日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2015年05月

吉良よし子、ご懐妊w



結婚したのが昨年12月20日なので、計算は合う・・・え?「この秋には」だったらちよっと待てよ?出産日に注意が必要かも知れないなw

ま、それはそれとして、これで少しはおとなしくなるだろうから、党としてもホッとしたところかなw?


 

自衛隊員のことを全く考えていない共産党と自称反戦ジャーナリストたち

しんぶん赤旗。
「自衛隊の過酷な実態」をテーマにした29日放送のTBSラジオ「荻上チキ・セッション22」で、日本共産党の志位和夫委員長が衆院安保法制特別委員会(27日)で明らかにした「海外に派遣された自衛官54人が自殺」の問題を柱にトークを展開しました。 

自衛隊員のいじめ・自殺問題を長年取材してきた三宅さんは、2003年のイラク派兵前後から隊員の自殺が高水準になったと指摘します。「もっと過酷な場所に送り出す法案を通せば、今までとは比較にならない悲惨な状況が起きるのは間違いないと思います」「国民の世論で自衛隊を監視し、国会を国民の元に取り戻す。そうでなければ隊員の命が脅かされ、徴兵制にもつながっていく」と警鐘を鳴らしました

 自衛隊のイジメ体質など、以前からよく知られているし、このあたりの対応が必要なのは間違いないし、自殺者が多いのもゆゆしき事態である。だがこいつらも全然自衛隊のこと考えてないのな・・・

もし徴兵制を今実施しようとするなら、仮に1人月給15万円払うとして60万人(18歳の男)全員徴兵だと月給だけで900億円、年間だと一兆超える。二年間ならその倍だ。それに装備購入や訓練費用や宿舎など施設整備などいろいろやってりゃ必要な費用は年間五兆円は必要だ。防衛費は倍以上にふくれあがる。

どっからそんなカネが出てくるんだ? 

こんな簡単な計算もできない自称反戦ジャーナリストなど、共産党同様アホしか相手にしないw

安倍総理に忠告、志位たん苦手なら、筆坂タンに相談せよw!

日本ビジネスプレス
筆坂秀世タンの安倍VS志位のポツダム宣言やりとりに対するコラム。志位たんの強いところ弱いところを最もよく知る人だけになかなかのものだ。こっちの記事は感心しないが・・・

で本題。
そもそも安倍首相が、ポツダム宣言と同様の認識を示さないことなど、志位氏は百も承知だったはずだ。もし安倍首相が、「私はポツダム宣言の一語一句と同様の認識をしています。共産党と一緒です」などと答弁すれば、志位氏は、後の質問を続けることはできなかった。認めないことを分かっていたからこそ、成り立つ質問だったのだ。「しんぶん赤旗」には、「考え抜かれた論理だった」という、いつもの浅薄な党員による自画自賛の感想が掲載されているが、別に大して考えずとも、ちょっと安倍首相を困らせてやろうと思えば思いつく程度のことである。

安倍首相の過去の発言を見れば、ポツダム宣言の認識と同様でないことはよく分かっていた。同様の発言を何とか引き出したかったというのが、今回の質問の狙いであった。

 だがそれには失敗したということだ。そこで「つまびらかには読んでいない」という発言を曲解して、「ポツダム宣言を本当に読んでいない」と小馬鹿にする作戦に出たということだ。わざわざ原爆投下とポツダム宣言が発せられた日を時系列に並べて見せて、「本当に読んでなかったことがうかがわれる」と言ってみせる。毎度のことだが、小賢しい手法だ。

ポツダム宣言を受諾した事実を否定することはない。またできもしない。しかし、その内容を吟味することまで否定するというのは、思考停止と言わなければならない。安倍首相は、かつて「そんなものをもちだし、あたかも自分自身が戦勝国であるかのような態度で、日本の総理を責めあげる。大変な違和感を覚えました」と語ったそうだが、同感である。志位氏に、堂々とその態度が表明されなかったのは、残念である。
 

高く評価はしつつも、安倍タンとしては「戦争をする国」とか、空虚なキャッチフレーズに乗りかかって煽る内田樹みたいなお馬鹿さん的国民も意識して優等生やらなきゃならなかったわけで、悪い意味で育ちがよすぎるーーー不良になれないという意味ねーーー安倍たんとしてはアレが限界だったのではないかな?とは思う。

もっと安倍タンが不良っぽかったらなんてのは、今さら言っても詮無きことだが、志位たんを苦手にしているなら、今度やる時は筆坂タンに相談してみてはいかがw?

志位たん、それだけで舌鋒鈍るぞwww
 

潮流子はAKB握手券商法を知らないの?

しんぶん赤旗
きょうの潮流


この欄でも紹介したAKB48の新曲「僕たちは戦わない」が店売初日に147万枚をこえる史上最高の売り上げを記録しました。振り上げた拳を下ろそう、と訴えた歌が若者の心をとらえているのでしょうか▼センターを務める島崎遥香さんは「この楽曲を通して『今、何が必要なのか』を少しでも感じていただけたら」とコメントしています。あたかも国会では戦争法案の審議中。生々しい戦場に踏み込んでいくかもしれない不穏な空気を、時代に敏感な若者たちも感じ取っているはずです 

あ〜 潮流子はAKBの握手券商法知らないんですか?
握手券ほしさにファンが同じCDを何枚も買う・・・CD百枚位は平気なようで、中国の富豪が総選挙で推す時は何千枚とか・・・こういうのは極端にしてもこの曲も同じ曲で何タイプも違うパッケージで売っているんですよ。1人数枚は普通みたいですから。

戦争は狂気の世界。肉体だけでなく、人の心も壊してしまいます 
確かにね・・・まるで赤旗拡張と同じ。過去にも赤旗ノルマクリアできなくて自分で何部も赤旗をとり、そうやって作った浮き部数を大減紙の時に紛れ込ませて吐き出すなんて、あっちこっちで聞きますよねぇ。赤旗のために経済的にも行き詰まった人は、お金を失うだけでなく心まで壊れてしまったり・・・

特にきょうの赤旗の党のページは、この2日でばんばん拡大しようという記事になっていますが、2中総でどうせまた拡大になりますから、浮き部数を抱えている党員諸兄は今のうちに浮き部数を吐き出しておきましょう。

2中総まで「ぼくたちは拡大しない」の精神で・・・でなきゃ保たんでしょw? 

追記
社会問題のメッセージ性を保つ曲はAKBにもそれなりによい曲もあるだろうが、少なくともこの曲と比べるなら、こちらの方が。。。
Babymetal(1CD + 1DVD)
Babymetal
Imports
2015-06-09





 

平和維持活動の議論、単に反米と反中の争いにしか見えない。

しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、同日の衆院安保法制特別委員会での論戦について、「集団的自衛権問題は米国の戦争に日本政府がどういう姿勢をとってきたかが本質です。『ノー』といえない政府が集団的自衛権を手にすることの危険こそが問題の核心です。質疑を通じて対米関係における従属性がはっきりしました。こういう政府が集団的自衛権を行使するのは本当に危険だと明瞭になりました」と語りました。

中国にあからさまな侵略行為にノーと言ってから、中国共産党への従属姿勢を改めてから、こういうこと言ってくれないかな?でないと、平和の維持をどうやるかの論議が、ただの反米、反中の争いにしか見えない

維新政党新風の名古屋市議立候補者が愛労連出身だった!

本日未明にあったコメントから、先日の名古屋市議選で維新政党新風から出た、おさじま直人候補が愛労連出身だと教えられて、調べたら愛労連が声明を出していた。

筬島氏は約4年愛労連事務局に在籍してきましたが、今年2月12日に退職の申し出があり、愛労連はこの間の彼の活動ぶりや仕事ぶりを勘案し3月15日付けでの退職を受理し、3月1日から有休消化に入ったところです。2月末までの出勤期間に立候補予定の話は全くなく、報道に驚いています。

愛労連は個人の思想信条の自由を保障しますが、「次世代の党」の政策は愛労連の運動・要求とまったく相反するものであり、筬島氏が「愛労連事務局員」を語って立候補を表明することは労働者・労働組合員に対する重大な裏切り行為であるといわざるを得ません。 

かなり戸惑っているなとわかる声明だが、夢を持って愛労連に入ったら実際はえげつないとこだと幻滅して、真逆の新風に行ったんだろうね・・・他にもそういう人がいるのはぼくちん知ってる。

極端に走る人たちは昔もいた。というか戦前の共産党大幹部にもそんな人はいっぱいいた。鍋山貞親と佐野学の転向声明に影響を受けた三田村四郎なんか、不倶戴天の敵にまでなった。



戦前のスター的共産党員が続々転向していった背景には、コミンテルン日本支部として誕生した日本共産党の現実離れした活動に苦悩していた人が多かったからだ。同じことが愛労連にも言えるだろう。

こういう人が出てくると言うことは、愛労連が日本共産党と言う、現代日本にある小さいコミンテルンの言うがままの組織だと・・・戦前からある悪しき伝統を今も守っていることを示唆する。

 

自称日本一のヤジ政党の党首がそれを言っちゃいけませんw



日本共産党は、日本一のヤジ政党なのだが、そこの党首がヤジが出ないことを評価するとは笑い話だなw

実際のところは、
論戦力 (祥伝社新書)
筆坂秀世
祥伝社
2014-02-28

にも書かれている、志位たんの間違いなく勝てる水準まで準備をする方法が久しぶりに注目を集めたので聞き入っていたといったところか。それはそれで与野党含めて問題がある・・・志位たんの質問戦略なんか以前から知られているのに、何の準備のやってないということだから。

政治家の質を与野党共に疑問されるわなぁ。。。



日本共産党の反戦平和姿勢を疑うのに十分な記事ですな。

しんぶん赤旗
 南シナ海で中国が進める岩礁埋め立てをめぐり、米国との対立が先鋭化しています。米国防総省は21日、「航行の自由」を理由に、中国が造成した人工島の12カイリ(約22キロ)以内に米軍機や艦船を進入させると表明。一方の中国外務省は25日、「不測の事態を招く」と批判しています。 (面川誠) 

軍事費を削りたいアメリカたんですが、尖閣に中国がやっていることを真似て圧力をかけると言うわけですな。米軍は自衛隊のように優しくないので火器管制レーダーを照射されたら応戦してくる可能性が高いわけで中国としても頭かかえていることでしょう。

それにしても、中国相手には「外交問題は交渉で解決を」と言わない日本共産党って・・・本当に反戦平和の党なのか疑わしくて仕方がないw



 

共産党本村伸子議員、資産ゼロ(ただし中古の軽所有)

毎日新聞
昨年12月の総選挙で当選した衆院議員475人の資産公開で、「資産ゼロ」としている議員が35人に上った。資産公開法は「国会議員の資産の状況を国民の不断の監視下に置く」とうたうが、流動性の高い普通預金や家族名義の資産は公開対象とされず、識者は「実態を反映していない」と批判している。 

で、資産ゼロ議員の中で唯一共産党から本村伸子議員が出てきたwただし、公開対象でない資産(100万円以下のクルマもここにはいる)として中古の軽自動車を持っているという。

同議員のプロフィールを見ると家族は父母というから独身のようである。しかも共産党専従人生一徹である。普通このくらいの年齢の独身女子で定期預金などの資産を持っていないというのは、ほぼ間違いなく貧困層に属する人になるわけだが、伸子タン今は衆議院議員である。

ちゃんと仕事するなら、四年間議員できるかどうか知らないけど、一千万、二千万の資産を作っても誰も文句言わないと思うが、党は相当額の寄付を願っているだろう。そして伸子タンならそれに応じてしまいそうで・・・議員在籍中も資産ゼロやりかねないと思うのね。


共産党に次の躍進は、たぶんもうない・・・次はチャンスがあっても高齢化で力がなくなっている・・・から、どっかの小百合じゃないけど議員報酬で資産形成をしておいた方がいいと思うけどな・・・ 

志位ポツダム宣言質問を共産党綱領から分析すると

BLOGOS
竹中正治龍谷大経済学部教授の、共産党がポツダム宣言を絶対視する理由の考察。共産党綱領から読み解こうとするのが学者らしい。

ぼくちんがこちらで書いている認識に割と近い考え方だと思うが、まぁ共産党の歴史のねつ造は今に始まったわけじゃなし、こういう細かい突っ込みをされると志位たんも苦労するだろうな。。。。
 

そこまで言って委員会、共産党を出すために気を遣うw

しんぶん赤旗

「今回の企画はこの方ありきです」。24日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会」は「『笑点』ならぬニッポンの焦点」の冒頭で出演者の一人、日本共産党の小池晃副委員長を「名回答を連発」と紹介しました。

 
そこまで言って委員会といえば、 共産党議員、特に穀田あたりを呼ぶといつもボコられるか無視されたりするので出てこなくなった。それで困った番組は共産党特集をやったり、こうやって持ち上げてやっとこさ共産党を引っ張り出しているわけだ。

いやぁ、ダダこねてマスコミを振り回すなんて、日本共産党にしか出来ませんよね・・・他では恥ずかしくてとてもとてもwww

 

民青610人を集めて、不破タン科学的社会主義セミナー

しんぶん赤旗

日本民主青年同盟は24日、若者の社会への関心にこたえ、東京都内の日本共産党本部で、不破哲三社会科学研究所所長を講師とした科学的社会主義セミナー「マルクスと友達になろう―社会を変革する学び」を開きました。

 47都道府県から10代〜20代の610人が参加。大会議場は2階席を含めて埋まり、第3会場でも生中継されました。不破さんが所蔵する戦前に秘密出版された『共産党宣言』を紹介すると、身を乗り出す場面も。若者たちはメモをとりながら、熱心に講義に聞き入りました。

 
 610人も全国から集めたと言うことは、民青の現勢を鑑みれば、使い物になりそうなの全員集めたといってもいい規模だろう。いったいどこから交通費や宿泊費が出たのか興味は尽きないw

いや、都道府県委員会が出したんだろうけど、これでまた専従の給与が一ヶ月分遅配とかになっているところもあるんだろうなぁ・・・哀しきかな党専従。 

このタイミングでニュルンベルク裁判の本が出てたのね・・

ニュルンベルク裁判 (中公新書)
アンネッテ・ヴァインケ
中央公論新社
2015-04-24

ナチ・ドイツによる第2次世界大戦中の戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判。主要犯罪人24名を扱った国際軍事法廷、医師・親衛隊員・高級官僚ら185名を扱った12の継続裁判で構成され、終戦後、半年を経て始まった。法廷では、ホロコーストを始めナチの悪行が明らかにされ、「平和に対する罪」「人道に対する罪」など新しい罪の規定が話題を呼ぶ。本書は、東京裁判のモデルとなった史上初の大規模な戦争犯罪裁判の全貌を描く。

ということで (どういうことで?)ポツダム宣言とかヒットラー、ムッソリーニ、ヒロヒトが話題になるより1ヵ月先行して、こんな本が出てました。

読者より教えていただいたのだが、相当に密度の高い本のようである。最初は単なる戦勝国かせ敗戦国を裁く裁判になりかかっていたのが、いろいろあって、その後ドイツは自分たちで戦争犯罪人を裁くようになり・・・以下はお楽しみとしておこう。

ま、どうせまたこの本をネタに潮流子がバカを書くだろうけど、そのときのために読んでおくのも一興かとw


追記・今月のアフィリエイトは3桁に終わりそうw
 

日本共産党大山奈々子議員、ヒトラー、ムッソリーニ、ヒロヒトを並べる

ヒトラー、ムッソリーニと来た後に何が来るのか?日本共産党神奈川県議会議員、大山奈々子先生は昭和天皇ヒロヒトを挙げますた。

 

ムヒカ大統領と、共産党の元議長とはエライ違いですなw

今日の潮流
南米ウルグアイの第40代大統領を務めたホセ・ムヒカさんは“世界で一番貧しい大統領”と呼ばれました。給料の大半を貧しい人のために寄付。公邸には住まず、郊外の農場で愛妻と質素に暮らしています▼「貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」。物質的な豊かさだけが人間の幸せか。3年前の地球サミットで、彼はそう問いかけました

ヒカ大統領はネットでとっても有名で、エピソードに事欠かない人ですが、日本には貧乏人の味方のようでいて、赤い貴族と呼ばれる人がいます。召使い付きの家に住み、趣味の博物館まで持っているブルジョアであります。

所得の格差は世界中でひろがっています。自国だけの利益や、ひと握りの人たちの裕福さだけを追い求める勢力とは決別しなければなりません 

そうですね、日本共産党とは決別しないとw・・・・いやぁ、最近の潮流子はぼくちんのネタを作ろうと一生懸命になってくれているようで。うれぴいw

大阪で参議院議員の議席が一つ増えるかもw

産経新聞
大阪都構想の住民投票後についてのニュースだが、自民党の柳本卓治参議院議員がこんなことを言っていたそうな。

「この車であいさつするのは初めてだが、非常に気持ちがいい。何か兄弟と一緒におるような」。10日午前、大阪・難波で自民党参院議員の柳本卓治は共産の街宣車に上った。街宣車は政治信条や政策を訴える、政治家にとって「特別なもの」(自民市議)。翌日には、官房長官の菅義偉に「個人的には全く理解できない」と切り捨てられた。

 さ、赤旗と入党申し込み書を持っていこうか・・・w

政治家の適格性の疑問ありでも、意見が似ていたら知らんふりw

しんぶん赤旗
自民党の山崎拓・元幹事長は21日、日本記者クラブで会見し、安倍政権が今夏に成立を狙う「戦争法案」について「全体的に問題がある」と批判。拙速を強く戒めて慎重に審議するよう求め、今国会で未成立に終わることがあっても当然との認識を示しました。 


いえね、山拓タンがどんな考えだっていいんですけど、 日本共産党はかつて山崎拓タンを政治家として適格性に欠けると言っていたんですよね・・・・

それが自分たちと似たようなこと言い出したら「ほら自民党の元幹事長も言ってるでしょ」と言いたげな記事。山崎拓の政治家家の適格性はどうなったんでしょうかw?
 

共産党がポツダム宣言を正当と認めると、弾圧も正当化されるw

しんぶん赤旗
礒崎陽輔首相補佐官(自民党参院議員)は20日放送のBS番組で、日本が受諾し戦後日本の始まりとなったポツダム宣言(1945年7月26日)について、「一字一句正しいことが書いているかどうかは私はどうかと思う」「少し精査してみないと何とも言えないのではないか」と述べ、宣言を否定するような立場を示しました。

同番組で討論した日本共産党の山下芳生書記局長は首相発言について、「読んでいないとなると、首相どころか政治家として務まるのか。ましてや、『戦後70年談話』を出す資格があるのかと言わざるを得ない」と批判しました。 


あ〜読んでいない共産党の政治家多いと思いますよwだいたい赤旗すら読んでいるのかどうか怪しい者がいっぱいいるw 

だいたい、よしきタン、宮本たけし先生をよく知る立場(2人は大阪民青の正副委員長だった)にいて、たけし先生が読んでいるとお考えでw?

そもそも補佐官の言うことは一理ある。ポツダム宣言は無条件降伏を日本に突きつけた、戦勝国が敗戦国に突きつけた脅迫状だ。もっともムチだけでなくアメもつけてあるけども。

13項
  1. 我々は日本政府に対し日本軍の無条件降伏の宣言を要求する。かつ、誠意を持って実行されるよう、適切かつ十二分な保証を求める。もし拒否すれば、日本は即座にかつ徹底して撃滅される
 
 で、脅迫の通り、日本に補償をさせるのに邪魔な日本共産党をレッドパージで弾圧したのもこいつらだw
自党の弾圧者の言うことは正当であるとのたまう共産党もなぁ・・・ 

 

共産党大喜びも、周囲は感心しない党首討論になったのはなぜか



ということで、しんぶん赤旗も狂喜乱舞状態だが、あんまりみなさん感心してはいないんだよな〜。なんでかというと建前論で押し切ろうとしているのが志位たん見え見えだからだろうなぁ。

現実問題として、侵略を宣言している国が隣にあるのに何言ってんのこいつ?状態。どこかの元議長が言っているように「いましめあう」とか口だけだから、見ている者は白けてしまう・・・これは北朝鮮関係の発言だが、建前なのは一緒w。

こんな調子でまた暑い中、党拡大に走らされる党員哀れといったところですね。



日本共産党、中国に核問題に関してはモノを言う。

しんぶん赤旗

日本共産党の緒方靖夫副委員長は19日、党本部で中国大使館の張社平参事官に会い、22日に最終日を迎える核不拡散条約(NPT)再検討会議に関して中国側に申し入れをしました。

 緒方氏は、「被爆国で活動し、核兵器廃絶を国際平和の緊急・最重要の課題として取り組んできた共産党として懸念を持つ」と前置きし、最終文書案の草案にあった世界の指導者らに被爆地訪問を提案する文言が、歴史問題を理由にした中国の反対で削除された問題で中国側に削除要求の撤回を求めました

大使を呼びつけるのではなく参事官というのが日本共産党の立場の弱さを象徴しているわけだが、 まぁやらないよりはやったほうがいいわけで、これは評価すべきだろう。

同じことを尖閣でも言わないのがアレだがw 

 

ヒゲ戸田議員から、裁判傍聴のお誘いw

ヒゲ戸田議員より
5月22日1330大阪地裁809号法廷で開かれる裁判の傍聴に来ませんか?とお誘いがあった。何の裁判かというと以前から何度か当blogでもネタにした、共産党党議員団がヒゲ戸田タンに対し「おめーからの質問は何があっても答えねーよ」と公職にあるまじきことを公言しているので、名誉毀損で訴えているという裁判である。

 ということでヒゲ戸田議員のメッセージおば 続きを読む

やっぱオスプレイが落ちるとうれしい日本共産党

しんぶん赤旗
日本共産党の山下芳生書記局長は18日の記者会見で、米海兵隊の垂直離着陸機MV22オスプレイがハワイで着陸に失敗し死傷者が出たことについて問われ、「たいへん危ない軍用機であるということは、かねがね指摘されていました。危険な軍用機を普天間(基地)に配備強行した日米両政府の責任があらためて問われます」と語りました。 

あ〜もしもし? 危ないと言っていたのはブサヨクだけですけど?というか一件事故があったくらいで「ぼくたちの言ったとおりでしょw?」なんて、宮本たけし先生ならともかく書記局長が言うことじゃない(笑)

以前にも田村智子がこの件で沈没したけど、山下よしきタンくらいにはペストセラー旅客機ボーイング747の事故を提示しておきましょうか。 

軍用機でもない、世界のベストセラー機ですけど、こんだけ事故やっているのに日本共産党はどうしてこれまで批判してこなかったのか問いただされたらどう答えるつもりなんでしょうね?

いや、本音を言うと誰もそんな質問なんかしません。だって相手は共産党ですよw
航空機の安全性評価データが読める人間など、いるはずがない自称科学の党(笑)にそんな質問するだけ無駄ですもん。ていうか、オスプレイは軍用機だけど実態はただの輸送機だよ。ネパール地震でドンだけ活躍したのか知っていてもこれですからね・・・普通の人は呆れます。

 

足立区選挙カー事件、ぬかが和子党内トップ当選

日本共産党東京都委員会

足立区の選挙カー事件の当事者と見られる、ぬかが和子タンが党内でトップ当選した。トータルでも5位の好成績である。 

まぁ、こんな調子だから、ほとぼりが冷めたら緊急車両ゾーンにクルマを止めているだろうw 

都構想住民投票・共産党も最後まで結果が読めなかった模様

本日の赤旗紙面は、大阪市の住民投票が薄氷の勝利だったのは共産党としても最後までわからなかったらしく、一面は大きな写真のこれで住民投票記事は一面とは言うものの片隅にこれだけであった。明日あたりから本格的に勝利関係の記事が書かれるのだろうが、どれだけはしゃぐのか見物である。

それにしても沖縄と言い大阪と言い、どちらが勝ったにしても薄氷の勝利には違いなく、世論は真っ二つに分かれている。どっちに転んでもおかしくない状況だけに、まだまだ尾を引きそうですな・・・。
 

大阪都構想、共産党の反対意見のごまかし

しんぶん赤旗
きょうの潮流
落語や漫才のネタには会話がかみ合わなかったり、話がすり替わるものが多い。すれちがいの面白さや予想外の展開が笑いを誘うからでしょう▼笑い話で済むなら結構ですが、一般の社会ではそうはいきません。勘違いや食い違いは誤解、混乱を招き、話のすり替えはごまかしやだましがつきまといます。そんな手法を政治家が用いたら…。 

共産党の場合、笑い話で済んでしまいますねw
たとえば本日の紙面で言うと、宮本たけし先生の質問。
宮本氏は、維新の会が「都構想Q&A」で地方自治法281条の4を根拠に、一度、特別区になっても「市に戻すことは可能」としていることについて質問。総務省は「地方自治法281条の4の規定は「特別区を廃止し、その区域に新たに市町村を設置する手続きを規定したものではない」と答弁。二度と大阪市には戻れないことが明確になりました。

どこが戻れないの?関係条文はこれだな。
第二百八十一条の四  
市町村の廃置分合又は境界変更を伴わない特別区の廃置分合又は境界変更は、関係特別区の申請に基づき、都知事が都の議会の議決を経てこれを定め、直ちにその旨を総務大臣に届け出なければならない。

10  都内の市町村の廃置分合又は境界変更を伴う特別区の境界変更で市町村の設置を伴わないものは、関係特別区及び関係市町村の申請に基づき、都知事が都の議会の議決を経てこれを定め、直ちにその旨を総務大臣に届け出なければならない。

 
 地方自治法は昭和22年に作られて、それまでにあった都を前提として作られているわけで、似たような場合には似たような援用をして適用するよう別条文に書いてある。すなわちこれは都知事が議会で了承を取って総務大臣に届ければいいと言うことになるんじゃないのかな?

その意味で総務省答弁は、全く正しい。だからと言って大阪市に戻れない根拠にはならない。

 赤旗は立派な言葉とは裏腹に話のすり替えやごまかしは多い。今回もその典型例を赤旗自らが晒してしまったw
 

師匠おすすめの九条本



TAMO2師匠おすすめ
憲法第九条について、とても良い本を見つけました。
『憲法第九条 ——大東亜戦争の遺産 元特攻隊員が託した戦後日本への願い』(上山春平著、明月堂書店)

この本、いわゆる護憲派のペテンと欺瞞を徹底的に暴いているんですよね。同時に、日本に憲法を「押し付けた側」の身勝手さをコテンコテンに批判しています。

その上で。p87から。「現行の日本国憲法は、国際機構を前提とする人類最初の新しい国家プランである」として、その新しさを追求しています。戦後日本を「半国家」と規定し、日本に護憲を可能ならしめるのは、アメリカ・中国・ロシアにこそ責任があることを明示しています。 

一番信用できないタイプの人をほめてどうする?

しんぶん赤旗
今日の潮流
97歳になった今も1人暮らしを楽しむ生活評論家の吉沢久子さん。本紙日曜版に連載中のエッセーで心豊かな暮らしぶりをつづり、読者から多くの反響が寄せられています▼そんな吉沢さんが「絶対に許せない」と憤るのが、日本を戦争する国に変えようとする安倍政権の動きです。

「今の政治家は、ほとんどが本当の戦争を知らない世代でしょう。歴史をよく知りなさい、そして、そこから学ぶべきだ。そう言いたいのです」 


 97歳と言えば、終戦時27歳。昭和10年で17歳。一番多感な時期を戦争前に体験している世代。そして、大衆の心が戦争に傾く過程を目撃していた世代だ。にもかからわず、戦時中自分が苦労したことは覚えていても、世の中の大きな動きは見えていなかったと見える。当然ろくに歴史の勉強もしていないのだろう。

共産党の古老も同様・・・おまえら昔党が今とは全く違うこと言ってたの覚えてないのか?

多いよね・・・こういう人。

九条教徒は、本気になって歴史を学ぶべし

本日、戦争立法反対氏より、次のようなコメントがあった。
自民党と公明党が「戦争立法」で合意したことを受け、日本共産党の山下書記長は今週末にかけて緊急行動を行うことを提起しました。 
早速行動を起こした皆さんがあるらしく、赤旗や、ネットニュースで集会の様子を伝えています。 
マスコミでは「安保関連法案」と言うような言い方をしていますが、1番安全とはかけ離れているのがこの法案です。「戦争立法」と呼ぶべきです。 
平和を守るために、戦争経験者のみなさんのお話を読んだり聞いたりすることはたびたびしてきましたが、「戦争はこりごり」とこもごも語られる割に、「何故戦争になるのを止めなかったのか」と言う疑問に答えてくれる方はあまりありません。「いつの間にか戦争になっていた」「そういう時代だった」と。 
私たちには、歴史に学ぶ蓄積があります。戦争は民主主義の仮面を被ってやってきます
。安倍総理がいくら選挙で正当に選出された首相でも、独裁者であっていいわけではありません。 
よく「民主主義」イコール「多数決」みたいなことを言われがちですけど、少数者の意見を尊重するのが民主主義です。 
民主主義の底力が試されています。 

代わりに答えてしんぜよう。 
「なぜ戦争になるのを止めなかったのか」
こたえは、国民が戦争を望んだと言うことです。

そして、メディアは日本を戦争に導いた
半藤 一利
東洋経済新報社
2013-10-11




昭和10年ごろの日本は、新聞が戦前の全盛期を迎え、レコード、ラジオなどメディアが普及し出した頃で、新聞、レコード、ラジオが三つ巴の販売競争と協調(今で言うコラボ、メディアミックス)をしていた。当然客は大衆で、大衆ウケしないと販売を伸ばせなかったわけだが、手っ取り早いテーマは軍隊だった。今ならAKBが果たしていたような大衆娯楽の役割を軍が担っていたのだ。

それが証拠にこの頃海軍とか陸軍の士官学校は学費が要らないし一高、三高に並ぶエリート校だったし、学費が要らなかったから貧乏人が成り上がるには有力な進路だった。

軍隊がAKBの役割を果たしているなだから当然論調はイケイケとなるわけでイケイケをやるほど販売が伸びた。んなわけで、世論の上では、みんな喜んで戦争をやろうとしたのが実態だ・・・それが散々に負けたものだからもういやだと言うことになっただけのこと・・・日露戦争で懲りたはずなのに、もう忘れているのが大衆というものだったりする。

さらにいえば、民主主義を美化して考えるから仮面って言い方をするのだろうけど、戦争は民主主義の仮面をかぶってくるのではなく、民主主義の力の行使そのものだよ。背景にあるのがナショナリズム。

フランス革命から始まる、いわゆる国民国家の発展は、王政の国の軍隊よりも強いのが背景にあった。だって国民国家は総力戦が出来たから、王様の私兵程度ではとうてい太刀打ちできなくなったから民主主義の国が増えたわけ。民主主義によって国民全体が戦う時代になったから王政を相手に勝利できた。それが歴史。

ということで、歴史を強調するなら、もっと歴史を勉強しましょう。この程度じゃ歴史をかじった人から、せせら笑われます。

あ、ちなみに上に上げた2冊は、このテーマで論じる時、最低の最低レベルで読んでおくべき内容で、とりあえず世間様にマトモに相手にしたもらいたかったら、まぁ1000冊読破が最低線でしょうな。10年は勉強せにゃならん。

ちなみにもう少し親切に書くと、ローマ史100冊、三国時代100冊、フランス革命100冊、幕末史100冊、明治大正史100冊、一次大戦、二次大戦各100冊、国際関係100冊、戦略論50冊、その他150冊くらいがバランス取れているんでないかな?

追記
KM生氏のおすすめ

自衛隊違憲論の護憲派からも(泥は裏切者とする)改憲派からも突っ込みどころ満載ではあるが、逆に(先の「松竹伸幸=慰安婦問題本」と同様)「護憲の範囲内での自衛隊のあり方」として現実的説得力を持つ好著である。 

子宮頸がんワクチン副作用問題、日本共産党にも責任はある

しんぶん赤旗
日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は13日の厚生労働委員会で、子宮頸(けい)がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種後に疼痛(とうつう)や運動障害などの症状(副反応)に苦しむ女性が出ている問題で、原因究明と医療支援などの救済を求めました。 

子宮頸がんワクチンの公的補助について、かつて日本共産党はすすめておりました。ぼくちんは、キホン現時点でのワクチンはコストパフォーマンスが悪いと言うことで公的補助するほどの必要はないと考えておりました。

問題になるほど副作用があるなら、それも含めて検討すべきところですが、日本共産党はそうしたリスクとベネフィットに関する考察なしに公的扶助を推進していたわけでつ。

高橋千鶴子女史におかれましては、副作用に苦しむ女性支援だけでなく、医師である小池晃がこの政策を出す時にどんな対応をしたのか原因追及と再発防止に取り組んでいただきたいものです・・・やらないだろうけどw 

山下よしきと宮本たけし

もとき氏のコメント
20150212
本題とは違いますが、生年月日を見ましたら、宮本たけし議員は山下よしき書記局長と同学年なんですね。現在の立場は宮本議員にとって少しくやしいでしょうね。元々山下議員のほうが党内の出世は早かったんでしょうか? 

またこのポスター、山下議員はもとより清水議員が入っており、宮本議員的には、かなり悔しいかと思いますが、その辺どうなんでしょうか?少し興味がありますもんでして。


 宮本たけし先生は民青大阪府委員会委員長の時に山下よしきタンは副委員長だったんですね。この頃は、たけし先生の方が高く評価されていたようです。

しかし、大阪府委員会の委員長時の評判と、ふだんのアホな言動が災いしてたけし先生はずっとよしきタンの後塵を拝してきますた。
現在たけし先生は念願のヒラ中央委員になりましたが、よしきタンはその何年も前から常任幹部会委員ですた。この感じだと、引退までにせいぜい今の穀田恵二のポジションがやっとで、書記局長は無理でつ。

まぁ、たけし先生のこれまでのアホな言動も、悔しさから出ていたのかも知れませんね。 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ