日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2015年07月

割と好評らしいSEALDs論の続き

NAVERまとめ
切込隊長の求めに応じて書いたネタの続き。SEALDsの姿勢は既存の政治運動の限界を打破する可能性を持っているが、既存の政治運動を馬鹿にしていることがSEALDsの可能性を閉ざすことになるだろうとした一連のツイートの続きである。
 
誰かがtogetterでまとめてくれるだろうと思って自分ではまとめなかったが、まさかNAVERでまとめられるとは・・・いや、いいんですけどプログに貼れないんでNAVERは避けてたんです。
どなたか貼れる方法ご存じないですか?

で、最初に書いた文章はSEALDsにも届いたようだ。書いているのは奥田くん。



追記
togetterで前回分も含めてまとめてくれた方がいらっしゃるので、読みたい方は「続きを読む」をクリック 続きを読む

運動したことのない人は、このレベルでプロ仕様に見えるのかw?



あ・ほ・か。
この程度のイベントスタッフレジメが素人に作れないと思っているのは痛いね。高校や大学の学園祭スタッフなんかもっと複雑な仕事をスタッフに周知徹底するためにもっと詳細な指令書作るし、選挙カーのプロスタッフなんか秒単位でここを走ると計画して走ってる。この程度は素人仕事。

そんなことよりうちのハスカップたんを見ろ。 

小笠原氏は「北方ジャーナル」で活躍中のフリーライター小笠原淳氏、島田、池田弁護士は自由法曹団の島田渡弁護士(たかさき法律事務所)、池田賢太弁護士(北海道合同法律事務所)の事ですね。

実際のデモの統制がネットやメディアで知られる高塚愛鳥さんではなく、下郷氏(恐らく札幌学生ユニオンの共同代表で北大教育学院の下郷沙季氏)だということです。


こういうところがぱっと見えるのがプロの仕事w 

公安警察より党の調査の方が怖いんじゃね?

産経新聞
生活保護費を不正受給した疑いで、病院や診療所を運営する医療生協かわち野生活協同組合(大阪府東大阪市)の支部長ら2人が逮捕された事件で、新たに別の男性支部幹部も不正受給に関与していた疑いがあることが20日、分かった。大阪府警が任意で事情を聴いている。支部長は、詐取した保護費について「組合(医療生協)の出資金や生活費、日本共産党の党費に使った」と供述しており、生活保護と政治活動の関係が問われている。 

生活保護の世話をして党員にしたり赤旗の購読させたりというのは公式にはやってはいけないことになってるが、現実にはこっそり行われている例があるのは当blogでも再三指摘しているが、また一つ事例が出てきたと言うことで・・・

一方、生活保護申請時に、小林容疑者に同伴していたとされる共産市議は、産経新聞の取材に9人の代理人弁護士名で「取材活動は、公安警察による政治活動妨害に加担するもの」と文書で抗議。「一切の回答をお断りする」としたうえで、「医療生協かわち野や日本共産党が、詐取されたお金と知ってこれを受け取ることなどありえない」としている。 

逆ギレもいいところだが、いったい誰なんでしょうね?市議団で声明出してないからわからないというか、本気で怒っているなら市議団で声明出しているはずだが、出していないと言うことは・・・w

実際のところは公安よりも中央委員会の調査が入ると思うがそっちの方が怖いんじゃねw?
 

小池晃キレるがその前に「赤い未来」に失笑すw

7/1のニコニコ生放送らしい
 

映像のタイトル通り、小池晃、共産党が公安の監視団体であると指摘されておかんむりだが、その前に「赤い未来」に笑ってしまったw
内輪しか見ていないと思ったら、口が軽くなるんですね、晃たん・・・それにしても出演している女の子との方がよっぽど小池より頭よく見えるのはなぜw? 

池内さおりん、日本軍慰安婦マップでまた炎上w

 ガジェット通信
池内さおりたんがちぶん特注で作った日本軍慰安所マップを自慢したら、 ほぼ炎上状態の模様。
実物はこっちにあるが、あまりに擁護する人が少なすぎて・・・共産党関係者や支持者も呆れて物が言えないと見える。 

それにしても、懲りないねぇーちゃんだな・・・。 

SEALDs奥田くんの胸のうち

記録用に当エントリ作成・わりとSEALDs界隈で話題になっているこれの続きに必要なのでその準備として作る。

奥田くんって、頭がいいだけじゃないね。それと、このツイートで言われているじーさんばーさんは、いわゆるSEALDsの保護者()じゃないことは、読者諸兄もわかっていると思うが、しつこく書く()
当然、日本共産党の青対は言わずもがなw
続きを読む

チェック体制よりも、科学的知識は大丈夫w?

SEALDsネタばかりなのもアレなので
しんぶん赤旗

日本共産党の梅村さえこ議員は9日の衆院消費者問題特別委員会で、「機能性表示食品」制度の問題点を指摘しました。

 「機能性表示食品」制度は、食品の安全性や機能性について届け出(消費者庁のホームページで情報公開)するだけで、企業の責任で表示を可能とするもの。4月にスタートし、6月には商品の販売も始まりました。

 梅村氏は、特定保健用食品(トクホ)として安全性が確認できず受理されなかった製品と同じ成分のものが「機能性表示食品」として届け出が受理されている問題を指摘。「事後チェックで安心できる制度になっていくのか」と質問しました。 

ある用途でOKが出ない成分で、別の用途ではOKが出るなんていくらでもありますけどw?たとえばトリカブトの毒というと殺人事件に使われて有名になりましたけど、トリカブトの毒の入った薬品なんかそこら中の薬局で売ってます。少量だと薬になるんですよね、トリカブトの毒。

すなわち、こういう食品や薬品の成分ってのは、どんな用途に使うかでどこまで入っていていいかが決められるので、特保ではねられても機能性表示食品で使えるなんていくらでもあるはず。そうした科学的知識があって梅村たんは言っているのか?・・・・過去の共産党議員の発言を見ていると、そんな知識があって言っているようには見えないw

ま、この分野を問題にしたいなら特保とか機能性食品として認可が出ている食品に、本当に健康増進効果があるのかを検証した方がいいね。なんか怪しいそうなのはいっぱいあるからw

YOUTUBEからスパム認定された動画についてSEALDsは感謝しなければならない



実際の動画はニコ動にある。
 

で、YOUTUBEが「スパム、詐欺、搾取的なコンテンツ」として表示したのはなんらかのアルゴリズムの不手際だろうとは思うけども、そんなことよりぼくちん、コンテンツ作った奴の、あまりの頭の悪さにクラクラしているw

突っ込みどころは数あれど、面倒なので一つだけ挙げる。日本が海外に自衛隊を派遣しているとき日本は誰が守っているのかといかにも丸腰になるかのようなことを言っているが、アホか!

3・11の時、自衛隊は全力で救助活動に邁進していたが、それでも20万人のうち救助活動に参加していたのは確か10万人程度だったと記憶している。あとの10万人は何をしていたと思う?

3・11の大災害の直後ですら自衛隊は、今外国軍が侵攻してくる可能性を排除せず「有事」に備えていたのだよ。当然通常業務をふだんの半分の人員で回さなければならなかった。しかも3・11対応で疲弊する隊員の疲労を加味して休息もさせなければならない・・・

あれも一種の戦争だから疲れていても使命感で「休みたくない」とごねる隊員を強制してでも休ませないとPTSDに苦しむ隊員続出になって仕事の継続性を保てなくなる。自衛隊人事は相当苦労して人繰りをしていただろう。

てかね、外国に全軍事力を派遣するような馬鹿な指揮官がいると思っているところで「SEALDsって最近話題なってるけど」みたいに関心を持つ人たちが「こいつら馬鹿だろw」と判断するネタにこのビデオはなってしまう。

よってSEALDsや取り巻きはYOUTUBEに感謝しなければならない。
「わたしたちの馬鹿をさらすのを止めてくれて、ありがとう」とw

 

ぶさよでいっくのSEALDs論()

昨日、切込隊長こと、やまもといちろう氏の求めに応じて、書き散らしていたことをまとめるよい機会だと思ってtwitterに書いたのを自分でまとめようかとしていたら誰かさんがまとめてくれていた。
続きがあるが、マジモードで書くと体力を消耗するので数日中に書きますw



 

安保法案強行採決・醜態をさらさなかった共産党をほめようw!

しんぶん赤旗

日本を海外で「殺し、殺される国」に導く戦争法案。その強行採決は、安倍政権の戦後最悪とも言える危険性と同時に、国民による包囲が日増しに強まり、世論におびえる姿も浮き彫りにしました。

という内容はどうでもよくて、掲載されている写真の光景、テレビもボクちん見ていたが共産党議員はいなかったことを賞賛しようw

委員長に詰め寄るのはいいとしても、テレビ映りばかり気にしてこんな醜態さらすところまで日本共産党は落ちていなかったことをほめてかまわないと思う。

にしても、強行採決の現場に共産党がいないのでこんな写真わざるを得なかったというのは、赤旗編集局としては苦衷の選択だったのではないかなw?

 

 

安保法案成立で、SEALDsは分裂するか?

本日安保法案が委員会採決されて明日あたり衆議院で可決される見込みだが、ウォッチャーの関心は、衆議院通過後、SEALDsが消滅・分裂するのかに関心が移っていくだろう。

なぜSEALDsが分裂するのか?簡単なことで、歴史を鑑みれば大きくなった運動の敗北直後には組織は消滅・分裂の危機に陥り、実際に消滅・分裂することが多いからだ。

安保闘争敗北直後のブンド(共産同)は安保敗北後解体してしまい、一部は革共同に流れ、革マルと中核に分かれる。全共闘も名前の通り各党派が共闘したわけだが、最後には内ゲバや日本赤軍など事件が大きなイメージダウンとなって消滅した。

明日の衆議院での法案可決成立後、参議院での可決までSEALDsが力を維持できるか、統一行動を拡大できるか注目されるところである。


 

「10日間大行動」戦争法案採決で大惨敗の予感w



本日は日本共産党結党93周年の日にして、安保法案採決の日ということで、日本共産党は本日予定されていた記念講演会を延期し、動員をかけていた面々を国会前に集めて抗議活動を行う見込みだ。

衆議院採決がいつになるのかによるが、仮に16日ではなく17日に伸びるとすると動員をかけていた面々はそれだけの期間拘束されることが多くなるだろう。

で、こういうときに動員をかけられている人ってのは、日本共産党の言う「力持ち党員」が多いはずだ。「力持ち党員」とは、新規入党者をたくさん入れたり、多くの人が赤旗の注文を取ってくる党員のことである。

そして現在、日本共産党は11日から「10日間大行動」という入党者勧誘や赤旗購読者開拓の強化期間に入っている。そんな時期に力持ち党員に国会前で時間を潰されては、党勢拡大の切り札を欠くことを意味する。

「10日間大行動」は散々な敗北に終わりそうである。

 

潮流子は人を批判するより民青同盟を叩きなおすようにw

しんぶん赤旗・今日の潮流
「政府が少子化対策なんて言っても、妊娠すれば会社で嫌みを言われ、預ける保育園は見つからず…。まるで産むやつが悪いと言われている気分です」▼保育園を探す保活中の女性から何度も聞いた声です。

ということで少子化が進むと自衛隊員の採用ができなくなるのでいわゆる「経済的徴兵制」がぁと言ってるのですが、少子化問題をなんとかしないとといっておきながら、自分たちの身内では
子供を産むのは組織の迷惑だとしていた共産党の党組織があります。民青同盟です。

日本共産党の衆議院議員、宮本たけし先生の証言
当時の民青同盟では、女性幹部が結婚しても、 妊娠・出産というのは勇気のいることで、妊娠中の「制限勤務」とか産休とか、育児休業なども取りにくく、「民青同盟の幹部の間は子どもをつくらないように する」とか、妊娠を機に青年同盟の仕事を退職するという女性幹部も少なくなかったのです。
 
元民青同盟大阪府委員会委員長の言葉ですからね。デマではありませんよw
当時のと言うことですが、民青が全く昔と変わり映えしないのは民青を知る者の常識ですから、今でもそうなのでしょう。

少子化批判をするなら、まず身内の言うこととやることが違う体質を改めましょうね。でなきゃ信用なんかされませんよ・・・いや信用されてないから党員と言えば爺婆だらけの惨状になっているわけだけど w

これはひどい!、宮本徹国会議員は中国のポチだw

いや、中共にバンバン文句がいえていた宮本顕治は過去の人となり、今の宮本といえば中国共産党のポチを意味するようになったとは・・・

しんぶん赤旗 

日本共産党の宮本徹議員は13日の衆院安保法制特別委員会で、戦争法案によって南シナ海で日本が軍事的関与を強めることになると指摘し、同地域の領有権問題をめぐる歴史を振り返っても、日本は現状変更による悪循環を断つための外交努力に徹するべきだと強調しました。

 外務省の滝崎成樹大臣官房参事官は、南シナ海(南沙、西沙、スカボロー礁)については5国1地域が領有権を主張しているとした上で、「サンフランシスコ条約において日本が放棄した権利や権原の帰属先については、関係国間で一致した見解がなく、今日に至っている」と説明しました。

 宮本氏は、2002年に採択された、平和的手段で解決を図る「南シナ海共同宣言」(DOC)の重要性を指摘しました。岸田文雄外相は「大変重要な宣言だ」と述べ、これに法的拘束力をもたせるため現在協議中の「南シナ海行動規範」(COC)についても「早期合意に至るよう呼びかけていきたい」と答弁しました。

 宮本氏は、「行動は対抗を引き起こす」と対抗措置の悪循環に懸念を表明したシンガポールのリー首相のアジア安全保障会議での講演を引用し、紛争の解決には外交的解決しかないと強調。一方、政府が戦争法案の重要影響事態の対象として南シナ海が排除されないと答弁していることを指摘し、「外交的解決が大事というなら、法案は撤回するしかない」と主張しました。

 加えて宮本氏は、日本の占領後、サンフランシスコ条約において帰属が決まらなかった歴史的経過にふれ、「問題の責任の一端を負う日本が、米国と一緒に軍事的に関与するのはもってのほかだ」と批判しました。 

「行動は対抗を引き起こす」
今の領有権問題は、中国が公式に侵略意図を発表し、行動を起こしているから発生していると知らないんでしょうかw?
そもそもシンガポールは、日本の積極的平和外交に賛意を示している国で、しかも中国との結びつきも強いわけで、きわめて高度な外交判断でアメリカが動くとなったら口を挟んで中国に外交戦略の再考を促しているんだとわからないんでしょうかね。

ま、わかっていてもわからなくてもどうでもいい。宮本徹が中共のポチである。これだけわかれば十分でつねw
 

日本共産党、記念講演会延期&当日国会包囲を企画





15日に安保法案が特別委員会で採決、16日衆議院可決というタイミングになったため、創立93周年記念講演会をやっている場合じゃないと言うことだが、この土壇場で記念講演会を延長しても全国から集まる聴衆の予定変更は難しいというか、動員かけてたのを幸いに国会前に集合させて「国会包囲だ!」とやるようだ。

特別委員会で可決されたらどんな発言が飛び出すやら・・・当blog的にはお笑いだが、一般的には暴言が多数ネットにあふれるだろう。面白いのはコメント欄で紹介していただけると幸いですw 

上野良樹タンのSEALDsに関する論考2

ということで、1からの続きとして読んでいただければと思うが、もうね・・・ボクちんが思っていたよりはるかに魑魅魍魎で、これじゃ若者の足引っ張るだけだよなと思う。保護者は近づかない方がいいわ。。。

 >針谷大輔たん

>反原発に右も左もないと思うが、左に見られるところが日本のアレなところ

ここでご存じない方のために、2011.6.11脱原発集会の騒動について説明します。


6.11 新宿・原発やめろデモ!!!!!

http://611shinjuku.tumblr.com/


「素人の乱」主催のこのデモで、最初に何人かが登壇して演説したのですが、ここに統一戦線義勇軍の針谷大輔氏も呼ぼうとしました。

そこで、開催に関わる「ヘイトスピーチに反対する会」が、針谷氏登壇を止めるよう要求しました。針谷氏は「アジア・太平洋戦争という侵略戦争を賛美し、八紘一宇という日本中心主義をとなえ、南京虐殺や慰安婦を否定し歴史修正主義という差別の再生産に寄与」する人物であり、針谷氏の登壇は「主催者団体がその団体を公的に支持、少なくとも容認している」というのがその理由でした。


「6.11新宿・原発やめろデモ」に対する公開質問状

http://livingtogether.blog91.fc2.com/blog-entry-96.html

“6.11新宿・原発やめろデモ”と“ヘイトスピーチに反対する会”の衝突

http://togetter.com/li/147056

「ヘイトスピーチに反対する会」有志の公開質問状を支持する

http://d.hatena.ne.jp/apesnotmonkeys/20110616/p1


続きます。


私は、針谷氏の登壇が、針谷氏の全ての主張の容認であるという「ヘイトスピーチに反対する会」の主張は無茶苦茶だと思いました。

さらに、同会の北守氏は「慰安婦南京否定の連中とつるまないと脱原発達成できない、というなら、日本中の原発が爆発して日本が滅んだ方がマシ」と放言しました。https://twitter.com/hokusyu82/status/78912180828909568 「「もしAしないとBができないなら、Cになったほうがまし」って仮定法。「Aはすべきじゃないし、べつにAしなくてもBできるだろ」」つまり、針谷氏を登壇させなくても脱原発は出来る筈だ、「反原発に右も左もない」という「クソ」への皮肉だという主張です。


従軍慰安婦問題と脱原発とは表裏一体の問題であり、分けて考えてはならない。自分は正しい、相手は間違っている。間違っている相手に妥協するくらいならみんな死ね。そういう主張でした。


しかし一方、発言の機会を与える=発言者の全思想の容認であり悪という発想は、それ以前から観ました。例えば金光翔氏の以下の寄稿です。


金光翔氏の「金光翔「<佐藤優現象>批判」(『インパクション』第160号(2007年11月刊)掲載)【上】 」

http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-1.html


続きます。

続きを読む

赤旗もやればいいのに・・ダメ出し会議

東京新聞のダメ出し会議の記事

 「新聞離れ」は他人事じゃない。そう考えた社内の若手有志が「次世代研究所」っていうチームを勝手に作って、対策を考えています。このたび「東京新聞にダメ出し会議」を始めました。メンバーが街へ飛び出し、さまざまな分野の人たちの声を聞き、紙面に生かそうという試みです。新聞の何がいけないのか。どうすれば新聞の未来は開けるのか。毎月第2日曜付の最終面に掲載している会議の様子を、Webでも紹介していきます。 

これ、一番必要なのは赤旗だよなw 
いつも身内の褒め言葉ばかり並んでいて誰が読むのか?本当に巷の声を拾えばいい。

たとえば他党の地方議員は、今はよく知らないが昔はよく赤旗をとっていた。理由は情報紙として価値があり、共産党の動向も知りたかったからだ。もちろん他党の地方議員に聞くときは赤旗をとってない人を選んで聞く。そうやって赤旗が実際にはどんな評価をされているのか思い知るといい・・・・なんて書いても、やらないだろうなぁw
 

10日間大行動、京都・谷善をしのぶ会のふたコマ

11日から日本共産党は党勢拡大の大運動の強化期間として「10日間大行動」をやっている。昨日から赤旗の日本共産党のページはそれ一色なのだけど、どこもあまりやる気はない模様。

特に総スカンとなっているのは京都府委員会で、なんで怒っているのかというと発表前に間にも知らされなかったから。特に7月6日の谷善をしのぶ会に穀田が来ているのに、何の報告もなかったと出席者(当然党幹部)はおかんむりなのだ。やるのを発表したのは9日だったような気がするが8日かもしれないがそれはそれとしてなんで俺たちに報告がないのだというわけね。

それと周囲を驚かせたのは穀田秘書の吉田さゆみたん。会場で穀田の記事を精力的に書いていたのだが、「あの人あんなにやせてたっけ?」と思う人がけっこういた。というのは谷善をしのぶ会には吉田さゆみタンと面識のある人はほとんどいなくて、ネットにある同氏の写真を見て「まぁなんてふくよかな人」ってイメージが先行していたのだが、実際本人を見てみると全然イメージが違う。全然ふくよかじゃねーぞということでおと゜ろいたひとがいる。

穀田の人使いが荒いのかもしれないねぇ・・・いや荒いのは昔からだが女にも容赦ないのかもね。



産経阿比留記者にポコられて、負け犬の遠吠えする赤旗

150711きょうの赤旗二面の隅っこの記事。
クリックしたら拡大します。 

赤旗が問題にしている産経の阿比留記者の記事はコレで、趣味者には常識レベルのことが書かれてあるだけだ。

 でも、日本国憲法を批判した過去の姿勢をなかったことにしたいからこう言う、みじめな負け犬の遠吠え記事を書くことになる。

こういうのは過去の姿勢として認めたら誰もそれ以上は突っ込まないのに歴史をねつ造しようとするから阿比留記者に馬鹿にされるのに、アホですなw 

産経系サイトに共産主義研究カテゴリがあった

IRONNA
産経新聞のいわゆるハフィントンポストみたいなサイトで、編集長は産経系が多いが産経系と呼ぶには?な人も散見される。

そんなサイトのカテゴリの一つに共産主義があって、現在二本の論文がアップされている。いずれも読むのに30分かかる分量で、スターリンの謀略について触れている。 

暇なときに赤旗にある不破タンの「スターリン秘史」の連載と比較して読むのがいいだろう。SEALDs界隈をうろつくほなみちゃんたち、すなわち民青にも読むべしと言いたいが、そもそも読めるかなw?


 

赤旗潮流子、「女性自身」の報道姿勢をねつ造w

しんぶん赤旗
潮流子曰く、女性週刊誌が政治に関心を持ち出したそうでつw

戦後、女性の生活が大きく変わり、若い世代を中心に多様なライフスタイルが進むなかで女性週刊誌が相次いで創刊されます。時代の価値観をもとめ、内容も多彩に。しかし政治とは距離を置いてきました▼最近そこに変化が起きています。安倍政権を正面から痛烈に批判する記事が目立っているのです。「命を軽くみる安倍政権、やっぱNOでしょ!」。これは『女性自身』最新号に掲載された「シリーズ人間」の大見出しです▼

正々堂々と嘘っぱちを書かれちゃ、信じる人が出てきますよねぇw 


女性自身は別に芸能人のスキャンダルばかりやってきたわけじゃない。戦争に関しても長く報道してきた歴史があるわけ。

ぼくちんでも書店においてある女性自身の見出しくらいは見て政治と関係するネタがいくつもあったことを覚えているのに・・・小泉純一郎最盛期には毎週のように出てた様な気もするが、それはともかく、潮流子の知ったかは、いいかげんにしましょうね。いえ、赤旗がウソ旗だ宣伝したいなら別ですがw

安倍総理のたとえ話への反論、これで多くの人が離れるだろう

しんぶん赤旗

安倍晋三首相は7日、前日に続き自民党のネット番組「カフェスタ特番」に出演し、米国の戦争に協力し海外で武力行使することを可能とする危険な「戦争法案」を正当化する発言を繰り返しました。

 首相は、「『安倍は生意気なやつだから今度殴ってやる』という不良がいる」「たとえば私の友だちのアソウさんという人が『おれはケンカが強いから一緒に帰って守ってやるよ』といって一緒に帰ってくれて、そこに3人ぐらいの不良が出てきて、いきなり私の前にいるアソウさんをまず殴りかかった。私とアソウさんと一緒に対応する、私もアソウさんをまず守る。これはまさに、今度の平和安全法制(戦争法案)において私たちができる」ことだなどの例え話を持ち出しました。 

この件、ネット左翼界隈で大いに話題になっていて安倍たんをバカにする発言が多いが、まぁ、そういう反対者の発言を見て「反安倍って、こんなバカ揃いなの」と引いてしまう人がたくさん出るだろうなぁと予想。

ちなみに産経新聞の菅官房長官の記者会見の方が記事としては面白いし、わかりやすい。
「#私は見捨てられた」は流行らないのだろうかw

共産党甲府市議・飲酒運転事故で逮捕

産経新聞

山梨県警甲府署は8日、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)の疑いで、甲府市中小河原、共産党の甲府市議、石原剛容疑者(58)を逮捕した。「衝突したのは駐車場内で道路ではない」と一部否認している。

 県警や党山梨県委員会によると、石原容疑者は市職員や市議らと市内の飲食店で飲酒。事故を起こした後、代行タクシーで自宅に帰った。衝突を目撃した近所の男性が110番した。ナンバーから特定したという。

 逮捕容疑は7日午後9時15分ごろ、酒気を帯びた状態で、同市相生2丁目で市道から駐車場に軽乗用車を移動させる際、バックでフェンスに衝突したが、警察に事故を報告しなかった疑い。

 党山梨県委員会によると、石原容疑者は7期目。「飲酒後に車を運転したのは確か。対応を検討したい」としている。 

 一緒に飲んでいた市職員や市議が車に同乗していたのか気になりますなぁ・・・ 

民青同盟員、現在2000人だって?

Blogos
共産党は他の政党とは全く違う論理で動いている」〜元日本共産党政策委員長・筆坂秀世インタビュー

ということで、日本共産党を解説している。 日本共産党は今も暴力革命を目指しているとか言うネトウヨたんは目薬さして熟読すればこれ以上馬鹿にされなくて済む。

内容的には古くからの共産党ウォッチャーには常識的なことを言っているに過ぎないが、 注目点は民青のくだりだ。
 
昔は若い共産党員を輩出する大きな道が2つあったと思います。大学でいえば、全学連(全日本学生自治会総連合)、もう1つは民青(民主青年同盟)です。私も最初に日本民主青年同盟に入ったのですが、その当時、民主青年同盟員は全国で20万人いました。東京の都市銀行の中だけでも、民主青年同盟員が1000人いたんです。それが、今や多分全国で2000人いるかどうかだと思います。  

後述されている全学連は、もはやいつ解散するのかだけが話題となるレベルになっているが、民青に関しては公称二万人実勢6000人と言われていたのが十年前。今では4000人を切るんじゃないかとも言われていたが、民青が数字を出さないので実勢は不明である。

そこに筆坂タンは2000人という推定数字を出してきたわけで、今は実勢を知らないにしても十年くらい前は本当の数字を知る立場にいた人が出す数字であるから、相応の説得力がある。 

日本共産党 (新潮新書)
筆坂 秀世
新潮社
2006-04-15

 

川添誠、官邸前で相手にされてないのを告白w



まぁ、これって川添たんのデフォだからw
もともと川添誠という人はキレには定評があって、官邸前デモについて知らないのは、協力しようとして首都青の旗を立てると言ったらミサオ・レッドウルフたんとか他のメンバーと揉めて事実上追い出されたからだ。一番突いて欲しくないとこを突かれたのでキレたのれす。

当時の官邸前は広く支持を得るために党派色を出さないようにしていたところに空気を読めない川添がやってきて党派制丸出しにしようとしたので撃退されてしまったのでしょうな。

上野良樹タンのSEALDsに関する論考

これはみなさんに見てもらうべきだろうと思って、別エントリを作ることにしたw

>それにしても、SEALDsはどこに向かってゆくのだろう…… 


「極左暴力集団(c警察庁)」「ニセ『左翼』暴力集団(c日本共産党)」と一線を画した、国民的大衆運動を目指しているはず。だから、主観的には「右巻きにも支援者を作る」つもりで行動しているはずです。 


いわゆる過激派を抜きにしても、天皇に敬語を使うとはけしからんと天皇制廃止論者を憤激させたり、経済関係を戦争責任に優先させるとはけしからんと批判されたりしている。 


共産より左の左翼にとって、天皇制廃止や日の丸・君が代否定、戦争責任賠償の比重は非常に大きいのですが、そうした「左翼の運動に必須の主張」をわざとしないことで、大衆性を得ようとする試み。 


問題は、左翼を大いに怒らせるという意味ではその試みは狙い通りと思えるのですが、不特定多数の支持を得られるかどうかというと、疑問符が付きます。 


左からSEALDsを批判した鄭玹汀への反応を見ても、「保護者」たちは「殺られる前に殺れ」とばかりに吊し上げている。「保護者」たちの、以前からの内ゲバの恨みのはけ口にもなっているところが厄介です(たとえば2011.6.11脱原発集会の、針谷大輔氏登壇をめぐる騒動など)。 

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=480331362124220&id=100004420802283 

http://togetter.com/li/836515 

http://trochilidae.tumblr.com/post/123043558813 


早い話が、「革新・左翼に身を置く人間が想像した保守・右翼」と、実際に法案を支持する自民党・次世代の党支持者とは、かなり別物です。だから、極左を排除し、保守層を取り込むべく努力したつもりが、実際の保守層には「何だ左翼の内ゲバか」で片付けられてしまう。 


そして、「保護者」たちは「こんなに保守的なのに右から批判するのは、保守を通り越した極右・ネトウヨに違いない」。そう考えて理解のズレを理解しないのではないか。と考えました。


そして、皮肉なことに、共産より左の左翼にのみ、「SEALDsは自民党と同類」「天皇を頂点とした日本帝国主義者」として理解される。 


もっとも極端な例を挙げると、北朝鮮(共和国)支持者の立場から日本・韓国・米国その他を罵倒し続けるZED氏。 


「現場に来い」という脅し文句はヤマギシ会と同じ手口 

2015年07月01日 

http://roodevil.blog.shinobi.jp/Date/20150701/ 


しかし、自分の敵視する相手ほど、敵同士の共通点を見つけ出して、明らかに合意点の方が多い相手ですら、「敵」の殲滅のために拒絶する癖、特に左には共通ですね…。


で、このblogの話題に出てくるとは思わなかった針谷大輔たんの脱原発本を見つけた。
こんなのが出てたんですね・・というか、反原発に右も左もないと思うが、左に見られるところが日本のアレなところとも言えるのでしょうけど。
右からの脱原発
針谷大輔
ケイアンドケイプレス
2012-11-20


 

もはや共産党であることを隠さなくなったTDC



ラスボスとは



ここまで不破たんを評価認定するなら、共産党確定ですなw
SEALDsに恩を売る種まき期を過ぎて、そろそろ収穫期に入ろうということでしょうかw?

てか、不破がラスボスって、政治的感性が古すぎるw
安保法制界隈でラスボスと言える人がいるとするなら、ふつうは野中広務でしょ?

元首都青川添誠、SEALDs保護者らを批判か?


SEALDsの取り巻きに言っているんですね、え?違うw?

五十嵐仁は、隠れ党員だったのかな?

BLOGOS
五十嵐仁の文書で、内容はどうでもいいのだが、この方、元法政大学大原社会科学研究所の所長だった人だが、法政大学を退職したあたりからだと思うが、明確に共産党色を強めたことばかり書いている。

この動き、どこかで見たことがある・・・そう、経済同友会終身幹事にまでなっていた元日本火災会長の故品川正治たんだ。

人生いっちょ上がるまでほとんど無縁で、いっちょ上がってから共産党を強烈に支持し出す・・・これは共産党の隠れ党員を疑うのに十分な動き方である。 

で、趣味者諸兄に耳寄り情報
法政大学大原社会問題研究所
旬報社
1995-06

四万近くする趣味者垂涎の本が、現在1000円で三冊も古本で出てますよw
1000円で買えなくても5000円で買えるなら十分でしょうw
 

共産党はクーデターを望んでいるのだろうかwいや待てよ?

しんぶん赤旗
衆参両院の警務部は5日、警察庁、警視庁とのテロ対策合同訓練を国会内とその周辺で行いました。国会でのテロ対策の訓練は初めてです。国会内の警備は警務部(衛視)が行うと定められており(国会法)、警察が国会敷地で訓練に参加するのも初。極めて異例です。

合同訓練について日本共産党は▽一般警察権の行使を前提に警察部隊が国会構内に立ち入ったことは過去一度もない▽国会内の「秩序維持」は議院の自律権にかかわり、一般警察権との関係は慎重に検討すべき▽想定されている大規模な訓練を必要とする蓋然性(がいぜんせい)は示されておらず▽事件の想定や訓練規模、対処の方策など警察主導の訓練計画となっている―などとして反対を表明。6月26日に大島衆院議長、山崎正昭参院議長に訓練中止を申し入れました。 

国会議事堂は、そもそも一般人立ち入り禁止(一部見学はできるが)で、周囲の壁も頑丈に作られているだろうから半端なトラックくらいで突っ込んでもたぶん無理。占拠するような連中が出てくるのは、はっきり言ってクーデターくらいしかないと思う。

その意味でむしろこの程度の訓練など手ぬるいというか、自衛隊も参加させろと言いたいところだが(自衛隊がクーデターやると想定しているなら別だが)、そもそもなぜ共産党が反対するのかわからない。

日本高齢者党と化している共産党にクーデターやる能力も気概もないのはわかっているが・・・そうだ!以前国会内で赤旗記者が謎の脳挫傷を負ったことがありましたな。普通に考えると誰かにやられたとなるが党の発表は自分の不注意でのけが。

ご本人は復帰されたが、この時の記憶は完全に飛んでいるそうで真相は闇の中。
うーん・・・。
 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ