日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2016年10月

野党共闘してなかっら壊滅的だった・市田副委員長の言葉

しんぶん赤旗

日本共産党を丸ごと知ってもらい、力を合わせて政治を変えようと「働くみなさんとトーク集会」が30日、名古屋市内に市田忠義副委員長・参院議員を招き行われました。主催は党愛知県委員会。118人の参加者には党綱領が書かれたパンフ『JCPマニフェスト』が配られました。

 講演に立った市田氏は参議院選挙で市民と野党との共闘により、自民党の予想を大きく超える議席が得られたとし、本気で共闘すれば勝てることを新潟知事選でも証明したと強調。首相を先頭にした反共攻撃が行われたのは危機感の表れと指摘し、「追い込んだ方が大した成果でないと思っていたら罰が当たる」と励ましました。



誰もが知ってる改憲勢力議席が全議席の2/3以上になった参議院選挙。野党共闘は成功だと言っているが、裏を返せば共闘しなければ選挙区11議席も落としていたということ。新潟知事選も落としていたわけだ。

すなわち野党としてはもう野党共闘しか生き残る道がない。野党共闘でかろうじてメンツが保てる程度まで野党は没落したと言うことを市田たんは認めたと言うことになる。 

知り過ぎた男が共産党への疑問に答える

月刊正論 2016年 11月号 [雑誌]
正論編集部
日本工業新聞社
2016-10-01


産経新聞のサイトに、こちらの雑誌の特集
相当長い「20の素朴な疑問に知り過ぎた男が全て答える」が丸ごと載ってる。 参議院選から話題をまいている「知り過ぎた男」の正体はいわずもがなw
それにしてもずいぶん前からこの記事の存在は知っていたが、書くの忘れてました。すみません<(_ _)>

最近の産経新聞の共産党愛は、志位委員長の中央委員会報告を赤旗より早く報道するなど、もはや赤旗の存在意義まで脅かすほどになっており、共産党ですら産経に広告を出すくらいであるから内容にも気合いが入っている。

当サイトを詳細に読み込んでいる人には新しい知見はないが、中途半端に見ている人はきちんと読み込むといいだろう。この特集記事だけでたいがいのことはわかる。 

核兵器禁止条約決議案、日本は反対、北朝鮮賛成、中国棄権

しんぶん赤旗

【ニューヨーク=島田峰隆】国連総会第1委員会(軍縮・国際安全保障問題)は27日、核兵器禁止条約について交渉する国連の会議を来年に招集するとした決議案を、圧倒的な賛成多数で採択しました。日本は唯一の戦争被爆国でありながら、米国など核保有国と歩調を合わせて反対しました。


 採決の結果は、賛成123、反対38、棄権16。核保有国5カ国(米英仏中ロ)のうち、中国は棄権し、他の4カ国は反対しました。韓国、北大西洋条約機構(NATO)諸国などは反対や棄権に回りました。 

44ざっとみて、多くの国は賛成しているが、米同盟国や核保有国の多くが反対に回っていて、日本が反対したより北朝鮮が賛成していることに驚く。

中国、インド、パキスタンは核保有が負担で、できればやめたいがそうもいかんと言うところで棄権かな? 

ま、いずれにせよ、日本共産党はほとんど影響力を持てなかったのだけは確かなようである。 

志位委員長、民進党に毒まんじゅうを食えと迫る

しんぶん赤旗

日本共産党の志位和夫委員長は27日の記者会見で、次期衆院選での野党共闘について問われ、次のように答えました。

 志位氏は「次期衆院選で市民と野党の“本気の共闘”を実現するために、他の野党と話し合っていきたい」と表明したうえで、「“本気の共闘”をやるうえで、民進党が連合指導部との関係をどうするのかという問題があります」と指摘し、次のように述べました。

 「この間、連合指導部は、民進党に対して、『共産党とは一線を画せ』と繰り返し要求しています。この連合指導部の要求にどう対応するのか。この要求に従う道を選ぶのか、それとも野党と市民の共闘に真剣に取り組む道を選ぶのか―このことがいま民進党に問われていると思います。ここは決断が必要です。ぜひ民進党が前向きな決断してほしいと考えています 

民主党の腰が据わっていないことに、いらつく志位たんが「我々の毒まんじゅうを食え」と迫っているようなものですねw

そもそも連合がここまで共産党を嫌うのにはそれなりの理由があるわけで、共産党の組織体質が変わっているならここまで連合も強くは言わないというか言えない。しかし変わってないからこんな露骨なアレルギーを起こされるわけです。

だから言ったでしょ?臨時党大会やって、激論して決めろって。本当に共産党が変わったんだと言うところを見せろって。それやらないからこうなるんです。
 
ま、今からでも連合に頭下げて和解の道を探るくらいならまだ見込みはあるが、そんなことまでしないでしょうね・・・・正しいのは常に自分たち。それが共産党ですからw 

共産党、小沢一郎に野党共闘が真剣でないと指摘される

産経新聞

自由党の小沢一郎代表は25日の記者会見で、衆院東京10区、福岡6区の補欠選挙の対応をめぐり、共産党が民進党に4党幹事長・書記局長会談の開催を求めていることについて「会談するのはいいが、何を話すのか」と述べた。その上で「共産党もパフォーマンスだけじゃダメだね。もっとピシッとしなきゃ。自分たちだけ世間的にアピールすればそれでよしとするなら、やったって意味ない」とも語り、野党間で早急に具体的な選挙協力に関する協議に入るべきだとの考えを示した。

 さらに、小沢氏は野党共闘の現状について「本当に一緒になって政権を倒す、政権交代ということなら、もっとみんな真剣にやらなきゃ」とも主張した。 

 
さすがは小沢一郎と言いたいところだが、共産党もかなり忍耐を強いられているのは確かなわけで、もろ手を上げてこの意見に賛成とは言わない。 しかしパフォーマンスの指摘は鋭いと言うか、共産党はこんなふうに見られているんだと言うことは強調しておかないとね。共産党的には一生懸命がんばっているのだろうけど。

煽ることしかやらないから馬鹿にされれるのであって、もっと頭の良いとこ見せる人が出てこないと・・・ でも党内には
ans-274585038
 

くち原亮大阪府議領収書問題、府委員会謝罪声明

しんぶん赤旗
大阪府委員会の声明

日本共産党の朽原亮大阪府議会議員は26日、議員辞職願を府議会議長あてに届けました。

 朽原府議は、確認できたこの5年間、「府政ニュース印刷代」「書籍代」を東大阪地区委員会に支出したとして、あわせて総額287万7048円にのぼる金額を領収書に自筆し、「政務活動費」からの交付を得ていました。

 しかし、府常任委員会の調査のなかで、実際に東大阪地区委員会に支払われた額より「上乗せ」した金額を自筆で書き込んでいた事実が判明しました。その差額は5年間で220万8525円にのぼり、朽原府議はこれを家計にかかわる出費に流用していました。

 これは党府会議員としてあるまじきことです。

 朽原府議は、その非を認めており、議員辞職するとともに、「自筆領収書」の総額を全額、府に返還することを表明しています。

 わが党所属議員がこうした問題を生んだことについて、日本共産党大阪府常任委員会としての重大な責任を痛感し、府民のみなさんに心からお詫(わ)びします。政務活動費について、こうした事態を二度と生み出させないことをはじめ、襟をただし、「政治とカネ」問題についていっそう厳格な態度をつらぬくものです。 

 
当初、金の出入りも確認せずに無罪判定してたことがバレたわけだが、 他の地方議員にも似たようなことやってる人はいるかも知れないね。

新刊「日本共産党大研究」発売



日本共産党が元気だ。共産党の勢いには相応の理由がある。例えば「政治とカネ」に対する毅然とした態度だ。舛添要一前都知事の「政治資金疑惑」では機関紙の赤旗が火付け役となった。国民の人気も高い。一方で政府・公安当局は「共産党は暴力革命を諦めていない」として破防法の監視対象から外していない。結党から創立94年を超えた共産党、その「躍進」と「不都合な過去」の真実に迫った。

著者は衆議院の公設秘書の経験のある方で田中角栄本などをこれまで出してこられた方。 惹句を見る限りはなんか退屈な感じがするが、帯にある隠された衝撃資料特別編集「日本共産党を読み解く14人のキーマン」が気になる。

それにしても産経のこれと紛らわしい。うろ覚えで買いに行ったら間違いそうである。区別のためにも、もう少し表紙デザインに工夫が欲しいね。

 

くち原亮大阪府議、領収書問題で辞職の意向




くち原議員の領収書問題は、以前にも書いたように自分の所属する地区委員会内に領収書書いてくれる担当者がいないので自分で書いた程度の話。小さな組織ではよくあることで別に白紙領収書を書いてお金を懐ぽっぽしたわけではない。

なので議員辞職しなければならないような問題とも思えない。本人の意向なのかも知れないが、ちよっと割り切れないものを感じる。 

追記
と思ってたら続報

これはいったいなんだったんだ?10月17日の日刊紙の赤旗15面の記事だ。
クリックしたら拡大するぞ。
大阪府委員会の嘘つきめ!
 スキャン 34

小池晃激おこ!民進党は票だけもらって何も返さないつもりか?

しんぶん赤旗
日本共産党の小池晃書記局長は24日、国会内で記者会見し、23日投開票の衆院補欠選挙(東京10区、福岡6区)での民進党の対応について、この間の4野党(共産、民進、自由、社民)間の合意に照らして「今回の補選のたたかいぶりはどうだったのか、速やかに4党書記局長・幹事長会談を開き、この間の経過について率直で真剣な検討を行うよう求めていきたい」と述べました。 

ということで、共産党は候補を下ろして協力しているのに東京十区では4野党の合同演説会に候補者自身が来なかったり、候補者が安保法制反対を明言しなかったとか不満たらたら、「政党間の信義にもかかわる問題だ」 と激おこ状態・・・そりゃ安保法制廃止のための野党共闘だから当然だわなw

実際のところ民進党は共産票や運動員の人手は欲しいが、他の支持母体との関係上、共産党と政治的に真剣に共闘しようとは思っていない。面従腹背もいいところであるから、いつもの共産党なら共闘解消を宣言しても良いところだ。

しかしここで野党共闘を潰してしまったら安保法制廃止など絶対に無理だし総選挙で小選挙区候補の当選など夢また夢の状態に逆戻りする。党員の高齢化や財政状況の相まって、ここで沈んだらもう二度と浮上できない懸念がある。

困ったものですなぁ・・・ 

衆議院補選、野党共闘完敗

しんぶん赤旗
小池晃書記局長の補選に敗北の言い訳

本日投開票が行われた衆議院補欠選挙で、東京10区の鈴木庸介候補と福岡6区の新井富美子候補は当選できませんでした。

 ご支持いただいた有権者の皆さま、野党の選挙協力を後押ししてくださった幅広い市民の皆さまに心からお礼申し上げます。野党統一候補勝利のために奮闘された支持者、後援会員、党員の皆さまに敬意を表します。

 日本共産党は、野党統一候補が安倍暴走政治と対決する「大義の旗」を掲げるとともに、野党が互いに信頼と敬意を通わせた「本気の共闘」に取り組んでこそ勝利できると訴え、そういう立場で努力してきました。選挙戦の全体を通じて、こうした点がつらぬかれたのかどうか、真剣な総括が必要だと考えます 

もっとはじけたこと言って笑わせて欲しかったが、わりとまじめな反省文である。まぁ普通に考えたら勝てない選挙なわけで敗北もしょうがないというばしょーがない。

とはいえ野党共闘の選挙戦は、他党の腰が引けていたり、そもそも組織的に脆弱でどうにもならんとかあって運動している主だった面々が共産党なわけで、現状共産党は損な役回りを演じている。

早ければ一月にあると言う総選挙で小選挙区共産党候補を何人か当選させたい立場からすれば今一生懸命恩を売っている段階と言えよう。しかし共産党ががんばって他党候補を応援しても勝てないとなると共産票は欲しいが既存支持者の票を失うのが怖い他党の連中は共産党に見切りをつけるだろう。

その意味でこの二選挙、勝てないまでも肉薄できればよかったのだが・・・この結果ではちょっと厳しいかな?
 

松崎いたる板橋区議、地区委員会から査問召喚される

某所より入電
板橋区議松崎いたるが地区委員会から査問の呼び出しを受けて、ビビってあちこちに相談を持ちかけている模様。容疑は、例の板橋ホタル館閉鎖に伴う阿部宣男たんとの裁判で戦うのが反党活動にあたるということらしい。

松崎いたるはホタル館の責任者であった阿部たんの仕事に疑義を持ち出しホタル館閉鎖に大きな貢献をしたが、阿部たんからウソつくなと裁判を起こされている。

で、いたるたんが対抗に使おうとしたのが阿部たんが提唱しているナノ銀除染がインチキだから阿部の言うことはインチキとやろうとした。そのためニセ科学(告発)界隈の左巻先生などに相談し、お墨付きを得て対抗していたのが、党からおまえちょっと待てと言われ、左巻たんも怒っている←今ここ

さて、どうなりますか推移を見守りたいが、リンク先の左巻きセンセ、共産党がニセ科学に対抗してくれる味方だと思っているのが大笑いw

いや、ニセ科学告発者としてこれまで良い仕事をしてこられた方だけど、政治面はやはりあまりご存知ないようで、ノーベル賞の益川先生同様これはちょっとなあという感じ。

あんだけ大きく報道されている豊洲市場に対する赤旗報道なんか見ていたら、左巻センセほどの人なら気がつきそうなもんだと思うんですけどねぇ。

 

赤旗、いま読み時です!だってもうすぐ読めなく(イカ略w

しんぶん赤旗
売れない日刊紙の宣伝ページ。
新潟編

「新潟のたたかいがこんなに1面で扱われたのは初めて。激励された」「全国的な位置づけが毎日実感できた」「『赤旗』の威力はすごい。支援・協力や募金の訴えがでれば次々に全国から反響があった」などの声が寄せられました。選挙中も取材する記者に「読んでいますよ」「赤旗、頑張ってますよね」の声がかかりました。

そうですかぁ
そうなると今月は新潟でさぞ購読者が増えるでしょうねぇ・・・1000人は軽いかなw? 

 

 豊洲市場編

いま東京都政を大きく揺るがしているのが、築地市場(中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転問題です。

 新市場予定地は東京ガス工場跡地のため、有害物質で高濃度汚染されていました。都はこれまで、「汚染土壌を除去して盛り土をしており安全」と繰り返し説明してきたことが虚偽で、盛り土をせず地下空間にしていた事実を告発したのが日本共産党都議団です。 

この問題なぁ・・・ない問題を共産党がねつ造して都政に嫌がらせしているとしか思えないんだよねぇ。共産党が言うたびに専門家の突っ込みが入るし、ものすごい地下水管理システムの存在を全く無視している。読者が馬鹿だと思ったら徹底してインチキを振りかざして煽っているようにしかみえない。

こんなことで2700億もかけて一日維持費用700万もする新市場が稼働できなかったら大失政もいいとこです。都民の財産を棄損しようとする報道に金を払うべきか東京の読者は本気で考えないといけませんね。 

共産党国会議員の質問って、ラクだなぁ

しんぶん赤旗
最近話題にも上らなくなった池内さおりたん

 日本共産党の池内さおり議員は19日の衆院内閣委員会で、「子どもの貧困」問題について取り組んできた神奈川県内の高校生に嫌がらせや中傷が相次いだ問題を取り上げ、「行政の施策が『手足』なら、高校生たちの取り組みは『魂』だ。バッシングは許されない」と、政府の考えをただしました。

 池内氏は、高校生や大学生らも含むメンバーで構成する「かながわ子どもの貧困対策会議」に参加した女子高校生に対し、インターネット上で「この生徒は貧困ではない」などの書き込みがあふれ、県にも嫌がらせの電話が殺到したことを紹介。「私はこの状態を大変に憂う。構造的に広がる耐えがたい貧困からの脱却は、精神論や個人の努力では果たせない。社会全体の取り組みにしなければならない」と訴えました。

この手のバッシングは見ていて不快なものだし、さおりたんの言うことも間違っているわけではないが、そもそもあのバッシングの質問としてはとってもちぐはぐですね。

バッシングしていた連中は貧困を非難していたわけではない。貧困でないのに貧困だと言っているように見えたことにカチンと来たわけです。しかし、専門家の目からするとそうではないということで、かの高校生に出演をすすめた人たち全員がショックを受けていると聞きます。

 ならばやることは、貧困の定義を明確にし、国民の理解を進める施策を求めることであって、「バッシングは許さない」なんてキーキーやってても効果はないわけですな。

国民の理解を進める施策と言っても実際やるとなると難しいですよ。おそらく誰もが認める貧困なんてのは、地上波で放映できないくらい悲惨なものとなるでしょう。それをあえて報道せよと迫っても当時者はそんなこと求めてなくて「やめてくれ」と言われるなんてぼくちんでも簡単に想像が付きます。

だからこそ「見えない貧困」だと言われるんです。
キャーキャー言うのはもうみんな飽きてますから、そろそろ見えない貧困をどう可視化するのかなんて提案をして欲しいものですな。年収二千万位ある国会議員さまなんですからw
 

「土人」じゃなくて「共産党」だったらどうなっただろう?

しんぶん赤旗
沖縄選出の野党国会議員5氏は19日、沖縄県東村高江で機動隊員が、抗議する市民に対し「土人」などと発言した問題で、国会で警察庁に抗議した上で、県外から派遣された機動隊の撤退と県民への謝罪を要求しました。 

昨日からぼくちんのタイムラインにたくさん流れてきているこの件、「土人」じゃなくて「共産党」だったらどう反応されただろう? たとえば「うるさいぞ共産党!」とかw

志位たん曰く共産党という党名には「ロマンがある」そうだが、現代の日本においては「共産党」が罵倒句として使われることがある。「おまえは共産党か?」とかw

かえって反対運動の参加者には喜ばれる。。。こたぁないかw




共産党の千島列島全島返還要求、焦りが見える提言内容

しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長は18日、国会内で記者会見を行い、12月に予定される日露首脳会談で、領土問題が大きな焦点になるとされているなか、「日露領土交渉の行き詰まりをどう打開するか――『日ソ共同宣言』60周年にあたって」と題する提言を発表しました。同日、発表に先だって、志位委員長は、小池晃書記局長、穀田恵二国対委員長とともに国会内で菅義偉官房長官と会談し、提言の内容を政府に申し入れました。 

ということで従来から言っている、北方四島のみならず千島列島全部返還を求める主張をしているわけだが、焦ってますね共産党w

12月にプーチンが日本にやってきて二等返還でも実現して、党大会開催月の一月に解散持ってこられたりしたら、どうあがいても共産党は勝てません。

党組織が弱体化していても、共産党以外の野党の敵失で今までは票を伸ばしてきましたが、それだけでは足りないと野党共闘を推進するも参議院で与党に2/3を占めさせるていたらくの昨今、ここで安倍政権の大金星が出たらちょっと勝てません。そうなると一生懸命安倍政権の金星の足をひっばる必要があるわけです。

幸か不幸か北方領土問題では共産党は千島全党返還と言う最も強硬派でありますから、二島返還を「生ぬるい」と言える立場に立っています。二島返還を実現されても、これでメンツが立ちます。よかったですね。

でも得票減は避けられないと思いますけどw 

新潟知事選、自民に衝撃!やるなら一月解散・総選挙か?

しんぶん赤旗
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が大争点となった16日投票の新潟県知事選で、市民と野党の統一候補・米山隆一氏が自公推薦候補を打ち破って当選を果たしたことに、自民党内に大きな衝撃が走っています。その危機感は、今後の野党共闘に向けられています。(中祖寅一)

自民党内からは「野党共闘が勢いづくのが一番怖い」という声が出ています。ある閣僚経験者は「野党共闘がいっそう強くなっている。共産党を中心に強力だった。衆院選挙に向けて、どのような選挙構図になっていくか注視する」と述べます。新潟県連関係者は「組織力・機動力の担い手は共産党だ」と共産党の存在に注目します。「産経」も「次期衆院選へ共闘加速 共産存在感」と報じています。

 衆院の解散戦略をめぐり自民党関係者の一人は「新潟で勝ち衆院補選で勝って解散へ、というシナリオは崩れた」と述べます。他方、「早期解散が強まる可能性もある。民進党の人気が上がらず、共闘の体制が整う前に仕掛けるという考え方だ」(閣僚経験者)との見方も示します。 

共産党のように負けるのが当然とな党と違って、常勝政党は一個落としたらくらいで大きな衝撃を受けるのですねw

共産党の存在感を打ち消すにはやはり党大会のある一月解散が一番狙い目でしょうが、民進党の人気が思ったほど上がってないので見送る可能性も大きそうな気がします。


 

チャンネル桜の超長編対談・日本共産党とはなにか?



3時間の超長編!長いので音声だけ引っこ抜いてiPodなんかに取り込んで通勤時間などに聞くのが吉ではないかと思う。7回大会とか8回大会の話題なんかも出ていてなかなか本格的です。

出てくる人は

小川義男(狭山ヶ丘高等学校校長)
 篠原常一郎(元日本共産党国会議員秘書)
 杉田水脈(前衆議院議員)
 藤岡信勝(拓殖大学客員教授)
 筆坂秀世(元参議院議員)
 馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
司会:水島総 


杉田水脈たんの、この対談をテーマにした文書はこちら
 

新潟知事選、野党共闘候補勝利

しんぶん赤旗
新潟知事選挙で野党統一候補米山氏が当選。共産党が応援する知事が当選したのは21世紀では沖縄と今回の新潟 くらいではないだろうか?

今回の選挙では民進党の足並みが乱れ自主投票となり、中盤までは共産党単独候補のようだったと聞くが、終盤には民主党の国会議員が入って、若干劣勢だったところを逆転した模様だ。

民進党がこんなていたらくでも勝てたのは、共産党のおかげである。ますます共産党の民進党における「公明化」がすすむだろう。

 

ブーメラン!共産党も白紙領収書やってました!

産経新聞

共産党大阪府議団の朽原亮幹事長が政治活動費として支出した領収書のうち、同じ筆跡で金額などが書かれた領収書が平成25−27年の間に計23枚、約121万円分あることが15日、分かった。朽原氏の事務所側が書いたとされる書類と筆跡が酷似しており、朽原氏は産経新聞の取材に対し、領収書は自分で書いたことを認めた。

領収書は共産党大阪府議団のホームページで公開されている。それによると、朽原氏は25年6月30日に「日本共産党東大阪地区委員会」に「府政報告ニュース印刷代」として14万4000円、8月31日に「あづま書房」に「デフレ不況脱却の賃金政策」などとして6195円を支出した。

 この際に受け取った領収書の「¥」マークや宛名の「亮」の筆跡が酷似しており、この2団体に支出した同様の筆跡の領収書が複数見つかった。2団体は同じ住所、電話番号だった。


おそらく懐ぽっぽはしていないと思うが 、共産党がこの手のブーメランやるとは思ってもいなかった。

自分も東大阪地区委員会の所属で、ふだんは党と一体化しているから形の上だけ書類を調える必要かあって、人に頼むのもなんだから自分で書いたと言うのが実際のところだろうから不正のために白紙領収書を使ったわけではないと思う。しかし、この時期にここを突っ込まれるのは痛いわねぇw

明日新潟で野党統一候補が負けると民主主義が死ぬそうですw

しんぶん赤旗
きょうの潮流
あのとき、開票率は99%でした。先の参院選で大接戦の新潟選挙区を制した野党統一候補の森裕子さん。当確後に発した第一声は「民主主義は生きてました」▼相手は自民現職で安倍政権の最重点区。首相みずから3度も新潟入り。菅官房長官にいたっては日本人を含むダッカ人質事件の最中に応援に駆け付け、批判を浴びました。最終的に2千票余りの勝利。森さんは野党と市民の大同団結が大きな力を発揮したと▼あす投票の新潟県知事選もたたかいの構図は同じです。安倍自公、財界丸抱えの候補と県民共同の米山隆一候補との大激戦。相手陣営は「県庁に赤旗」といった使い古しの反共攻撃で分断を狙いますが、そこは試され済み。共同の反撃で逆に追いつめたい

二者択一でほとんど差がない、ギリギリの戦いってのは、 どちらの支持数も拮抗していて勝ったからと言って負けた方を無視できる数字じゃないんだが、自分たちだけが民主主義の担い手だと考える日本共産党が推す野党統一候補が負けると新潟で民主主義が死ぬそうです。ほんとに死ぬのかぜひ見てみたい気もしますw

それとお笑いを一席
 


いくら同じ共産党の人のだと言っても、パクりはいかんでしょwリツイートしてあげなさいよw

雑誌「歴史通」で日本共産党はシロアリと呼ばれる



ワックの出している雑誌の渾身特集に「赤い白アリ甼産党の正体 仕掛け人を炙り出せ」とあって、屋山太郎、桜井よしこ、えのくちじゅん、千葉麗子まではこの特集だと思うが、それ以下の古森義久はマッカーシズム、草野徹は金正恩と習近平がネタなので、たぶん上記4人だけが特集の内容なのだろう。

気になるのは、えりくちじゅんとおっしゃる方。検索してみると88年に小説やエッセイを4冊も出している作家さんらしいのだが、同名の別人かも知れないと思う程度。 

それにしても仕掛け人をあぶりだせって、そんなの不破哲三に決まってるじゃんw 

共産党の歴史は優秀な人材を追い出す歴史である。

今日の潮流
アンジェイ・ワイダ監督をネタにしたエッセイだが、最後が笑える。

日本の精神文化に大きな影響を受けたというワイダ監督。彼の作品を紹介した岩波ホールの故高野悦子さんとの対談で私たちの社会にこんなことを。「ほんとうの意味での日本の産業、文化をおもうのであれば、もっと日本の過去に戻ってみるべきではないでしょうか」。現代から過去を見つめ、未来を照らした名匠の提言です。 

本当の意味で日本共産党のことを思い、自民党打倒を願うならば、日本共産党の過去に戻ってみましょう。ということで定番の党史を下で挙げるが、たとえば終戦直後、共産党員にはこんな人たちが続々入党していた。

渡辺恒雄、氏家齊一郎、堤清二、高丘季昭、徳間康快、高垣佑、網野喜彦、武井昭夫、沖浦和光、力石定一、野間宏などなど。この中で趣味者的に無名だと思われる高丘氏は西友の会長、高垣氏は東京三菱銀行最後の頭取で三菱東京UFJ銀行の初代頭取だったりします。

こんだけすごい人材をそろえていたら、それだけで天下を取れそうな感じですが、そんな人たちを見事に追い出してきたのが共産党の歴史なんですよね〜w。その他の年代にも他の分野に転じてその分野の成功者とか重鎮になった人は数知れず・・・つくづく日本共産党は優秀な人を留め置かない、流出させる政党だと思います。そんだけ人材が豊富だったから今の栄光があるのですね・・・あれw?



 

最近の学生自治会で思った疑問

まなぞうドットコム
日本女子大学を本気で変えようとした話

休学して海外を見て回りたいと考えたポンジョの学生が休学しようとすると「休学費」66万円を要求されて、値引きに挑む話・・・実はぼくちん、休学するにも金が要るって初めて知った。

で、窓口で断られる→各大学の休学費について調査→大妻女子大で学生が要望書を出して学則を改定して80万円が20万円になったのを知る→学生総会で拍手喝采されて9割の賛成で決議成立→嘆願書提出するも減額認められずということになったのだが、ぼくちんあれ?と思ったのは

学生総会で決議したなら、交渉主体はこの学生ではなく、学生自治会であるはずなのに全く動いた形跡がないことだ。学生総会で決議したならこれは個人の要望ではなく全学生の要望として認められるわけだから学生自治会が交渉の窓口になる。こんなこと自治会運営の基本の「き」だ。

実際、自治会が窓口になったら大学側も学生個人の要望と片づけるわけにはいかない。実際ぼくちんも委員長時代二つほど学則改正を伴う要望を出して通した。 そのうち一つは学生総会も通しておらず、一学生が困っているのをみかけて、同じことが再び起きないように提案し、教授会が認めた。

 今も学生自治会はセクトでない無党派はけっこう残っているのだけど、手続きや交渉のノウハウは継承されてないのだろうか?

もややヤケクソか?共産党の千島列島返還要求

しんぶん赤旗

日本共産党の小池晃書記局長は11日の記者会見で、ロシアとの領土交渉をめぐり歯舞(はぼまい)諸島と色丹(しこたん)島の返還合意で平和条約を締結するという案が政府内で浮上しているという報道について問われ、「先行返還はありうるが、その場合も、決して『平和条約』を結んではならない」と強調しました。

 日本共産党はこれまで一貫して、全千島の返還を求める立場で交渉を進めるべきであると主張。歯舞諸島、色丹島については、そもそも千島列島には含まれない北海道の一部であり、平和条約の締結を待たずに早期に返還されるものであると主張してきました。

 小池氏は、歯舞諸島、色丹島の2島返還で合意した場合、ロシアと何らかの条約を結ぶのであれば、友好条約などの中間的な条約にすべきだと強調。「2島返還で平和条約を締結してしまうということになると、国境線を画定することになり、それ以上の領土交渉の道が閉ざされる」と指摘。「日本共産党は、全千島が、本来、日本に返還されるべき領土であるという立場だが、2島返還で平和条約を締結してしまうと、政府がいう国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の返還まで不可能にする道に進んでしまう」と強調しました。 

日本共産党は以前から千島列島全て返還を主張してした。日本が要求しているのはあくまで四島でその他は放棄すると言ってたわけで、共産党がみんな返してもらうと主張するのも、相手がソ連なら少しは現実味はあったろう・・・日本で共産革命が起こった暁にはと言うことでw

今回の日露交渉は、これまでの四島返還後友好条約という北風政策を日本が転換し、友好条約結んでから返還という道筋をつけようとしたらロシアが即刻乗ってきたわけでぼくちん進展ぶりに驚いているところなのだけど、そんな時節にこんなこと言ってちゃ日露ともに嫌がられるのは必定。

もうヤケクソなんかも見知れないね。。。 

党員に赤旗買ってくださいと懇願する共産党に筆坂英世たん呆れる

JBPRESS
平身低頭で党員に「赤旗」購読を呼びかける共産党
サブタイトルは「赤旗を読まない共産党員などありえなかったが・・・」

ということで、読者諸兄には先刻ご承知のことだが、どんだけ党生活の三原則の一つ、赤旗を買って読むを果たさない党員が多いかを嘆く記事。一番キツイのはここだろう。

実際、今年の8月28日共産党書記局から、「党員のみなさんに、『しんぶん赤旗』日刊紙の購読を心から呼びかけます」という文書が出され、翌日の「赤旗」に掲載された。前代未聞のことである。党員ですら「赤旗」日刊紙を読んでいないというのは、共産党にとって恥ずかしいことだ。まさに恥も外聞もなくである。

昔なら、読まない党員は離党させてきた。だが離党させると党員はますます減ってしまう。党員に向かって、「心から呼びかけます」などと平身低頭でお願いしているのである。こんな革命政党があるだろうか。ブッラクジョークである。この実態のどこが「空前の条件」なのか。

 ところが事態は、さらに深刻になっているようだ。なんと今年の7月、8月で「赤旗」日刊紙が3万5000部、日曜版が7000部も激減したというのである(『週刊新潮』)。もはや「大運動」なるものが大失敗に終わることは確実だと言わねばならない

日刊紙を読めという呼びかけは、過去にもあったような気がするし、 週刊新潮と同様日刊紙と日曜版の減紙部数を取り違えているが、今読まない党員を離党させたら10万人くらいは党員数が減るでしょうね。いやでもそれくらいしてもいいと思うけどな。


 

市田忠義熱弁の革命スピーチ、聞いていたのは20人くらいw?

しんぶん赤旗

日本共産党の市田忠義副委員長は8日、山形市と山形県鶴岡市で開かれた党を語るつどいで、日本共産党への入党を呼びかけました。

 市田氏は、参院選について、全ての1人区で野党共闘が実現し11の選挙区で勝利し、山形では統一候補の舟山康江さんが勝利するとともに、比例代表でも35市町村中33自治体で3年前の得票を上回ったと指摘。共産党は改選3議席を6議席に伸ばし得票も601万票獲得したと述べました。戦後初めて市民と野党が力を合わせ全国的規模で選挙協力を行った市民革命的で画期的なことだと強調しました。 

読者には先刻ご承知のことだが、革命というのは権力構造が完全にひっくり返されることを意味するわけで、民主党が政権後退した時だって権力構造はそのままだから革命だなんて言われなかった。それが一人区で少し勝てたくらいで革命と呼ぶなど失笑きわまりないが、 そんなことは共産党の支持者も先刻承知のようである。

鶴岡市は13万近い人口がいるけども、党を語るつどいの参加者はざっと見て20人ほどだろう。国民が革命の熱気にあふれているなら、多分あると思う鶴岡市民会館大講堂をいっぱいにしても座席が足りず、何百人もの入党申し込みがあって、党組織はきりきり舞いしているはずである。

市民革命的で画期的な情勢で入党者3名とは・・・・ここ笑うところでしょうかw?
下は中高生向けのですけど、過不足なく簡潔に書かれているのが評判でロングセラーになっている本。一度市田忠義たんもお読みになってはいかがでしょう?



 

TeNネットワーク2016、共産党フロント団体とバレちゃったw

しんぶん赤旗
自民党元衆院議員の小池百合子都知事の議員辞職に伴う衆院東京10区補欠選挙(11日告示、23日投開票)で、野党と市民の共同候補の擁立を進めてきた市民団体、TeNネットワーク2016(TeN16、森田彦一共同代表)は8日、都内で記者会見を開き、野党統一候補となった鈴木庸介氏(40)=新、民進党公認=と10項目の政策協定で合意し、推薦候補として支援すると発表しました。鈴木氏が野党統一候補となったことを受けて、日本共産党の候補だった岸良信氏は立候補を取り下げ、鈴木氏勝利のために奮闘する決意を表明しました。 

民進と共産党が政策協定を結ぶのではなく、 民進の候補が市民団体TeNネットワーク2016と政策協定を結び、それに共産党が無条件で従うという・・・・市民団体TeNネットワーク2016だなんて、いかにも中立っぽい体裁をとっているが、政策協定を結ばないといけないところといい、共産党が何の抵抗もなく降りるところといい、この団体は共産党を表に出さないための、共産党のフロント団体だということが明白になりましたw

でもねぇ、なんで共産党なの隠すんですか? 

赤旗が筆坂英世を紙面に載せる日は来るか?

ニュースポストセブン


この雑誌の記事の一部で、上杉隆と筆坂英世の対談
 

上杉:敵対関係に見える自民党と共産党は、実はつながりが深い。自民党にとって赤旗は党内派閥や大手メディアと違い、「永遠の敵」で利権が重なりません。自民党関係者が、党内の政敵を蹴落とすため、赤旗に情報を流すこともある。

 自共で言えば、近年は野中広務氏ら自民党重鎮が次々と赤旗に登場しました。政治の本質は権力闘争であり、政権を取ることが最大の目的ですが、共産党は現状では絶対に政権を取れないので、真の脅威ではない。だから彼らが赤旗に出て、ガス抜き的に政権批判をしても全然問題にならないんです。

筆坂:自民党の重鎮が登場すると赤旗は妙にはしゃぎますね。でも、もし僕が自民党機関紙に登場したら、赤旗は「裏切り者!」って激しく批判するだろうね(笑)

昔は自民党議員に赤旗をとる人は多かった。赤旗にかかれるのは嫌なのもあったが、ライバルをけ落とすネタが赤旗に載っていることもよくあったからだ。今はどうか知らないが、記事の品質が落ちてるのでだいぶ少なくなったろうなぁ。

なんて考えていて、ふと思った。筆坂氏が赤旗に登場する日は来るのだろうか?別に筆坂氏でなくても過去除名、除籍された人たちが紙面に出てくるようになったら自民党重鎮が出てくるよりはるかにインパクトがある。周囲の騒ぎ方は野中や古賀どころではなかろう。

何度注意してもウソつくのがやめられない共産党

しんぶん赤旗・今日の潮流
横田基地の話

戦後71年の今なお、広大なこの土地が占領されている事実にがくぜんとします▼一歩外に出れば、基地沿いを走る国道は慢性的な渋滞です。フェンス際までびっしりと民家が立ち並び、人々は昼夜分かたぬ爆音に苦しめられています。「まるで沖縄の普天間基地みたい」。少なくない人は横田基地を見て、そのような感想を抱くといいます

過去何度も書いたけど、横田基地ができた頃って周囲は田んぼばかりで、後に横田基地の回りに家が増えてきたわけてす。家が先にあって基地が来たわけではなく、基地の周りに家ができたのですから騒音公害などというのは戦前から住んでいたわずかな人しか言う資格がありません。

それに基地がなくなれば交通渋滞が減るというのですか?広大な基地跡に家にせよ商業施設にせよできてしまったらますます交通渋滞ひどくなるくらい誰でもわかりますけど?

何度注意してもこんなアホっぽいことを書き続ける。だから新聞が売れないんですw

 

衆議院補選で野党統一候補擁立も本選は未だ・・・

しんぶん赤旗
東京十区、福岡6区補選に野党統一候補を立てるのを決定したニュースだが、

 また小池氏は会見で、今回の対応について、補欠選挙に限っての特別の対応であり、総選挙の選挙協力では、お互いに候補者を推薦しあう本格的な相互支援が必要だというのが日本共産党の方針であることを、会談で表明したことを明らかにしました。

いやぁ、野党共闘大成功というならさっさと総選挙でもやるのにどこの党も抵抗ないはずだが、現実はこんなもん・・・・野党共闘に対する他の野党の警戒心はなかなかのものですね。

それでも最後には共産党の票欲しさに、野党は屈するとぼくちん見ていますが、どうなるんでしょうか?
党大会と総選挙がかぶる可能性も含めて、全く先が見えませんねw 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ