日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2015年04月

「慰安婦問題をこれで終わらせる」は、読者の感情に寄り添った本である



TAMO2師匠の書評を転載したら、おめーもなんか書けと無言の圧力wを感じたので書く。

以前述べたように、ぼくちん、松竹たんについて編集者として評価はしても、著作者としてはそれほど評価はしていなかった。その理由は以前書いたが、この本は薦めるべきだと思った。

 その理由は、従軍慰安婦本を読みあさっているわけではないが、おそらくこの本ほど客観的な論点整理をしていて、その上でこの問題に関心を持つ読者の感情に寄り添おうとする本は、おそらくないだろうと思うからだ。
 

まず、著者の立ち位置から述べておこう。松竹氏は慰安婦問題解決の理想型を元従軍慰安婦の方々が癒やされることとする。これは、ウヨサヨその他もろもろの主張に見られる、国家のメンツに関わる史実の評価論争(というか足の引っ張り合い)に辟易している人にとって、新鮮な視点である。

ウヨにせよサヨにせよ、イデオロギー論争になると、キホン論破するか、されるかが彼らの関心の中心になるが、そこを最初から外してかかる。うまいねぇwww

で、章立ては

一章:朝日新聞の本当の「罪」とは 

二章:政府声明「河野談話」とは何だったのか 

三章:植民地支配と和解について国際標準から 

補論:妥協と原理の政治について


となっていて、一章と二章はこれまでの問題の経過について書いてある。史実よりも、論争史に踏み込むことでイデオロギー論争したがっている読者は肩すかしを食らう。この「外し方」が、他の従軍慰安婦本には(おそらく)ない、この本の個性である。


そして三章の伏線として、むかしは左翼こそ河野談話を非難し、右翼は支持していたとか、今とは正反対の世論だったことを挙げるなどして、右翼と左翼の一致点を探る材料を提示している。


自分が生きてきた「同時代史」は自分がその時代に生きていたという妙な自信があるのか、自分の知識のなさを自覚してない人が多い。たとえば何かと同情される派遣社員なんか、30年前は正社員からうらやましがられる待遇だったけど、現在のメディアではまず書かれることはない。そういうところまでちゃんと見ているから、二章まで読んだところで、この人は信用できると思う人は多いと思う。


そして迎える三章である。ここて慰安婦問題に関心を持つ読者の感情に本格的に切り込む。たとえば、「他の国でも慰安婦はいたのに、なぜ日本だけ悪者扱いされるのか」みたいな、素人目線の素朴な質問に対する答えがほぼ全て書いてあるといっていいだろう。


素人の疑問に対して、本気になって近現代史や国際法などに当たって調べまくって答えているから、説得力は十分だ。もちろん「なぜ日本だけ」などの疑問を持つ読者の感情にも十分に配慮されているから、いわゆる右翼筋が読んでも反論はそう簡単には出てはこないだろう。


そして四章だ。一章から三章を念頭に、誰もが納得できる解決法はないものの、右翼と左翼が歩み寄れる余地はけっして小さくない。極右、極左は別としても、その他は歩み寄りは可能ではないかということで、特に左翼の側の妥協を求める・・・そんな結論に至るのは、自分が左翼だからだろう。


そして思った。本の著者は自分の強みと弱みをきちんと把握しておきべきだと言われるが、まさしくその見本を見たような気分である。編集者という職業は調べるのが仕事みたいなもので、現役編集者でもある松竹氏は、本を書く時もこうした調べ物関係はやはり強い。


マーケティングセンスも光る。本人は、やむにやまれぬ熱情でもって本を書いておられるのだろうし、意識的に「史実論争外し」を行っているのではないだろう。しかし、読者の感情にとことん寄り添おうとすることで、手垢のついたテーマなのに類書が(おそらく)全くない本に仕上がった。


そして考える。この本は小学館から出ているが、同社の雑誌、SAPIOはどうするのか?SAPIOは右翼雑誌というわけでもないのだろうけど、櫻井よしことか右翼的に見られる人が出てくることが多く、世間的には右翼雑誌的扱いを受けていると思う。

そういう雑誌が、この本をベースに慰安婦特集を組むのかどうか?組めば話題になるだろう。SAPIOの読者層が良識人なら新しい読者を得られる上に良い販売実績も残せると思う。しかし、ちがう読者層なら、逆に読者を失うことになる可能性を除外することは出来ないだろう。そんなリスクを小学館が取るかどうか?

あるいは別の左翼雑誌、たとえば週刊金曜日みたいなメディアは、この本をどう評価するのか?もちろん、池内さおりとか日本共産党もだ。ぼくちんの読後の関心は、そこに移っている。

最後に当blogの立ち位置からして絶対に言わねばならない一言。これくらい読者に寄り添う姿勢が日本共産党にあったら、彼は党本部職員を辞めなかったと思うぞw


練馬区、九条の会を共産党系団体と認定w

朝日新聞
29日に上映される東京大空襲前後の下町を舞台とした映画の後援を、東京都練馬区教委が断っている。戦争の永久放棄を掲げる日本国憲法を守ろうと活動する区民団体「ねりま九条の会」が共催しているからだという。

後援の申請を受けた区教委は会の活動を調査。その結果、2014年の都知事選で弁護士の宇都宮健児さんを支援したことなどを挙げ、「特定の主義主張をもって政治的活動を行う団体への承認は教育委員会の政治的中立性を損なう」として断ったという。 


映画自体は、たぶん政治性も何もないのだろうけど、そんなことよりも明日の赤旗がこれをどう扱うかが当blog的な関心なのは言うまでもない。どんな批判をしてくるのだろうか?

九条の会と日本共産党は関係ありません?
思想信条の自由に土足で踏み込む暴挙?
改憲活動に追従する練馬区教育委員会?
 

不破哲三、日本共産党がスターリン信仰に染まっていたことを証言

しんぶん赤旗


の販促記事の中での不破哲三の証言。

 世界の運動にたいするスターリンの支配体制をより決定的なものにしたのが、スターリンへの「理論」信仰ですね。スターリンには、それまで理論的著作はほとんどないのですが、『ソ連共産党(ボ)小史』(1938年)をつくって、“スターリンがロシア革命を指導した”“ロシア革命にはマルクス・レーニン主義の革命論のすべてがある”と書いて、それを徹底させる国際運動をやったわけです。

 私が日本共産党に入った当時は、ソ連とその指導者スターリンに対する理論的、政治的な無条件の信頼がありましたね。それには、第2次世界大戦で、ソ連がヒトラー・ドイツを倒す主力軍になり、戦後の国際政治を動かす主役の一人となったという事実も大きく働きました。

不破哲三の入党は昭和22年だから、まだレッドパージはまだ先の話で、進駐軍を解放軍と規定して革命やるぞと意気揚々としていた時代である。コミンフォルム批判によってソ連や中国からの介入もまだない。当然その後の党の分裂やミヤケン体制確立後の自主独立路線を取ることも想像だにしていない。

ソ連崩壊時に日本共産党が、あれは社会主義ではないと喜んだといつも強弁するが、この頃にの日本胸鎖党はソ連こそ我が祖国といわんばかりに信頼していた。

このことはちょっと党史を知る者には常識だが、党は公式に認めない。党員の中でもアホランクの党員は「ウソ言うな」と反駁する(笑)しかし、不破哲三が赤旗紙上で認めたら、もうそんないいわけは不可能。
「おまえは共産党しを支持しているのに赤旗も読んでいないのか。おまえネトウヨだろw!」
と罵倒したら終わりになってしまったw

ということてせ、アホランクの共産党員や支持者は、これよりネトウヨと呼ばれることになるのだろう。かわいそうにw
 

軍事ジャーナリスト、日本共産党と赤嶺政賢を公然と馬鹿にする

BLOGOS

「宗教結社」日本共産党は文民統制の意味を知らず
という清谷信一氏のお話。 

ホント、共産党って「信者」しか相手にしていない新興宗教みたいなもんです。
ある意味公明党、創価学会と同じで、自分たちの偏狭な「常識」を検証もせずに「事実だ」と他人に押し付けるから嫌われます。

 「官僚統制」と「文民統制」の区別がついていないわけです。それで政党なのっているのってどうでしょうね。

こんな小学生レベルな因縁をつけるよりも、本当の我が国の文民統制の問題点をつついて欲しいものです。

 
そんな能力ないだろ、ばあかと言われているようなもんだが(というか、言ってるがw)、こう言う言われ方をされる理由の一つには、やっぱ赤旗の役割って大きいよな?

アホのくせに傲岸な文体で書く赤旗を最良の学習ツールにしたりするから、アホ党員ほど自分が偉くなったような気になるんだろう。

いっせい地方選後半、前回比106%で第三の躍進止まる。

しんぶん赤旗
 26日投票のいっせい地方選後半戦の区市町村議選で、27日開票の六つの東京特別区議選の開票が行われ、日本共産党の全議席が確定しました。後半戦に日本共産党は1161人が立候補し、区議選で128人、一般市議選で672人、町村議選で292人の計1092人が当選。2011年の前回と比べ62議席増やしました。 

一応前進だが、 前回落としすぎた長崎や高松など4議席立てることすら出来ないかった。前回比6%増というのは、とりあえず取れるところは取ったという程度で、真の前進にはほど遠い。

第三の躍進は、これで終了。そしていつもの後退の時代が見えてきた選挙結果である。
 

吉良よし子、ニューヨークに派遣されるが心境を推理しよう

しんぶん赤旗
国際平和地球会議(って何だよ?)で吉良よし子がスピーチ

日本の国会議員として日本共産党の吉良よし子参院議員が登壇。核不拡散条約(NPT)再検討会議を核兵器全面禁止に前進させるための意見を表明し、討論しました。

 吉良さんは、10分間にわたって英語でスピーチ。オバマ大統領に会う安倍首相について、「アメリカの核の傘に守ってもらうため、禁止条約の交渉開始も言えない、あまりに恥ずかしい態度です」と批判しました。 

今日の旦那の当選を待つことかなわず、ニューヨークに派遣されてしまったのですね。 ということで、彼女の心の動きを推理してみようw

よしこ「あなたの当選の瞬間に立ち会えないのは寂しいわウルウル」 
だんな「党の指令だ。職業革命家としてそんなことをいっちゃいけないよ。がんばってきなさい」 
よしこ「ニューヨークで当選のお知らせ待ってますシクシク」

-----------------機中----------------------------------
「            」
------------------ニューヨーク---------------------- 
 

よし子「あなた、当選おめでとう」
だんな「ありがとう。みんなのおかけで当選することができたよ。頑張るぞ」
電話を切って
よしこ「              」

いっせい地方選後半雑談エントリ

注目は前回4を0にした長崎市長選、同じく4を1にした高松市議選ってところですかね?

そして多くが理解する、共産党に投票したって未来がないことを

NEWSポストセブン
自民党に投票しない層の受け皿に現在の共産党がなっているという分析 

まぁ、その通りなのだけど、こういうのって、もう何度か(正確には過去二回)来た道なんですよね。共産党は今回の議席増を「第三の躍進」と言っているが、これまでの第一の躍進、第二の躍進の後はどちらも反自民などの熱が冷めたらどかんと議席を減らしてもとの木阿弥を繰り返している。どかんと減らすことがなかったら今ごろ100議席はとっていてもおかしくないのだ。

それと、きょうの選挙も一応は前進するだろうが、数年後にはまたぽしゃるだろう。しかし次にぽしゃるともう後がない。党員の平均年齢は70歳を超え、運動員が激減するからだ。今回の選挙でも、選挙活動が前回よりも強力にやれたところはほとんどあるまい。今でも各地の中核を占めていたベテランが年々高齢化で引退しているのだ。

そういうところの指摘も欲しいよねぇ・・・。



 

吉良よし子、松嶋祐一郎を応援



とうとう、目黒は最終兵器を投入したようでつw
 

松竹伸幸タンの新刊「慰安婦問題をこれで終わらせる」発売



22日発売のこの本、TAMO2師匠がさっそく書評。どうやら発売前に書評依頼があったようだ。で、無断で全文掲載する。なぜなら、ぼくちんがそうすることを確実に予測していて文句を言ってこないのは未必の故意であるからだ(なんか違うが、気にするなw)
ちなみに22日から一部の東京の書店で手に入り、全国書店には25日から並ぶ。

松竹氏の著作は、当blogでのアフィリエイト対象としてはトップクラスの売上になるのだけど、個人的にはそれほど評価はしていなかった。なぜかというと、どことなく大きなテーマを素人が背伸びして論じているみたいな感触を持っていたからだ。たとえば、伊勢崎賢治タンの本を作っていながら彼と張り合って憲法九条と外交を論じるとか。普通は編者が著者の十八番と競合するようなことはしないのに、なんでまたこういうことをするのよと思ってた。勝てるわけない上に裏切りじゃんと思ってたわけ。




とはいえ、素性の悪い人ではない。現場経験はなくとも通用する分野なら勝負は出来る。従軍慰安婦は、そうしたテーマなのかもしないと、師匠の書評を読んで思った。この分野の現場経験のある人はほとんどいないし、いても文章書けないし・・・。

そんなぼくちんの感想が正しいかどうか、読んでみなきゃわからないのだけど。

 小学館の方からこの本のバウンド・プルーフ(見本本)を渡された。感想が欲しい、と。それをここに記す。

 著者の狙いは「慰安婦問題を終わらせる」ことである。勿論、文字通りの意味でみんな納得する形で終わるはずがない。本書が示すように、妥協の産物として 終わらせるしかない。その道筋を本書は示している。どうして終わらせる必要があるかというと、良好な日韓関係を構築するためである。

 多くの人は忘れているように思えるが、そもそも河野談話は右派・保守派が妥協点として肯定的に評価し、左派は「新たなる花代だ」(関連して創設されたア ジア女性基金について)として否定的に評価していた。それがいつの間にか右派は否定し、左派が評価するようになった。ちなみに著者は、国家が従軍慰安婦に ついて徹底的に調べた上で、日本国がギリギリ可能だった謝罪として河野談話を評価する。その背景には恐らくだが、日本共産党が独自に調査し――調査に動員 された人に小生の知人がいる――、いわゆる「強制連行」がなかったことをはじめとする、日本国の調査結果を裏付ける結果を得たからではないか。

 従軍慰安婦問題の難しさは次の点にあると本でも指摘しているが、「日本国は合法的にコトに関与していた」ことと「被害者にとっては(状況による)強制で あった」ことにある。だから、矛盾し、壊れ物のような河野談話という妥協しか方法はなかった。韓国は河野談話でこの問題を終わらせたかったのだ。しかし、 そこを壊したのは、結局のところは朝日新聞なのである。


続きを読む

昨日言ったのは何だったのでしょうw?

今日の潮流
安倍首相がバンドン会議60周年の首脳会議で演説しました。戦後70年談話が注目されているなか、日本が過去に犯した植民地支配と侵略戦争への反省やおわびは一切なし▼口にした「先の大戦の深い反省」も自分の思いではありません。痛めつけたアジア諸国を前にして、あくまでゆがんだ歴史認識を押し通そうとする不遜さがにじみ出ます▼侵略を美化する靖国神社に真榊(まさかき)を奉納し、同じ立場に身を置くことを表す首相。相次ぎ参拝する閣僚。世界にさらす無反省な姿は和解と友好を遠ざけています。ともに生き、ともに平和と繁栄を築こうと会議で呼びかけた安倍さん。みずからの存在が、その妨げになっていることに気づきませんか? 

昨日の潮流 
見解が違っても、まずは相手を認める。ここから出発するなら、政治の風景ももう少し違ったものになる気がしてなりません。 

言うこととやることか180℃違う潮流子。 
54e6fea1-s 

どの面下げて赤旗、言うこととやることが笑えるほどちがう。

今日の潮流
張本と三浦カズの最近のやりとりをして
それは双方が深いところで認め合っていることです。互いを認め、尊重し合うから、わかりあえる。これはスポーツのフェアな信条に通じます▼見解が違っても、まずは相手を認める。ここから出発するなら、政治の風景ももう少し違ったものになる気がしてなりません 


きょうの赤旗
平和の一票は日本共産党に
安倍首相のもと「戦争する国づくり」に暴走する自民党、公明党に厳しい審判を下すためにも日本共産党の躍進が求められます。 

首相、歴史と向き合えず」 
植民地解放と民族自決の実現を高らかにうたった歴史あるバンドン会議の記念首脳会議で、安倍首相は、植民地支配と侵略の事実に正面から向き合おうとせず、侵略戦争を美化する姿をさらすことになりました。 

言うこととやることが違うのは日本共産党の十八番。
こういうところが、赤旗の魅力()だともっとみんなに知らせないとイケないね。

 

週刊ポスト、共産党が政権取ったらどうなるか記事掲載

週刊ポスト
 統一地方選で躍進の共産党、本当に政権を取ったらどうなるのか?

ということで、趣味者にはほぼ既知の事柄を筆坂英世タンの解説で報道。 

 かつての共産党は改憲政党でした。天皇条項廃止を主張し、核兵器も『ソ連の核は米国の野望を抑えるキレイな核だからいいんだ』と大真面目に主張していた。それが今では護憲、核兵器廃絶が党是になっている。かつて社会党がいっていたこととほとんど一緒ですよ」(筆坂氏)

全体として突っ込みが浅いが、誌面の関係と、やっぱりあり得ないことだから今ひとつ企画に力が入らないのだろうなw

個人的には、一番党にとって気に障るのは昔から常に一貫して主張してきたという護憲平和路線がどれだけ変節してきたのかを書かれることだろう。 その意味では、ここのあたりをもう少し突っ込んで、反核運動に分裂をもたらした経緯や、今言っていることが分裂をもたらす前の社会党の主張そのもので、悪いのは共産党だったなんてとこまで突っ込んで欲しかったなぁw

ちなみにこれは、第二次大戦に日独伊が勝った場合を想定したシミュレーション小説。著者は見ての通り大御所でつ。
 
高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
フィリップ・K・ディック
早川書房
1984-07-31


そもそもなぜレーダーを発電機で運用しているの?

しんぶん赤旗

日本共産党の倉林明子議員は20日、参院決算委員会で質問し、京都府京丹後市の米軍経ケ岬(きょうがみさき)基地(レーダー基地)で、米軍が地元との約束を破って騒音被害や交通事故を起こしていることを告発し、基地撤去を求めました。

 倉林氏は、基地内のレーダーに電力を供給する発電機から一日中、低周波が出続けている実態を示し、「京丹後市と約束した運用停止を要請したか」とただしました。中谷元・防衛相は、発電機にマフラー(消音器)を付けて騒音は解消されたと答弁。停止を要請したとは答えませんでした。 

てかね、発電機がうるさいという以前に、なんでまた発電機で運用しているわけ?停電など緊急用に発電機は置いといて良いが、ふだんは電線引っ張ってきて運用していたらノープロブレムじゃない?

米軍人・軍属による交通事故も頻発。基地ができた昨年以降、15件の交通事故(うち1件が人身事故)が発生しています。

 当初、基地内の住居ができるまで軍人・軍属がホテルに宿泊する約束でしたが、市内の「賃貸住宅に居住する米兵が増えている」(防衛省)ため車利用が増え、交通事故が増加。倉林氏は「約束を守るよう政府が強い態度で臨むべきだ」と述べました。


日本の交通法規がよくわかってないんじゃない?交通教習の義務づけを求めましょう。基地内に住居が出来てからもね・・・。
 

民青に入ると馬鹿になる。

ちょと、公開するのを忘れていたのをうぷw

きょうの潮流

きょうから4月。明るい空気のなかで、生命が活気づく季節。人間も同じでしょう。都内の大学に足を運ぶと、部やサークルの勧誘活動がにぎやかに。入学手続きにきた新入生が次々と呼び止められ、引き込まれていきます


日本の異常な学費の高さを示すパネルを掲げた民青同盟の姿もありました。世の中の仕組みや政治のことまで幅広く学び、交流し、若者の生きやすい社会をつくろう―。呼びかけに足を止める新入生たち。原発から戦争、テロ、貧困問題まで、彼らの興味・関心は多岐にわたります▼格差や資本主義の限界を考えたいという学生も多い。視野をひろげて学びたいと。アンケートには、戦争する国づくりをすすめる安倍政権について、不安を感じたり、批判するひと言もありました。社会とまじめに向き合おうとする、まっすぐな視線が頼もしい


「あ〜民青って共産党でしょ?初めて見ましたw」
という人には出くわさなかったのw?ま、それはそれとして新入生に言いたいのは、社会問題に関心を持つなら民青に入っちゃ駄目です。理由は簡単で馬鹿になるから()

20140601_1195543たとえぱ民青がよくやるシール投票という、通りがかる人に「原発に反対ですか賛成ですか?」と質問して、ボードに賛成か反対のシールを貼ってもらうという活動があるのだが、これの結果を見せて世論はこうだと民青はよくやるんですな。

この方法、大学で統計学を学ぶと、馬鹿のやること以外の何物でもないとわかるのだけど、民青をやるとそうした科学的素養がなくなるんです。すなわち、民青をやると大学生にふさわしくない馬鹿になる。

なぜそうなるのかというと、民青の裏にいる共産党がシール投票を奨励しているから。共産党は馬鹿な自分たちに盲従する馬鹿を集めたい。学問の基本的素養を持った知性を持つ人など不要なのです。

よって新入生諸君は、民青など参加しているような暇があったら一冊でも多く専門書を読むとか、現場を見に行くとかした方がいいです。というか、そろそろ消滅が近いしね・・・民青同盟()

マスコミの共産党の扱いはいつも同じ・不勉強のまま放置

しんぶん赤旗
17日放送のTBSラジオ番組「森本毅郎・スタンバイ!」で、いっせい地方選前半戦の共産党躍進が話題になりました。

政党助成金も受け取っていないんでしょ」という小沢氏に、森本氏が「共産党に票が入るのは、やっぱりいまの政権にノーと言っている人たちがいるということですよ」と相づちを打ち、トークをくり広げました。 

共産党が話題になる時は、いつもこれ(笑)
それなりに評価されている党の姿勢だが、なのにいつまで経っても政権に近づけない、「たしかな野党」のままであることに疑問すら持たないキャスターたち。

共産党なんか、研究する対象だとは思われていないんだろうなぁ。

たまにはほめる・・・良い文章だなぁ

清水ただしのホームページ
タイトルは
【2勝3敗】――負けたら終わりか―― 

ということで、読んでいただくといいが、 良い文章だねぇ・・・

ただし、今回の選挙中の不祥事に知らんふりはイケないよ。 

停波、やれるもんならやってみると面白いw

しんぶん赤旗
自民党の情報通信戦略調査会の川崎二郎会長は17日、テレビ番組に関してNHKとテレビ朝日から事情を聴いた後、政府には「停波の権限がある」と語り、放送局への免許停止をちらつかせて威嚇しました。 

いやぁ、面白いw
共産党は圧力をかけるなと言っているわけだが、圧力をかけまくってNHKやテレビ朝日がどう出るのか、そして国民がそれをどう判断するのか、一度は見てみたい気がする。

放送局が停波に追い込まれて、国民が激怒して自民党が撤回に追い込まれるか、それとも「おまえらの放送、もう見たくないよ」と何の反対運動も起きないで放送局が権力に屈するのか、ぜひ見てみたいw

 

いっせい地方選徳島・扶川候補の得票、共産党候補を上回る

徳島県選挙管理委員会
板野選挙区
区分  1
しんがい 浩司
 (自由民主党)
 2
木南 ゆきよし
 (自由民主党)
 3
北島 勝也
 (自由民主党)
松茂町 560 593 1,882
北島町 403 700 2,841
藍住町 1,191 3,863 987
板野町 1,881 509 610
上板町 729 873 572
板野選挙区 計 4,764 6,538 6,892
 4
うすき 春夫
 (無所属)
 5
てづか 弘司
 (日本共産党)
 6
扶川 あつし
 (無所属)
得票総数

A
793 321 341 4,490
2,118 471 474 7,007
1,329 906 1,258 9,534
344 395 1,348 5,087
746 560 418 3,898
5,330 2,653 3,839 30,016

 定数4で落選は共産党と扶川候補となるが、得票数で扶川候補の圧勝
共産党が候補を出していなければ当選していましたね。 

潮流子、本屋大賞に無礼をはたらく

土漠の花
月村了衛
幻冬舎
2014-10-17


しんぷん赤旗・きょうの嘲流←この誤字、わざとねw

ジブチで活動する陸上自衛隊部隊が、有志連合軍の墜落ヘリ捜索救助に出動。そこへ命を狙われている女性が駆け込み、襲いかかる武装勢力と「殺し、殺される」事態に▼こんなストーリーの小説『土漠(どばく)の花』(幻冬舎)が話題です。先日発表された「2015年本屋大賞」でも5位になりました▼初版は安倍政権が集団的自衛権行使容認などを盛り込んだ「閣議決定」を強行した昨年7月の約2カ月後。その後も注目が続くのは、安倍政権のもとで、海外での自衛隊の戦闘が現実味を帯びてきたからかもしれません 

アホが・・・ 内容が良いからに決まってるだろ!w
本屋大賞をなんだと思っているんだ?潮流子は、ろく本を読んでいないようだから教えてやる。本屋大賞は、全国の書店員が「これはいい。みんなに読んで欲しい。たくさん売りたい」と思う本を選りすぐっているんだよ。作者や書店員に失礼だろ

「残忍性」。陸自幹部が冷戦後の自衛隊に必要な資質をこう表現したことがあります(『陸戦研究』2006年3月号)。数百メートル離れての撃ち合いと異なり、現代の市街戦では相手の顔の見える距離での戦闘になる。陸自も使う5・56ミリ小銃弾の場合、胴体を撃ち抜いても絶命するのに8秒程度かかる。だから米軍は、間髪を入れず再度同じ照準で射撃し、さらにもう1発即死する場所に弾を撃ち込むと▼陸自幹部は説きます。「ある意味非情さが必要だ」 

あ・た・り・ま・え・だ 
瀕死の重傷になっても士気の高い兵隊は絶命するまで抵抗をやめない。そんなシーンの一つも想像できないのかこのバカは?朝比奈一曹ほか登場人物ががドンだけ頑張ってたのか、死力を尽くしたか小説読んでたらわかるだろ。そうしないと生き残れないのよ。

さらにいえば、
こんな事態に自衛隊を巻き込ませてはなりません。「戦争する国づくり」を許さぬたたかいは、まさに正念場です。

はい、日本共産党は他国でジェノサイドがあっても一切介入せず、殺される側はそのまま殺されてなさいと言うことですね。すばらしい。チベットを無視するわけだわw
 

志位委員長、共産党を棚に上げて政権批判

しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長は16日の記者会見で、自民党がテレビ朝日とNHKの番組内容を聴取するために17日の党の会議にそれぞれの幹部を呼ぶことについて受け止めを問われ、「政権与党、衆参で最大の議席を持つ自民党がそういう行動をとることが『放送の自由』への圧力、介入です。結果的な萎縮を招きかねません。そのような対応をとるべきではない」と指摘しました。 

前回の参議院選前までは、日本共産党は毎回のように各局に申し入れて公正な報道しろと難癖つけていたのに、政権与党がやるとダメなのですねw

もう絶対、与党にならないと決心したのでしょうか? 

NHKやらせ問題、赤旗には似たようなのがいっぱいw

しんぶん赤旗

日本共産党の田村貴昭衆院議員は16日の総務委員会で、NHKが発表した「クローズアップ現代」でのやらせ疑惑に関する中間報告の問題点をただしました。田村氏は「(疑惑の)核心をなす点について検証がされたのかが分からない」と不十分さを指摘。「反省を糧にさらに良い番組をつくることが大事だ」と要望しました。

 

昨年5月放送の番組は「追跡“出家詐欺”」と題し、多重債務者が出家・改名することで債務を逃れる詐欺事件を追ったもの。ところが「あっせんするブローカー」として登場した人物が「自分はブローカーではない」と主張。中間報告は「(記者の話と)大きく食い違っている」とまとめています。

 田村氏は「ブローカーであるかどうかの事実をあいまいにして、話の食い違いを論点にしている」「やらせの基準を示すことなく、『演出が過剰』という報告では視聴者は納得しない」と批判。誤りを迅速に認めた民放番組も示して、迅速な調査を求めました。 

赤旗には、いつも党の意向に沿った一般市民(笑)の声であふれているが、よくよく調べてみると自称一般市民が党員とかとか、よくあるんですよね。こういうのって、一般にはやらせと言われますよw


 

共産党に入ると頭の良い人はどうなるか?



この方のプロフィール

知らない土地で自分を試したいと「アフリカに行く」と心に決めたのは大学に入学したころ。二年間のアフリカ八カ国の旅は、土地の人とともに寝起きする「自分探し」の旅でした。旅の途中、イスラエルの戦争をみたり、ヨーロッパに行ったり、世界各地を歩きながら、見聞を広げ、「自分を活かし、成長させ、人が喜ぶ仕事は何か」を考えました。


アフリカの草原で、自分の将来を考えたとき、貧困のなかで幼い子たちが死んでゆく実態にふれ、「医者になろう」と決心。帰国後、コンピュータ会社で働きながら資金をため、アメリカの大学で生物学(遺伝子工学)を学びました

 北海道生まれ。函館ラサール高校、東京工業大学、米ホープ大学を卒業。世界20数ヵ国を訪ねる。コンピューター会社でシステムエンジニアとして働く。

私の政治家としての原点は二つです。一つは平和です。十八歳のときに、「蟹工船」の作家・小林多喜二を通して、あの侵略戦争に唯一反対した政党があったことを知りました。それが日本共産党でした。「どんな状況にあっても戦争反対を貫ける人になりたい」と思い、日本共産党に入りました。 

 
こんな頭の良い人でも、共産党に入るとこんなことになる典型ですな。

時給1000円要求が1500円になりましたw

しんぶん赤旗

ファストフード労働者の時給アップや最低賃金の大幅引き上げを求め、15日、世界中の労働者・労働組合や市民団体が声をあげる「ファストフード世界同時アクション」がありました。日本では、首都圏青年ユニオンなどでつくる「同時アクション」東京実行委員会や全労連が連帯行動を展開しました。

 米国では、時給15ドル(約1800円)を要求。日本でも生活できる賃金として時給1500円以上を求め、東京実行委員会は、「時給¥1500 これが常識」などのプラカードを掲げて、若者でにぎわう渋谷センター街を歩きながらアピール。全労連もJR渋谷駅前で宣伝し、両行動にあわせて100人が参加しました。 

以前から共産党は最低時給を1000円にと言っていたわけだが、 正社員化が一部で進んできたり、バイトの不足感が出てきたせいか最近時給1000円のバイトも増えてきた。

なわけでアメリカにならって今度は1500円だというのだろうが、 ホントにそうなると今ボロボロのマクドナルドはもちろん、中小企業だって相当困る。困るくらいならまだしも、そんなに時給は払えないとして倒産や店じまいなんてのも現実になるだろう。

これはすなわち、グローバル経済を喧伝する人たちの言う、低生産性の会社は市場から退場せよというのと全く同じなわけだ。 

儲からない中小企業は日本共産党の敵ということですなw

で全然関係ないが、読もうと思っている二冊。二冊とも今話題になってよく売れているようだが、確かに面白そうだ。特に人事抗争史は共産党と比較に使えそうw


 

共産党アイドル路線の次のタマか?

しんぶん赤旗
いっせい地方選前半についての座談会。いつもの通り意見の応酬が全くない、座談会になっていない記事だが、ひとつだけ。

 B 今回の選挙では、20代、30代の若い候補者の活動が新風を吹き込んだ。名古屋市議選・中区で当選した西山あさみ候補は25歳だが、それを押し上げたのも若者たちだった。ライブハウスに候補者の紹介リーフをおかせてもらった。それをみて、お客さんが早朝宣伝にかけつけ、その様子の写真をツイッターで流して話題にする、そんなとりくみも生まれた。フェイスブックをみて「何か手伝わせてください」という人たちも次々あらわれた。


今日の別記事にもあるのだけど、この人オープンカーで選挙やってたみたいw 
池内さおり、吉良よし子に続くタレント候補(笑)に育てようと着々と党は準備を進めている様子。

でもさぁ、blogの写真見ていると、支援しているのは若者にしては老けてる人が多いと思うんだけどw? 

共産党の内部留保吐き出せ論、情弱の支持獲得が目的だと判明

Chikirinの日記
今さらだが、だいぶ前にちきりんタンが志位たんと対談した件の回顧メモなのだが、とってもおもしろい証言が残っている。

 5)「内部留保の取り崩し」は、極めてマーケティング的な意図から出た表現なのだと理解した

これが理解できたのが、今回の対談での一番の収穫だったかも。

対談内で志位さんは「内部留保の全額を取り崩せとは言っていない。1%から 2%の取り崩しでもかなりの賃上げができるはず」と言われてます。

そんなちょっとでいいなら、内部留保の取り崩しとか言わずに「法人税を上げろ」と言えばいいじゃん。経済的な効果は同じでしょ? と(私は)思ったのですが、これにたいする回答は、

「大企業にはそれができるだけの体力がある、ということを言いたいんです」

というものでした。これには本当に感心しました。


つまりね、別に内部留保でも法人税でも(実質的にはどっちでも)いいんですけど、「内部留保」っていう単語が、ものすごく「貯め込んでる」感じがする単語なわけです。

この単語を使った方が、「不当なお金を貯め込んでる大企業」というイメージが国民に伝わりやすいから、そう言うのだと。

なるほどなーーーーー! 

これに関しては、私はずっと「なんでこんなワケのわかんないこと言うのかな」と思ってたのですが、そういう理由があったんですね。

それにしてもこういう言葉の選択が、前回も書いた「共産党、ホント上手だよね」な点なんです。

要は、情弱の支持を集めるための主張だということですね。
賢い人は、共産党には必要ないわけです。馬鹿集めて自共対決とは、自民党も舐められたものです。 

共産漫才と言えば、はやり原田あきら()



a59afd8e-s

いっせい地方選感想エントリ

ということで、現状判明している点
首長選・予想通り全敗

県議選・全都道府県で議席獲得が史上初とは驚いた。 どんだけ・・・w
それと、愛媛はいつの間に候補者が入れ替えになったんだ?

政令市議選・京都は、当blogがネタにしたことがある富樫、小林の2名のみ落選。 その他の市議選もたくさん落としているな。。。

まぁ、全集計がまだ出ていないようだが、こんなコメントしてくる馬鹿がいるw
このブログは共産党の消滅を見守るプログじゃなかったのですかね?
消滅どころか躍進でしたね
また赤旗収益ガーと何とかの一つ覚えで言い逃れするだろうけどw  
とか
なーんて言えるほどの躍進とはとうてい思えんなぁw
で、赤旗収益はもちろん順調に落ちているし、党員の高齢化はもはや限界。次の党大会には70歳は100%確実に超えている。それと躍進しているなら、もうそろそろ専従給与の遅配を何とかしようよw革新していめ政党が給力マトモに払えないなんて、ブラック政党と言われても言い逃れできないぜwww

ま、いつもやられっぱなしで、初めて勝った気になってうれしくてしょうがないんだろうが、馬鹿の一つ自慢ってミジメだよw?

追記、志位たんの報告来た
 


首長選、市議選に触れないのはなんででしょうねw?

いっせい地方選雑談エントリ

ま、たいして話題もないでしょうが、一応作っておきます。

じゃ、共産党はたたかうな!、ばぁかw

しんぶん赤旗
きょうの潮流
タイトルは「僕たちは戦わない」。アイドルグループ、AKB48による40枚目のニューシングルです。来月発売される楽曲は、激しいダンスの中から平和へのメッセージが伝わってきます▼歌い出しは「僕たちは戦わない/愛を信じてる」。「憎しみは連鎖する/だから今 断ち切るんだ」というフレーズも。センターを務めるのは、自衛官の募集CMに起用されたこともある「ぱるる」こと島崎遥香さん▼新曲について、彼女はこんなことをネット上で発信しています。「ダンスナンバーということばかりが前に出がちですが、歌詞に注目してみてほしいです。世界中のみんなにきいてほしい」▼サザンオールスターズもそうですが、いま平和の願いをこめた歌が共感とともにひろがっています。それは戦争への道を声高に進む安倍政治と無関係ではないでしょう。
 
赤旗が言うと、島崎遥香が由紀さおりに見える
QQubLrAかどうかは諸説あるが()一つだけ言えることは、赤旗にそんなこと言う資格があるのかと。

「赤旗 たたかう」で検索するとどんだけ戦意高揚記事()を書いているのかと笑えてしょうがない。今日も赤旗はたたかいを強調してるしwww

当blogにも時折出てきて罵倒する書き逃げ野郎たちも、この歌詞の反対の行動ばかりしているのだろう。AKBもこのキモさには苦笑しているんじゃないかな?


プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ