とのべています。
地区常任委員会は、こうした行為が自ら党員の資格を失うものであり、離党届は受理せず、党規約に基づき、除籍の措置をとったと表明。「日本共産党として送り出していただいた議員がこのような事態となりましたことに、市民のみなさまに心よりおわびいたします」としています
。 

何があったのかわからないが、 党が本人との話し合いができず、おそらくは弁護士と思われる代理人経由でしか接触できないというのは、相当こじれているような印象を受ける。

 

佐賀新聞、治安維持法時代の佐賀史を連載開始

佐賀新聞
本日より「抑圧の記録・治安維持法下の佐賀」の連載を開始した。

■乱用(上) 捜査側の恣意的運用可能に

 条文の曖昧さに、多くの政治家は危うさを感じ取った。

 「乱用の恐れはないのか」「言論の自由が脅かされないか」。1925(大正14)年2月、加藤高明内閣が帝国議会に提出した治安維持法案には、与党の一部からも懸念する声が上がった。新聞各紙は反対の論陣を張り、佐賀新聞も1面のコラムで「コンナ国民を網にするような愚案は否決し去るべしだ」と訴えた。

 しかし、法案はわずかな修正だけで成立し、4月に公布される。政党政治の下で誕生したこの法律は、終戦で廃止されるまで20年にわたって運用され、国民生活に影を落としていく。

ということで、 なかなか興味深い連載が始まったようだ。
共謀罪を現在の治安維持法とするのはぼくちん少々抵抗があるというより、これって国際的要請でしょという感じなのだが、だからといって過去の歴史を無視するわけではないし、こういう歴史に学ぶところは大きいと思っているので、今後に注目である。 


 8日追記
2回目から有料会員でないと読めなくなってるorz 

小池晃、共産党が政権につけば人作り革命ってどういうこと?

朝日新聞
小池晃・共産党書記局長(発言録)

内閣改造があったが、革命という言葉をね、軽々しく使わないでほしいと思います。人づくり革命(担当相)と。革命っていうのはもう政治権力が変わるわけですよ。ある階級からある階級に政治権力が変わるような重い言葉だと思う。

 人づくり革命なんだったら、やっぱり政権交代するしかない。共産党が政権についてこそ本当の人づくり革命なんじゃないですか。(記者会見で) 

xOgQgEDa_400x400-1「革命」を軽々しく使うなと言うのは、その通りだと思うが、共産党が政権についたら本当の人作り革命って意味不明w

人作りって、政策的に考えるなら、基本教育訓練をどうするのかってことだと思うんですよね。言い換えれば政権交代なんか全く関係がない。たとえばこの世には全く向上心がないってタイプの人もいるが、共産党政権になったからと言ってそういう人がやる気を出すなんてことは考えにくいわけです。

なので意味不明になるわけですが、ひょっとしたら、共産党政権になれば全て学費無償化するから革命だってことなのかもしれません。それはそれで大きな仕事ではありますが、学費無償化程度で革命と言われてもね・・・いや、共産党が言ってるわけじゃないからわかりませんけどw

 

勉強したらすぐばれる煽りはやめましょう

しんぶん赤旗
米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイがエンジン・フィルター(ろ過装置)に重大な欠陥を抱えている問題で、防衛省は現段階で改善のめどが立っていないことを認めました。

中略

2015年5月にハワイでMV22が砂(さ)塵(じん)に巻き込まれてエンジン内に異物を吸い込んで墜落、乗組員2人が死亡しました。米海兵隊は「操縦士の判断ミス」と結論づけた上で「エンジン・フィルター・システムの改良」を提言しました。

 本紙は昨年7月24日付で、米軍当局が事故前からオスプレイのフィルターに「小さな粒子は通過してエンジン内に吸い込んでしまう」という欠陥を抱えていると認識していながら、改善が間に合わないまま日本での運用・配備を進めていると報道。 

この記事見る直前にもぼくちんこんなの見てたんですね。


ビデオ8分過ぎたあたりから戦闘ヘリが砂漠で離陸する時の解説があるのだけど、普通のヘリでもかなり危険なことになるらしい。 一歩間違うとエンジンのオーバーヒートで墜落するほどだ。運用実績を40年積んでいる世界最速戦闘ヘリ、リンクスでもこのていたらく。それを飛ばすのがパイロットの技術だ。

そんでもって日本の場合、鳥取砂丘でもない限りは砂漠のような環境で運用されることは考えにくい。あるとすればほかに学校の運動場くらいだろうが、離陸する時に出る砂塵など知れてる。

砂塵がヘリにとって危険なのは別にオスプレイに限ったことではない。にもかかわらずこういう記事を書くのは、非科学的煽りと言うしかない。言い換えれば築地を安全だと強弁するに等しい・・・こんな新聞お金を出して買う者がアホですなって、オレのことかよw!
 

共産党、都議選で伸びたのは都民ファースト野田数代表のおかげ

FACTA
 「野田数」恐るべし小池「国政進出」の怪腕

誰もが認める都議選大勝の立役者──。勝つためなら手段を選ばぬ野田代表の辣腕がカギを握る。

ということで、野田タンの辣腕が書いてあのだが、共産党にも言及してある。 

一方、2議席増の19議席で躍進した共産党も、小池知事との全面対決を巧妙に避けた。築地市場移転問題では主要政党で唯一、築地市場再整備を唱え、「豊洲移転、築地再開発」の基本方針を発表した小池知事とは一線を画す。しかし、共産党サイドによると、小池知事が基本方針を出した6月20日、党中央は「基本方針を真っ向から批判するな」という指示を伝達。「 反小池では無党派層の支持を得られないとの大局的な判断から、批判の的を自民・公明両党に絞った」(党中央委員)と明かす。

結果として共産党は無党派層からも一定の支持を集め、「最後の一議席」で自民現職と競り合い、振り切る選挙区が続出した。非自民系のある区議は「都民ファースト側から『自民現職を落とすために共産に票を回してほしい』と要請された」と打ち明ける。野田氏は共産党サイドとも気脈を通じ、共産党躍進にも一役買ったのは間違いない。

 
トイチの野田代表が走り回って共産党に票を集めてくれたんですね。小池知事が敵に回っても共産党が敵に回らないのは小池知事を敵に回したくないくらいは想像はついてたが、票までもらっていたとあっては、そりゃ小池知事を批判できないわwww 

結論・築地移転反対派は、もはや死に体。 

7月の党勢拡大、党員増えたが赤旗後退

7月の党勢拡大
入党 1548人
赤旗日刊紙 402部後退
赤旗日曜版  1832部後退。
39道府県で日刊紙も日曜版も前進しているということだから、東京都でどかんと減らしているのだろう。都民ファースト効果かな?

赤旗は田舎はけっこう頑張ってることが多くて、今回鳥取県は日刊紙の前回総選挙時まで戻している。

それと党員拡大、相当頑張った感じだが1500人も入党していて日刊紙が減るという日刊紙を読まない党員ばっかり入ってくる状況は変わらずである。 

ちなみに6月の党勢拡大成績は、党員拡大は584人で、赤旗日刊紙は628人減、日曜版は2873人減でした。 

共産党都議団、小池知事の裏切りにもの言えずw

しんぶん赤旗

日本共産党東京都議団(19人、曽根はじめ団長)の役員9人は1日、都庁で小池百合子知事と懇談し、就任のあいさつをしました。

中略

席上、大山氏は躍進した党議員団のうち女性が13人(構成比68%)、20〜60歳代の年齢構成であることを紹介。知事に対する態度は「これまでどおり、是々非々の立場でのぞんでいく」と表明しました。また、豊洲移転問題で、小池知事が「築地ブランドを守る」としたことは「重要だ」とした上で、党議員団としても、築地での再整備や都民の暮らし・福祉を守り前進させるなど公約実現のために全力を尽くす決意を語りました。

 小池知事は、女性議員が多いことについて「個人的に喜んでいる。ぜひ、がんばってほしい」と話しました。 

小池知事はすでに豊洲移転に舵を切ったと決定した翌日から、ぼくちん赤旗を熟読して共産党の態度を見ていたが、全くといっていいほど小池&トイチ批判は見られなかった。

そして今回の記事。都民ファーストを敵に回したくないのか、女性議員の比率が高いことを自慢するなど尻尾フリフリモード。「豊洲移転中止しろや!」とは言えないようでつw

ということで、森山まで擁立して築地移転に反対した共産党が豊洲を認めると言うことで、キケンな豊洲の魚を都民は食べることになりそうでつw

都民の暮らしを守ると自称する共産党は、都民よりも小池知事・都民ファーストの方が大事みたいですねw


 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ