日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2015年03月

共産党秋田市議佐藤広久たん、ブルーインパルスに茶々入れて炎上

またハスカップたんのネタ
それぞれのツイートの日付をクリックすると、ツイートに反響が・・当然のごとく批判の嵐w
でもこの程度じゃ、この人絶対反省しないだろうな。


 

道知事候補、共産党の支援状を返還、事実上の共闘拒否

ハスカップたんのコメントから

北海道新聞
道知事選(26日告示、4月12日投開票)に出馬するフリーキャスター佐藤のりゆき氏(65)は12日、共産党道委員会や道労連などでつくる「明るい革新道政をつくる会」(明るい会)から受け取っていた支援状を同日返上したと明らかにした。新党大地の鈴木宗男代表が共産党側からの支援は保守票離れを招くとの不信感を表明していた。鈴木氏は13日に大地の対応を発表する予定で、支援状返上は同氏への配慮とみられる。

ううむ・・・ 沖縄が共闘でとれたもんだから北海道も学ぼうとしてやったんだと思うが。拒否されましたですか・・・「共産党を除く野党」の時代が長かったですからねぇ。

ま、これに懲りずに共闘の模索は続けるといいですね。10年位したら共産党も信用してもらえるようになるかも知れない・・・・それまで党があればの話ですれどw 

徳島県議選、乱戦模様

徳島新聞
展望20150313徳島県議選板野地区は定員4に6名立候補予定。
うちこのうち一人が元共産党扶川、もう一人が共産党新人手塚で「革新分裂」選挙の様相。

共倒れかな?


 

農業法人は農家ではない?

しんぶん赤旗
久しぶりにというか議員になってから初めての藤野保史タンのネタ。

「岩盤があり、土壌があって、はじめて農業が成り立つ」―。日本共産党の藤野保史衆院議員は10日、衆院予算委員会分科会で、農業への企業参入を押し進める安倍政権の農政改革を厳しく批判しました。

はいいとして
藤野氏は、新潟市では「国家戦略特区構想」により農業への企業参入が進められているものの、「新潟市の設けた会議には経済界代表が入る一方で農家の代表が入っていない」事実を示し、「これでは持続可能な農業はできない」と厳しく批判しました。 

え、そんなことはないだろうと思って調べました。 新潟市戦略特別区域会議の出席者を見ますと

平成26年12月3日(水曜)に内閣府本府庁舎にて、石破特区担当大臣、篠田新潟市長、藤田有限会社フジタファーム代表取締役、池田新潟経済同友会筆頭代表幹事により構成される国家戦略特別区域会議の第2回目の会議が開催されました。
同会議には、平内閣府副大臣、篠田新潟市長、藤田有限会社フジタファーム代表取締役、黒田新潟経済同友会特別会員、坂根国家戦略特別区域諮問会議有識者議員、八田国家戦略特別区域諮問会議有識者議員が出席し、内閣総理大臣に認定申請を行う区域計画について議論が行われ、出席者全員の合意により、区域計画が策定されました。

6次産業化で実績のある、JAが好きな全中も賞を出す優秀な農家さんが参加されているみたいなんですが・・・・どこか別の会議なんかな?でもこれしかないと思うんだがなぁ・・・。
もう一つ考えられる可能性は、藤野タンが考えている農家の代表ってのはJAだっり、農民連のことなのかもしれませんねぇ。実際は、農業法人は個人農家ではないから農家じゃないと思っているんじゃないでしょうかね?
 

失笑w、本の名前出したくても出せないんだw

しんぶん赤旗
 きょうの潮流 ドイツと日本は似てるけど、ドイツの方がいいと言いたいのだが

気質から歴史文化、政治経済まで、何かと比較される日本とドイツ。真面目で勤勉な国民性、敗戦国として再出発した戦後の目覚ましい復興をはじめ、たしかに似通うところは多い▼もちろん異なる部分もあります。長くドイツに暮らす日本人が書いた本によれば、論理的な力や主張する力、何でもうのみにせず疑問は徹底的に追究する姿勢は、だいぶ違うと。とくに今の政治をみると、はっきりと方向性は分かれま 


たぶん、ここで書かれている本は、これだと思うんですよ。




なぜ本のタイトルを紹介しないかというと、この本書いた方、どう見ても共産党の意向とは全然違う趣旨で書いているわけで、見方によって右翼ともとられる内容を書く方なわけでw
自分の都合のいいところだけ抜き出して、「ね、僕たちの言うとおりでしょw?」なんて、新聞のやることじゃないと思うんだけどね。
 

大阪府は良い仕事、新しい仕事を模索したらいけないのか?

しんぶん赤旗

日本共産党の清水忠史議員は、10日の衆院予算委員会分科会で大阪市が始めようとしている生活保護費の一部をプリペイドカード(プリカ)で支給するモデル事業の問題をとりあげ、「カード会社に莫大(ばくだい)な手数料を稼がせる貧困ビジネスだ」と批判。同事業をやめるよう国として指導すべきだと主張しました。

 清水氏は、カード会社が生活保護受給者に謝礼をつけてまでプリカ事業への参加を募集していると指摘。同事業が、電子決済の拡大をめざす政府の「日本再興戦略」に追随したものであり、「大阪市の生活扶助費1000億円で業者は多額の手数料収入を受ける」と告発しました。


そもそも実験レベルの事業に1000億円も取扱高があるわけないのだが、1000億の取扱高なら手数料は30億から50億円。これは業者がカード会社に払うので大阪市としては痛くもかゆくもない

同事業の口実の一つになっているギャンブルやアルコールの依存症対策について清水氏は、本人に寄り添い長期的な支援を行うケースワーカーの充足率が大阪市では67%で470人も不足するなど、政令市のなかでも深刻だと指摘。ケースワーカーを増やすなど支援体制の充実こそが必要だと訴えました。


ケースワーカーの年収を調べたらだいたい300万から400万くらいらしい。仮に350万円とすると100人雇えば3.5億。470人雇えば15億円を超える。

前から何度も言っているが、この事業は実験であって、うまく回せるならケースワーカーの力になるデータが取得できるかもしれない。アルコールやギャンブルの依存症を減らしたいなら、使える科学的知見があるなら使うべきだし、とれるデータが使えるのかどうか試してみる価値はある。そうした試行錯誤すら駄目だというなら、行政は良い仕事をしたら、新しい仕事を見つけることはいけないと言うことになるのだが・・・

当blog十周年記念!「最高幹部ですけど共産党をやめました」出版

10年前の本日、当blogがひっそりと始まりました。
当初は半年くらいで終えるつもりでしたが、どういうわけか10年も続いてしまいました。早く辞めたいんですけど、もう辞めようと思うとすばらしい情報提供者が現れるという悪循環(笑)で、とうとうこんなとこまで来てしまいましたよw


で、10周年を記念して新々社のケツひっぱたいて10周年記念出版をいたしました。
 戦前の大量転向のきっかけとなった鍋山貞親と佐野学の転向文書と三田村四郎宛の追加文書に加えて三田村と高橋貞樹、杉浦啓一の転向文書を集めた戦前転向声明集でつ。

特徴としては、今の共産党エリート、すなわち吉良よし子、池内さおり、清水ただしクラスが戦前の文章を読めるとは思えないことから、蘇聯邦(ソれんぽう) とか、難しい漢字にはルビを振りました。まぁ、ルビ振っても若い共産党エリートが読むとは思わないがw


浅尾大輔と性的マイノリティ

新解 マルクスの言葉
浅尾大輔
バジリコ
2013-09-13


ということで、共産党員にして小説家だった浅尾大輔タン、こんな本を出していたとは知らなかったぜ。ところが面白いことに、この本を浅尾大輔の弟の新城市議会議員浅尾洋平タンが、兄の本とはおくびにも出さずブログで紹介し、浅尾大輔も浅尾大輔で、本を紹介してくれたと言って洋平を弟だとはおくびにも出さず当選を祝うという笑える対応ぶりである。

ちなみに浅尾大輔は、実姉の安間子ひろこの選挙にも同じように素知らぬ顔で紹介していたりもする、作家よりも役者やった方がいいんじゃないかという好演技である。

というのは横においといて、最近、池内さおりが性的マイノリティに関する国会質問をして、共産党は性的マイノリティの味方みたいなことが赤旗に書いてあるのを見て、「おめーら、むかしは差別してただろうが!」とコメント欄が賑わっていたりするのだが、この問題に関しては浅尾大輔も浅からぬ関係があるようだ。

 続きを読む

こっそり注目!山下よしきは善通寺に行ったのか?

しんぶん赤旗

 いっせい地方選での躍進をめざして8日、日本共産党演説会が栃木、福井、三重、島根、香川、高知、佐賀、長崎の各県で開かれました。香川県県民ホール(高松市)では山下芳生書記局長が「日本共産党を大きく伸ばして地方から安倍政権の暴走に審判を下そう」と述べ、宇都宮市文化会館の演説会では市田忠義副委員長が訴えました。

 地方選で躍進の流れをさらに進めようと奮闘する日本共産党に地方紙も注目しています。 

いつも通り、ふだんは 真実を報道しないと馬鹿にしている他のメディアで触れられると「ね、載ったんですよ!」と喜ぶのは相変わらすだが、よしきタン善通寺には行ったのだろうか?

なぜ善通寺かというと、山下よしきタンの出身地なんですね、ここは。
で、その善通寺の市議会は、定数16で共産党議員は1人しかいない。ここはやはり二議席はとらないとというか、とれないと共産党ってその程度だと審判が下されかねないわけでw

善通寺の党組織が2人出すとは思わないが、せっかく高松まで来たんなら、善通寺で演説の一本くらいするもんだと思うんですけどね・・・
 

日本共産党門真市議団、情けない罪で戸田ひさよし門真市議に訴えられる。

もうね・・・笑う以外にどんな反応があるのかとw

門真市議の戸田ひさよしタンが日本共産党門真市議団を被告にする裁判を提訴したのだが、いったい何の罪かというと名誉毀損。それも戸田議員が提起して作られた「自治会ハンドブック」という地域の自治会運営マニュアルを「共産党がやれと言ったんで出来ました」と手柄の横取りをしたということだ。内容が事実なら、ものすごく情けないw

リンク先に関係書類がみんな載っているが、戸田たん、議員事務局の証言もとれるようだから、この裁判間違いなく勝てるだろう。たぶん裁判官は途中で和解勧告すると思うが、戸田タン、裁判官の言うこと聞くのかねw?

もともとこうした議員の手柄の剽窃は過去にも共産党VS公明党で話題にしたこともあったが、裁判になるところまでは行っていなかったように思う。しかし今回の共産党の相手は戸田議員だからな・・・簡単に和解に応じてくれるとは思えないよ。

共産党門真市議団は、さっさと謝罪した方が傷は浅いと思うけどな・・・判決出たらテレビのニュースに出かねないよw

池内さおりもtwitter再開



「ネオナチ」発言で志位たんのお目玉食らって、「なんで不破はよくて私がダメなんだよ!うっとお志位」と心の中で思っていたであろう池内さおりが、清水ただしに続きtwitterを再開した。
また、「自民党はイスラム国だ」みたいな発言を期待したい()

 

フランスのネット誌もたいしたことないな

しんぶん赤旗
元ルモンド編集長が作ったというフランスのネット紙で共産党が紹介されたという記事なのだが、いつも通りの外国メディアクオリティで見るところがないw

 記事は“自民党が勝利した”とされる総選挙結果について、「本当の教訓は、誰が未来に影響力を持ち得るかという点で、日本共産党が勢いを盛り返したことにある」としています。
中略
記事は、日本社会が「日本共産党がますます影響力を持つことが不可避な状況」になっていると指摘して締めくくっています。

はい、どう見ても党の高齢化や 収入の右肩下がりなど、基本的な事実を知って書いているとは思えないですね。今春のいっせい地方選もたぶん勝つと思うが、それは党勢が強くなっているからではなく、前回落とさないはずのところを落としすぎた・・・高松市とか長崎市とか四議席くらいあったのが票割りを間違って全員ギリギリ落選で全滅みたいなのが多かったから、党勢が伸びてなくても今回は伸びるからだ。

たから今春の選挙で本当に伸びたかどうかは前回ではなく前々回と比較しなければならない・・・なんてことを外国メディアに要求するのは酷だろうなぁ。
そもそも、副業でお菓子作っているようなとこじゃ・・・んw?

 

またかよ?満員じゃないのに満員と書くウソ旗ぶりがまたバレたw

3/2付の赤旗
北海道十勝での志位演説のニュースだが、

いっせい地方選挙の道府県議選告示(4月3日)まで1カ月余と迫った1日、日本共産党北海道十勝地区委員会は、「道議2候補、市町村議23候補完勝の展望を切り開こう」と帯広市民文化ホールで志位和夫委員長を迎えた演説会を開きました。党委員長を迎えての演説会は十勝地区では初めて。十勝管内の首長、農協関係者、ビラをみて参加した人などで会場は満員に。「『オール十勝』の代表として、帯広から佐々木とし子さん、十勝から山川秀正さんを道議会に送り出してほしい」との志位氏の訴えに、拍手と歓声で応えました。 

で 、拡大した写真がこれだ 。写真をクリックしてみてみよう。
 150302どうみても二階はいっぱいじゃないですなw

このテの人数詐欺は以前も行われていたのだが、参加者や読者が「おかしい」と指揮することが多くなって五年ほど前にやめた経緯がある。にもかかわらず党を代表するアホな赤旗記者である清水渡くんが偉そうに自爆したのは何年前だったかなんてのは横に措いておくとしても、また赤旗が悪癖を復活させたわけだ。

しかし今回も、すぐに赤旗編集部に読者からのチェックが入って編集部で問題になったらしく、この続報が翌日、翌々日に出ているのだが、使われている写真は二階席が見えないアングルのものが使われている。

読者を舐めるのもたいがいにしないとね・・・


 

小躍りしたいが、記事としては抑制的な米原市平尾市長答弁w

しんぶん赤旗
2014年11月に米原市の平尾道雄市長がしんぶん赤旗のインタビューを受けたことに議会から質問が出たというニュース。 質問者の北村喜代信議員(無所属)は、赤旗に出るのはどうよ?と質問していて市長のこたえは

北村議員が、「しんぶん赤旗」は共産党の機関紙だとただしたことについて、平尾市長は「いまや一般的に、この『赤旗』はかなりの購読数もあり、私の認識としては、必ずしも共産党員とか、そういった人たちだけが購読するものでないと認識している。先ほど申したように、報道機関という形で対応させていただいた」「今日、『赤旗』については必ずしも革新派とか、共産党にシンパシーを持っている人たちだけではなしに、保守本流を歩いてこられた高名な政治家の方も登場しておられる」と答えました。

 市職員の「しんぶん赤旗」の購読状況についての質問に、市の担当部長は「購読する、しないは、あくまで職員の意思に委ねられるものであるため把握していない」と答えました。 

赤旗としてはうれしい答弁ですなw。しかも赤旗について知らない市長の言うことだから、市長が共産党が期待する間違った認識を持っていても市長の意向を尊重したとして流せるからおいしさ二倍。

間違った認識とは
赤旗は確かに共産党員だけが購読する新聞ではない→赤旗は共産党員も読んでいないことが多い新聞で共産党に義理があったり、役人が付き合いで買っていたり、他政党関係者が共産党情報を知るために読んでいたりして読んでるというより、買っていることが多い新聞ですw

そして何よりうれしいのは、役所内の赤旗勧誘を黙認するととれる、市役所内の赤旗購読状況を調べる意志がないという答弁でしょう。小木曽をはじめとした赤旗編集部員は、米原の方向を見て礼拝しないといけませんね。



共産党の主張、筆坂秀世が全否定w

しんぶん赤旗
安倍晋三首相が代表を務める自民党支部が、国から補助金を交付された企業から政治献金を受けていた問題で、安倍首相の「補助金を受けていたことを知らなかったため違法性はない」という釈明に批判の声があがっています。安倍首相は2007年、国会で日本共産党の井上哲士参院議員の指摘を受けたほか、13年12月には本紙が復興予算の流用による補助金問題を報じていて、こうした釈明は到底通じません。 

JBPRESS
筆坂秀世氏の補助金交付企業と政治献金のチェックが難しいという指摘
補助金受給企業が献金をしてはならないというのは、“税金の横流し”という考え方があるからであろう。しかし、多くの巨大企業の場合、数百万円から数千万円程度の補助金を受け取っていたとしても、その企業が数万円から数十万円程度の献金をすることが“税金の横流し”とまで言えるのか。

大企業の担当者によれば、政治家への寄付などは総務部や秘書課などが扱い、補助金を受け取る部署とはまったく別になっており、同じ企業内でも分からないと言う。それはその通りであろう。“税金横流し”“還流”などというのは、あまりにも情緒的な批判だ。そんなことよりも、巨額の補助金そのものが適正なのか、どうなのか、そのことこそ徹底的に究明してもらいたいものだ。 

筆坂氏の言うところはよくわかるし、ここを突っ込み出すと、たとえば補助金もらってる農家や社会福祉法人もたくさんいると思うが、そんなところの従業員が共産党に数千円寄付したら違法なんて話にもなって共産党にも刃が向いてくることも考えられる

だって企業献金を禁止して個人献金だけにしたら企業は社員に余計に給料を出して個人名義で寄付をさせるだろう。そうなると当然共産党も突っ込んでくるだろうが、そうなると農家や福祉法人の従業員にも刃が向かざるを得なくなるというわけ。

単純な企業献金禁止論は、党の首を絞めることにもなる。
そこまで考えては言ってないだろうなw

 

この写真、意味わからないんですけど?

しんぶん赤旗

2015春闘で大幅賃上げを必ず勝ち取り、労働者派遣法大改悪案や「残業代ゼロ」制度の導入をやめさせようと全労連・国民春闘共闘委員会は4日、東京都内で中央行動を展開しました。日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)が賛同しました。

 日比谷野外音楽堂では、2700人が参加して労働者総決起集会を開催。国会まで請願デモをしました。

 15春闘にちなんだイチゴのかぶり物で会場をわかせた国公労連の代表は、「今年の春闘は一にも二にも賃上げ。民間の給与を押し上げたい」と決意をのべます。 

2b9411b2-sイチゴのかぶり物は見えず、見えるのは9の字だけ・・・ 
共産党界隈で9と言えば、憲法九条のアレでしょ?
何やってんのか、わかんね・・・
 

 

不破タン、寝てる自民を起こしてしまいましたw

産経新聞・高木桂一のここだけの話
「共産党=テロ政党」野次、「自民=ネオナチ」発言、どちらが“歴史的事実”に即しているか
2月17日のテロヤジ(笑)に当初共産党がスルーを決め込んだのに、知的後退が見られる不破っちの鶴の一声で蒸し返した経緯について書かれている。ほぼ当blogの2月17日から22日くらいに書き連ねた分析が全く正しいということであるw

で、それだけでは不足だと思ったのだろう。高木タンは 警視庁資料(有名な「暴力革命の方針を堅持する日本共産党」というやつですな)を出してきて、過去のテロ政党ぶりを解説するのである。

しかしまぁ、産経新聞も武士の情けがあるようで、知らないはずがないのに戦前の武装共産党時代とかのことをスルーしているのに共産党は感謝しましょうねw 

最後には、不破タンが言った自民党「ネオナチ」発言に池内だけが叱られたことをチクリとやって

自民党はこれまで共産党を批判することなく“大人の対応”をとってきたが、自民党幹部によると、2月20日の党副幹事長会議で池内氏の「ネオナチ」発言に対し反撃の準備を進める方針が確認されたという。

 ヤジをめぐる「自共対決」の雌雄は決していないのである。 

と締める。
結局不破タンが寝てる子を起こしたということですなw 

保守速報が全然速報じゃない件

保守速報
 150126今頃こんなことを、しかも昨年秋には天皇制容認がどかんと進むのがすでに報道されているのに、この情報センスの遅さは速報じゃないよねw


清水ただし、twitter再開


2/23からリツイートはしていた模様だが、本格的に再開したのは今日からのようだ。ほとぼりが冷めたと判断したか?
清水ただしが悪いわけでは、たぶんないと思うが、選対と大阪府委員会の担当者の不手際は間違いないわけで、そのあたりの説明はちゃんとしておかないといけないと思うけどな・・・

2月の党拡大、減紙前の前進

しんぶん赤旗
2月の党拡大は

入党者 464人
日刊紙 492人
日曜版 4732人

いずれも増。日刊紙の前進は弱々しく、多くの党組織が日曜版にシフトして新聞拡大をしていたのが丸わかりである。

3月は減紙の月なので、当然このくらいの増資分は吹っ飛ぶことが確実な情勢なわけで、たいへんですなぁ・・・

 

赤旗は候補者を馬鹿に描くなw!

きょうの赤旗。ゆうPRESS
150302
今回相模原市議選挙に出るこの人の特集だが、要は漫画家になりたかったけどなれなくて、共産党市議候補という人の紹介だ。

それにしても、漫画家を目指していた経験を活かして「働きながら夢がかなう社会にしたい」って、どうしてこうアホっぽい描き方をするのかね?




漫画家になりたい人はやたら多いし、なるところまで来るだけでも大変だし、なったらなったで生活できるようになるのがまた大変で、高収入とれるのはほんの一握りで八割方年収300万円以下という世界なわけで・・・それを目指していたのはいいけれど、働きながらマンガ書くなんて当たり前のことだし、なれなかったのは社会のしくみのせいではなく、才能や努力が足りないからだよ。

だから、挫折して政治家目指すのはいいけども、ストーリーを調整しないとね。たとえば、自分はマンガ目指していたからよかったけど、こんな待遇で一生働くことになる人はどうよ?みたいな問題を感じていたとかやればいいのに、漫画家になれなかったのは社会のせいみたいな言われ方をすると、当選するものも落ちるわなw

候補者のプロフィールに見るべきものがないからこんな書き方をするのだろうが、見るべきものがないなら、それなりに書く方法はあるだろう。

あれだけ選挙に負けた議長を天まで持ち上げるのが赤旗だぜ。この候補者についても不破ちんについて書くくらいの情熱をかけて書いてやれw

 

姫路オフ報告

28日1530姫路駅某所集合。そのまま真っ白になった姫路城へ。
入るには少々時間が遅いので、そのまま船場にある、見かけおんぼろで実際店内もおんぼろだが、安くてうまいと人気焼き肉屋へ行くが、既に10人ほど並んでいる。入るまでに1時間ほどかかったw

そこで焼き肉をほおばりながら、のんちゃん談義の花が咲き、のんちゃんに直接電話して「おいでよ〜。飯代も交通費も負担なしにしてあげるのになぜ来ないの?」と言うと、「お断りです」ですって。残念ですなぁ、田村智子の同級生も・・・いやなんでもないw

おなかがいっぱいになって、かわせみ氏曰く「やる気のなさが異常w」なおばあちゃんがママしてるバーに行ったら、かわせみタンいきなり氷を買いに行かされてた・・・w

で、お店ですすめられてカラオケをやったのだけど、管理人からかわせみタンに命令
「十戒(1984)歌え!」 続きを読む

ううむ・・・ネット右翼って共産党が好きだったのか

伊藤浩士とのブログ
ネット右翼は共産党が好きだけど、共産党はネット右翼が大嫌いという、珍説ながらユニークな論。珍説の根拠は

ネット右翼は、民主党や社民党を反日極左政党で幹部はみんな朝鮮人だと攻撃します。連立与党の公明党の支持母体である創価学会についても、朝鮮宗教で幹部はみんな朝鮮人だとしていますが、共産党については、本来のポジションからすれば民主党や社民党よりも左のはずなのに、反日極左といった攻撃をすることはまずありませんし、幹部が朝鮮人と言われることもありません


 この場合に、共産党とネット右翼が仲良しという言い方は不適切でしょう、共産党はネット右翼の主張など絶対に認めませんから、ネット右翼の共産党に対する一方的な片思いといえます。


 どうしてネット右翼は共産党が好きなのと不思議でしたが、彼らの戦後政治史に対する議論を整理してみると下記のようになります。 

ということで、その理由か書かれているのだが、ふだんネット右翼を詳細に見ていないので興味深く読んだ。歴史小説を書く人らしい分析である。
 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ