日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2016年03月

池内さおりは、水着と下着の区別がつかない?

しんぶん赤旗

日本共産党の池内さおり議員は11日の衆院内閣委員会で、女子高生の性を売り物にする「JKビジネス」や、アダルトビデオ(AV)出演強要の被害女性の実態を告発し、「魂の殺人」とも呼ばれる性暴力を根絶する体制をつくるよう求めました。

 池内氏は、性交を強要されたことのある女性が約340万人にも上る異常な状況を指摘。特に、「JKビジネス」と称し、女子高生らを下着姿で接客させる「ガールズ居酒屋」などが横行し、少女たちが性交を強要される危険にさらされている事態を示しました。 

ガールズ居酒屋ってのは初めて聞いたが、 調べると主に水着で接客する居酒屋らしい。みんな水着というわけでもなく、露出の大きい服装で接客する場合も含まれているようだ。しかしgoogleの画像検索をしてみても下着で接客している例はなさそうである。

折しも安倍総理が「保育所」と「保健所」を言い間違えて訂正してもブイブイ言ってた共産党、その共産党のは、水着と下着を言い間違えていたのだろうか?あるいは池内さおりは水着と下着と下着の区別がつかないのか?

なんてことも思うが、訂正が入っていないところから見ると、おそらく真実はこうだろう

この記事に挙げられているAV出演強要と同じく、ごく少数の例外をいかにもみんなやっているかのごとくほらを吹いているとw。国会議員が事実確認もせず、していてもいかに対象を悪く印象づけるためにウソ同様のほらを吹いているとw

「ほらふき男爵の冒険」は楽しいほら物語だが、池内さおりのはうっとおしいほらだ。


 

小池晃の言いがかりに、「堺市は日本のペニス」を思い出す

産経新聞
安倍晋三首相は11日午前の参院本会議で、待機児童の解消に関し「保育所」と答弁すべきところを「保健所」と誤読した。首相は「保育所」と言い直したものの議場が騒然となった。共産党の吉良佳子氏の質問への答弁。

 これに対し、共産党の小池晃政策委員長は11日の記者会見で、「子供を保育所に預けた経験があり、苦労した経験がある、あるいはそういった苦労している人の声に耳を傾けたことがあれば、保育所を保健所と言い間違えることはない」と批判した。

 小池氏はこれとは別に「こういう問題で苦労していたら、あまりああいう言い間違いはしない」と語り、「耳を傾けたこと」の部分を省いて首相を重ねて批判した。首相には子供がいない。


 小池氏は首相の誤読について「お疲れなのかなあという感じを受けたが、疲れたで済まされる話ではない」と強調。「(待機児童問題について)本当に真剣に 向き合う姿勢なのかなという感じがする」と述べた。同時に「言い間違いだということですぐに訂正したので、これ以上責任を追及することはない。首相にはき ちんと答弁していただきたい」と注文を付けた。 

こんなこと言い出すと、赤旗編集部は堺市市民の苦労に耳を傾けたこともなければ、改善に苦労したこともないと白状したようなものである。そして思い出すのが「堺市は日本のペニス」事件だったりする。
ペニス 
追記
こういう意見もある。
 

「共産主導」と言われるのは攻撃らしいw

しんぶん赤旗

日本共産党の志位和夫委員長は10日の記者会見で、自民・公明の与党が、参院選での野党統一候補を“野合”“共産主導”などと攻撃していることについて問われ、正面から反論しました。

 志位氏は、与党による攻撃は、「野党共闘に対する危機感、脅威と感じていることの表れだ」とするとともに、「中身は陳腐そのものだ」と述べました。

 志位氏は、“野合”攻撃について、「私たちは安保法制=戦争法廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、与党が破壊した立憲主義の回復という国民的大義のもとに協力している」とキッパリ。

 “共産主導”について、「野党協力は5野党によるものであり、市民の運動が加わっている。どこか特定の政党が“主導”などとのレッテル貼りは現実を見ないものだ。あえて主導しているのが何かといえば、それは戦争法を廃止してほしいという市民の運動、国民の運動だ」と強調しました。 

いやぁ、共産主導と相手が批判するのは当然だが、それを攻撃ととするのはさすが共産党でつw 

共産党が国民連合政府をぶち上げて、これまでにない譲歩をしたからこそ野党共闘が注目されたわけで、いくら市民主導の運動に共産党が乗っかかったといえども、共産党が先陣を切ったのは間違いないから、これは敵からの褒め言葉だと思わないといけない。

「我々は市民主導の運動に乗っかかっているだけなんですが・・・『共産主導』と言われるほど我々は力がありませんから」なーんて謙遜して頭をかいておれば余裕を見せられるのに、 何でもかんでも反共攻撃だーという癖が抜けない日本共産党。攻撃されてないと不安なんでしょうwww

徳島・四国選挙区で統一候補擁立決定

しんぶん赤旗
参院徳島・高知選挙区(改選数1)で、戦争法の廃止をめざす徳島、高知両県の市民団体「オール徳島」「高知憲法アクション」と日本共産党、民主党、社民党、新社会党のオール野党4党、民主党推薦の弁護士、無所属予定候補の大西聡(そう)氏(52)が9日、徳島市内で一堂に会し、野党統一予定候補を大西氏に一本化する合意確認書に調印し、発表しました。 

最初二選挙区で同時に決まったのかと思っていたら、徳島・高知が定数1の選挙区になっていたんですね。一票の格差は問題ではあるが、これも問題だろと思うのだが、それはそれとしてこれで4選挙区目か。

ここまで来るとそろそろ民主党系の候補を下ろして共産党系候補を持ってくることもあっていいと思うし、高知は比較的強い地盤が共産党にあるからここは共産党候補を持ってきても良かった。でも6年前の比例候補中最低だったから、下ろした方が得策と判断したか?

共産党門真市議団お手柄ふところぽっぽ事件、3/11に判決

いうことで、決着がつくかな?

 大阪府門真(かどま)市議で「革命21」http://www.com21.jp/ の戸田から
各方面のみなさんへ。 (拡散大歓迎!) (重複の節はご容赦)

 戸田が門真市共産党4議員を名誉毀損・損害賠償」で提訴した
「門真市共産党のハレンチ事件!」の賠償請求裁判ほかの最新情報です!
          (賠償金150万円+機関紙やHPでの謝罪文掲載を請求)
 戸田HPでの特集は
        http://www.hige-toda.com/_mado08/kakikomi/20120908.htm
===================================

★「門真市共産党議員団ハレンチ事件」民事賠償裁判、ついに3/11判決に!
  3/11(金)、午後1時〜 大阪地裁809号法廷にぜひ多くの傍聴を!


     ※「あの3・11」に判決とは、ちょっとなんですが、仕方ない。
  @傍聴者には戸田から「戸田作成の貴重な資料」や琉球新報などを進呈!

 奇しくも3/1判決前日の3/11(木)は戸田の3月議会一般質問の日で、
  <件名5:自治基本条例と共産党議員団の説明責任拒否姿勢について>
 も質問します! (朝10時から)こちらもぜひ傍聴に来て下さい!
  @傍聴者には「戸田の質問原稿」を進呈!
     ↓↓↓ 続きを読む

介護報酬引き上げの前に介護事業者の事業モデルがどうなっているのか調べたら?

しんぶん赤旗
衆院本会議で8日、政府提出の雇用保険法等改定案に加えて、日本共産党、民主党、維新の党、生活の党、社民党の野党5党が共同提出(2日)した介護職員等の処遇改善法案が審議入りしました。

答弁に立った共産党の高橋氏は、労働者が慢性的人手不足と離職に悩み、他職種に比べて月額約10万円低い賃金におかれている現状を告発。「本来は介護報酬改定で抜本的な処遇改善を行うべきなのに、昨年4月、2・27%の報酬引き下げが行われ、事業者に深刻な影響が出ている」と、政府の社会保障削減路線を批判しました。そして、「法案は、優れた人材を確保し介護・障害福祉サービスの基盤を立て直す一歩である」と強調しました。 

介護職の低収入について言われるとき、いつも思うのだが、 処遇改善はいいとしてもその前に介護職に国から出しているカネがちゃんと行き渡っているのかを見ておく必要があると思う。

介護事業自体は儲かると思われているから、今でも新規参入が絶えない。ワタミがリストラして介護事業を売るときもすぐに買い手がついた。それほど事業としてうまみがあるのに介護者報酬が低いと言うことは、 何か収益モデルに問題があるのだ・・・たとえば役員の報酬が高すぎるとか。

一部に介護事業でそこそこ給料を出し離職率も低い企業もあるわけで、そこと他の会社とどこが違うのか、キチッと分析する必要があるのではないか?でないと報酬を上げるためにカネを出してもどこかに消えてしまうなんてことは十分あり得る。 

共産党は民医連を持っているのだから、他の政党よりこの手の調査能力は他党よりも高い。その能力を活かすことなくただ介護報酬引き上げばかりを言っているから馬鹿扱いされるのだ。 

共産党、民共共闘で長野県選挙区候補を下ろす

しんぶん赤旗
夏の参院選に向けて選挙協力を協議してきた日本共産党長野県委員会と民主党長野県総支部連合会、民主党杉尾秀哉選挙区予定候補の三者「政策協定書」調印式が7日、長野市内で行われ、選挙区候補を杉尾氏に一本化することを発表しました。共産党の唐沢ちあき選挙区予定候補は同日夕に会見し、「統一候補実現を歓迎する。しっかりスクラムを組み勝利に全力を挙げる」と述べるとともに、新たに比例候補として力を尽くすと意気高く語りました。 

熊本、宮城に続いて3番目だが、枝野発言を鑑みれば、おそらくこれが最後なのだろう。

ということで、参議院選の趨勢は確定したようです。 

吉良よし子、保育園落ちたで高収入を突っ込まれる

ちなみに
吉良タン、旦那も議員報酬は高給だからから、世帯としては党への寄付額1000万円超えるかもね・・・

共産党、成人式で赤紙配る

もはやコメント不要だろう
 

民主枝野幹事長、「野党共闘は、おそらくここまで」宣言

朝日新聞

参院選の勝負どころの1人区。自民党、安倍さんの進んで行く道では危ない、と思っている勢力が(与党と)一騎打ちになるという構造にしなければ勝ち目がない。そのために、できることがあればお互いにやりましょうと、これが5党合意です。党によって、(衆院選での選挙協力など)もっといろんなことをこの枠でやりたいという提案はありますが、民主党として、いま合意しているのはここまでであるし、おそらくここまでだろうと思っております。(6日、さいたま市での講演で)

 
共産党と組むメリット、デメリットを秤にかけると、批判される、負けるとわかっていてもこれ以上組みたくないと言うことだね。以前から言っているように、共産党がチキンと党内協議をしてこれまでの総括を行い、党大会で議決して反省しているのを党内外に明確に主張してから野党共闘や国民連合政府構想を発表すべきだったのだ。

共産党だけが漁夫の利を得る船に乗りたくない、乗るべきではない。当然の判断だと思う。

京都三区、選挙共闘困難に

京都新聞

自民党本部が公認候補を立てない「不戦敗」を決めた衆院京都3区補欠選挙(4月12日告示、24日投開票)で、民主党と共産党の「野党共闘」が実現するかどうかに注目が集まっている。民主は自民支持層の取り込みを意識して共産との連携を避ける。共産も京都で強い基盤を持つだけに、擁立見送りは簡単ではない。両党を含む野党5党は国政選挙の協力で合意しているが、京都での共闘実現は先行き不透明だ。

補選に民主公認で立候補する泉健太衆院議員=比例近畿=は5日、野党共闘を求める市民らの集会に出席したが、「京都では、共産と連携することにならない」と言い切った。日米同盟や自衛隊などへの考え方を例示して「根本的な理念や政策が違う」と述べ、話し合いの場を持つことさえ否定した。

ここまで距離を置くのは、共産との共闘で保守票が離れる恐れがあるからだ。 
中略

仮に今回の補選で候補擁立を見送ったとしても、支持者に泉氏への支援を呼び掛けるのは骨が折れそうだ。野党共闘に積極的な党中央に対し、府委員会幹部は「共闘が進む他地域と京都では事情が違う」と複雑な心境をのぞかせる。

 夏の参院選京都選挙区(改選数2)では民主とも議席を争うため、擁立見送りが京都での党勢拡大に影響する可能性もある。京都3区内のある共産地方議員は「支持者には、民主と共闘しても『党の将来にどうつながるのか見えない』という不安がある」と指摘する。 

共産党としては、 ここまでコケにされたら独自候補出すしかないっしょ?どうせ負けるけども、負けが見えているのはいつものことだしw

しかしここで候補擁立を見送るのも悪くない選択だ。共産党が耐えがたきを耐えるイメージがつくから、これまで野党共闘を潰してきた実績を知らないSEALDs界隈にアピールはできるもんねw


日本共産党、泥憲和を演説会に招聘

しんぶん赤旗

日本共産党西播地区委員会は5日、兵庫県姫路市に市田忠義副委員長・参院議員を迎え、戦争法廃止と国民連合政府実現に向けた演説会を開きました。

 元自衛官の泥憲和(どろ・のりかず)さんが日本共産党への期待を語り、金田峰生参院兵庫選挙区予定候補が参院選勝利への決意を表明しました。

泥氏は「自衛官も共産党を信頼している」と話し、戦争法廃止の原動力として日本共産党に大いに期待していると述べました。 

この泥憲和という方、 ネットで元自衛官を名乗る有名な方なのですが、自衛官としてのキャリアが謎で「ホントに自衛官だったのか?」と疑惑を持たれている人物なんですな。

疑問の声としては、
42年間自衛隊にいた」→自衛官の定年は56歳なので、よほど出世するか何かがないとそんなに勤められない とか、「防空ミサイル部隊」とか自衛隊に存在しない部隊の名前を言うとか、銃の知識がないとかさんざんな言われようであります。

そういう人を天下の公党(笑)が応援に読んでもいいんでしょうかね?いや、日本共産党がインチキ政党だというなら、それでもいいんですが(笑)

 

SEALDs界隈の分析本がまた出た

本日アブしたエントリの関係で「高校紛争」のリンクを張ろうと著者名で検索すると、こんな本が引っかかった。


ということで、もうすぐこんな本が出るらしい。
反安保法制、反原発……。国会前のデモなどで、若者以上に目立っているのが60、70代のシニア世代だ。
若い頃、世の中に反旗を翻したものの、その後は体制に順応したはずの彼らは、なぜ再び闘っているのか。
同窓会? 再びの世直し? 新集団をめぐる「人間ドラマ」を追った。 


 
以前これを紹介したが、SEALDs界隈の分析本がこれから何冊か出てくるのかも知れない。

愛媛県の学生の政治活動に関する通達、共産党が批判

昨日の赤旗
愛媛県の公立高校でこのほど、生徒がデモや集会などの政治活動に参加する際に、「許可・届出」制を導入するなどの校則改訂の動きがあることがわかりました。愛媛県教育委員会(県教委)が校則の“ひな型”まで示して、各学校長に改訂を指示していました。 (野村説)
中略
そこでは、海外旅行やキャンプ・登山等に行く場合と同様に、「選挙運動や政治的活動への参加」の場合にも「許可・届出」が必要だとし、「1週間前に保護者の許可を得て担任に届け出る」「18歳未満である場合には許可されない」「校内での選挙運動や政治的活動については、原則禁止」と付け加えています。

今ごろこの記事に気がつくぼくちんも馬鹿なのだが、 それはそれとして、共産党がいかにアレなのかをこの記事は象徴している。


もともと高校生の政治活動は自由である。生徒会の活動なんか。意識はされていないだろうが純然たる政治活動だ。それを禁止する学校はない。にもかかわらず高校生の「政治活動」が原則禁止とされていたのは、1969年に高校生の大反乱があったからだ。要するにここでいう政治活動の禁止とはロックアウトや授業ボイコットなどの実力行使を言う。 だから校内での活動を禁止するのは学校としては当然だ・・・しかし生徒が従うかどうかは別問題である。

で、校外の活動も規制はしないが、どんなことやるのか知りたいのは当然だろう。で、生徒がそれはいかんと思うなら、生徒会が主体となって校則を変えるのが筋というもの。

で、最後に出ている大平喜信トカイウ衆議院議員のこの発言は、アホですか?

 文科省は昨年10月、高校生の政治活動を制限・禁止するという新たな通知を出しました。届け出制はこの通知を具体化したものです。実施されれば、「いつ、どこで、何に」と、学校に主催者なども含めて伝えることが強要され、高校生の内心の自由が根本から脅かされます

規制を緩和したのに、なにこれ?しかも届け出したら内心の自由が脅かされるって何?じゃ共産党はデモの届け出するとき内心の自由を脅かされているのかw?アホかw!

自分たちが高校生を使っていろいろやりたいからこういうことを言うのだろうが、そういうのを認めると在特会支持の学生が学内でビラまいたりするのを認めなければならなくなるのをわかっているのか、お・ま・え・ら・は・?

批判するのは自由だが、衆議院議員なら、もう少しマシなことを言え!

辺野古移設、政府も県も決着先送り

しんぶん赤旗
沖縄県名護市辺野古の米軍新基地をめぐり、同県の翁長雄志知事が昨年10月、辺野古の埋め立て承認を取り消したことを不服として国が県を訴えた裁判(代執行訴訟)で、政府は4日、新基地工事の中断などを盛り込んだ「暫定的和解案」(別項1)を受け入れ、県と国の和解が成立しました。

日米両政府は辺野古新基地に固執し続けており、県側も新基地阻止の姿勢を堅持しています。和解による協議が成立しない場合は、再び訴訟になりますが、裁判終了までは工事が中止されます。新基地反対の県民世論を無視した強行路線の破綻は鮮明です。 

 この和解によって、政府と県は決着のタイミングをづらし、面目を保ったまま決着を先送りした。安倍タン政府は参議院選の争点から辺野古を外せた。翁長県も、とことん抵抗したという格好をつけられた。アメリカだけがはしごを外されて怒り心頭。しかしもともとが米兵の不祥事から始まった問題だからあんまり強くも言えない。

で、この問題、次くらいで決着するだろう。一番あり得るシナリオは再審やって県が負けて政府には負けなかったが裁判所の命令だからと責任を司法におっかぶせて辺野古移設を容認し、工事利権を・・いやなんでもないw

辺野古移設になるか、普天間固定になるかはわからないが、いずれにしても基地は減らない。

共産党、党勢拡大運動の貯金を全て吐き出すw

昨日、二月の党勢拡大の結果を書いたが、共産党は二月申請で既に昨年の党勢拡大の大運動の貯金を使い果たしていました。

大運動は2015年6〜9月の4カ月間行われましたが、その後累計部数の推移を書きますと

赤旗日刊紙  +2610/+−0(これが10月1日分ですね)

11月1日   −1109/1501

12月1日   − 411/1090

 1月1日   − 162/ 928

 2月1日   −1023/ -  95

 3月1日   − 391/ - 486

 

赤旗日曜版  +10444

11月1日   −2607/7837

12月1日   −1675/6162

 1月1日   −3276/2886

 2月1日   −3037/ - 151

 3月1日   −1065/ -1216
 
まぁ、これは毎年のことで、こうやって年々部数を減らしておるわけです。特に日刊紙は値上げと減ページその他のリストラ努力で以前のように月二億の赤字はだしていませんが、今でも月一億程度の赤字はあるんじゃないかという状態で、24万部の頃に26万部とした部数目標は25万部に達することすら一度もなく、ドンドン部数を減らしてきました。

いつまで赤字を垂れ流しづける日刊紙の発行を続けるつもりなんでしょうかね? 

二月の党勢拡大、引き続き後退

昨日の赤旗に載っていたが、書くの忘れてた(恥)

入党 343人
日刊紙 391人の後退
日曜版 1065人の後退

入党数は以前のように千人前後ということはもうなくなったようだ。この程度の入党者数だとトータルの党員数は純減しているのは確実である。

新聞はそれほど減っていないが、三月は例年の傾向から減るのは間違いない。 

宮城で民共政策協定調印、共産党候補を下ろす。

しんぶん赤旗
夏の参院選に向けて、日本共産党宮城県委員会と民主党宮城県連、民主党現職の桜井充宮城選挙区予定候補は2日、仙台市内で政策協定書に調印し、選挙区予定候補(改選数1)を桜井氏に一本化することを発表しました。 

熊本に続いて、宮城でも共産党候補者下ろしが実現した。宮城選挙区は定数2だったのが、今回から1になるので、ちょっと当選しそうにないが、まぁ野党共闘の景気づけ程度にはなるだろう。

さて、あと三ヶ月ほどでどれだけこういう選挙区が増えるだろうか? 

民青の都道府県委員長会議、呆れるワンパターン

スキャン 1しんぶん赤旗
民青の都道府県委員長会議の記事だが、いったいどこに読むところがあるのか、青年らしさのかけらもないw クリックしたら拡大します。

もはやSEALDsの金魚の糞になっていることくらいしか認知される話題がない組織に成り下がっているわけだが、SEALDs他の青年組織との共闘しましょうくらい言えないのかね?

ま、オチャー的に言えば、党の国民連合政府や野党共闘自体が本気じゃなく、SEALDs界隈の若者を取り込むのが裏の本来の目的なわけだから、今、民青に目立ってもらうと困る・・・過去の悪行がバラされてしまってイメージが悪くなって若者が逃げるので「静かにしてろ」ってことなのかもしれないw

そうとしか思えないほどの、やる気のなさである。

 

筆坂タン、はっきり言おう!今年の選挙で共産党は野党版公明党になる可能性をw

ZAKZAK

【共産党研究】共産党「国民連合政府」棚上げの思惑 したたか志位氏、選挙協力で“貸し”か

 というタイトルの記事。書いているのは筆坂秀世タン

普通に考えれば、今年夏の参院選での激減は必至である。共産党の選挙協力をのどから手が出るくらい欲しいのが民主党であり、生活の党の小沢一郎代表らであった。
 現に、32ある1人区のうち、共産党は相当数の選挙区で候補者を降ろす方向で調整に入っている。共産党にとって、どうせ当選することのない1人区で候補者を降ろすことなど痛くもかゆくもない。その分、供託金も不要になり、他党に恩義も売れるのだから一石二鳥である。 
中略 
志位氏は19日の5野党党首会談で、同構想を一時的に棚上げする方針を表明し、選挙協力は進める意向を示した。民主党などの拒否反応を意識したのだろうか。その後、民主党の岡田克也代表と、維新の党の松野頼久代表は参院選を視野に26日、3月の合流新党で合意した。

 今回の参院選で仮に、共産党主導の選挙協力で効果が上がれば、合流新党側は「国民連合政府」構想を拒否できるのだろうか。志位氏は「欲張らないことが大事」といい、ただちに政権構想まで進まなくともよいという考えも示している。なかなか、したたかである。

 
共産党出身だからか、いまいち踏み込みが甘いですね。選挙協力がうまく行って、勝てないまでも自民党の心胆寒からしめるところまでもっていけば、合流新党(民主+維新)は共産党に逆らえなくなる。言ってみれば自民党と連立を組む公明党と同様のポジションを得て、合流新党に自分たちの意向を飲ませることができるということです。

そんなの連合が喜ぶわけはなく、合流新党はものすごく難しい舵取りを余儀なくされるわけですが・・・合流新党のみなさん、ホントにそれでいいんですかね?

そもそも次の選挙まで共産党があるかどうかもわからない・・・いや、存在はしているでしょうけど高齢党員の引退でけっこうガタガタになっている可能性が高いわけですよ。そんな党に好き勝手にされても未来が開けるとは思わないんだけどなぁ〜いや、その前に日本を本当に支配するのは公明党と共産党なんてことになるのは悪夢だと思うんですけどね〜w

共産党は国民に分かりやすく「人質の命は自衛隊員よりテロリストより軽い」と言うべきだ。

しんぶん赤旗
日本共産党の笠井亮議員は29日の衆院予算委員会で、防衛省の内部文書「PKO法改正に向けた検討」(2012年3月27日付)を取り上げ、同省が「人質救出」などの任務付与を想定し、相手の「狙撃・射殺」を前提に作戦検討をしていたことを暴露しました
中略

「敵と味方の識別が難しい紛争現場で、自衛隊の任務を拡大すれば、戦闘の当事者になるのは避けられない」と述べた笠井氏。集団的自衛権行使を容認した閣議決定の撤回、野党5党が共同提出した戦争法廃止法案のすみやかな審議入り・成立を要求しました。




要するに笠井タンは、そして政府はこのケースを想定しておるわけです。

「俺たちが今やらなきゃ、あの二人はは殺されちまう」
動画ではフィクションですが既に1人殺されて、あと二人をなんとか救出しようとしています。こういうのを政府自民党はやろうとし、日本共産党は反対しているわけですね。

こんな状況で、人質に危険が迫っていても 話し合いによる解決すべきだというのが、日本共産党の考えです。え、救出する前に殺されてしまった?そんなことは知りません。「遺憾である」「残念だ」と言えば済むことなのですから。

そうやって戦闘を避けるために人質を見殺しにするのも一つの見識です。だから危険だ危険だなんて抽象的なことを言わず、国民にもっと分かりやすく「テロリストや自衛隊員の命を守るために人質を見殺しにしてもかまわない」と笠井タンは主張すべきですw

キャットシットワン [DVD]
土田 大
株式会社IDA
2010-11-25

 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ