日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2012年08月

この程度でも議員が務まるのかと頭が痛いw

青木こうじろうブログ〜身近なことからコツコツと

日本の財政悪化の原因は」と題して不破講演を元に論じているのだが、www状態なのに気がついていないのはイタイ。

データによれば、2000年代は90年代よりも公共事業費は激減しているのに長期債務残高は激増しているじゃないですか!軍事費の増加分なんか知れたものだと自分が出しているデータに書いてあるじゃないですか!

「不破が言うことは正しい」それ以上のことは何も考えられないんでしょうなぁ・・・それで議員が務まっているというのもアレだけどw

8月の読書のおすすめ

石の花(1)侵攻編 (講談社漫画文庫)
石の花(1)侵攻編 (講談社漫画文庫)
クチコミを見る

以前から紹介汁と言われていたのだが、ネタが切れなかったので紹介そびれていた作品。紙の本は一部新刊では手に入らない(中古は可)。ただ、電子書籍はある

第二次大戦中のユーゴを描いた作品で、日本人が描いたとは思えない内容に、当時のユーゴ政府は表彰したという・・・まさか再び内戦に巻き込まれるとは思っていなかったろう。もちろん日本でもファンは多い。

B29などを実際に見た世代の人の描く戦争漫画の力強さを最近の漫画で見ることは少ないが、この作品は、そんな世代の作品ですら「甘い」ーと言える世界を描いているわけで、正直気軽に読める本ではない。

しかし、戦争を考える上で、読んでおくべき作品であろうと思う。


日本共産党は近く解散総選挙があるとは思っていない

当blogを読んだ某所からメール。

日本共産党を含む野党は内閣不信任案を出したが、少なくとも日本共産党は解散総選挙があるとは全く思っていないはずだ。その根拠は大運動を二ヶ月延長したから。

解散総選挙になると思っていたら大運動などやってるヒマなどあるはずもない・・・なるほどw

良い意味で市政をかき回している鳥栖市議

にちゃんねるサッカーニュースまとめ

日本共産党鳥栖市議の尼寺省吾議員がサッカーのサガン鳥栖のクラブハウスに市が五億出すのはいかがなものかと異議を唱えて話題になっている。

市長に「サガン鳥栖支援は必要であり、否定はしないが、そんなカネがあるなら、もっと市民生活に直結する事に、使ってほしい、スポーツはサッカーだけではないという、市民の声があることも受け止めてほしい」と、要請しました。

尼寺議員の主張の詳細は市議団のページに詳しいが、サガン鳥栖の支援の必要は認めながらも言うことは言う。どこかの市議とはえらい違いだw

あらら・・・上田市職員労働組合が全労連に転びますか。

すでに報告が入っているが、あ〜あ、やっちゃったよというのが実感

毎日新聞


 上田市職労は 7月26日の定期大会で「自治労は民主党の政策に引っ張られ、消費税増税や公務員の賃金切り下げなどについて反対運動を起こしていない」などと自治労脱退 と、自治労連への加盟を提案。代議員の賛成多数で可決した上で、組合員(約989人)が投票した結果、投票者の約9割が承認した。

上田市職労は05年の定期大会でも自治労脱退を提案し、否決された経緯がある。本間繁書記長は「民主党政権に対し、無批判ではいられない。これまでも自治労連と協力関係もあり、昨年の定期大会から議論を進めてきた結果」と話した。


いよいよ民主党が溶解しそうな感じで、自治労系で続く組合も出るかも知れないし、続く組合が多数出たら共産党にも緊急避難的に票が集まる可能性もなくはないが、あまりに愚かな決定だ

いや、賃上げは労働組合のもっとも基本の仕事だから、その点忠実な全労連に移るというのは合理的な選択とも言えなくもない。でもね、このご時世でそんなことを臆面もなく言っちゃいかんよw
もっと別の大義名分を建てなきゃ袋だたきにされるだけだ。

上田市職労は、これで完全に議会を敵に回すし、労組から1人や2人議員を出したって力関係は変えられない。しかもこれで職労は「わかりやすい敵」に自ら名乗り出たわけだ。

組合員は、馬鹿な幹部を担ぎ上げたことを後悔することになると思うよ。ま、そんな幹部だから今時全労連に行こうなんて思うわけだがw

都道府県委員長会議・こっそり危機的状況も秘密報告

大運動と特別期間終了直後に行われた都道府県委員長会議。赤旗に載らない報告は以下の通り

機関誌滞納額は一月から七月累計で1.7億円。
滞納ベストスリーは長野1800万、京都1200万、兵庫800万!もともとベストスリーは京都長野大阪だったが、兵庫の伸びが目立つwww

一月から六月の党費納入口数前年比23200口の減
7月の党費納入率67.9パーセント(ここ重要w)

日刊紙未購読党員数33.7パーセント

幽霊党員(未結集党員)9万人の整理をしてもこの状態というのは、ぼくちんも噂では聞いていたが実際にデータを得ると本当に驚くというか、これじゃ整理前とほとんど変わらんじゃないかと・・・

残念な候補者・衆議院比例北陸信越候補者、藤野やすふみクン

藤野やすふみホームページ

 いやはや、今の日本共産党にblogで、ただの日記ではなく、連載記事を作れる人がいたのかとwww
で、その連載記事というのが「原発産業からの転換に向けて」というタイトルで石炭産業を素材に原発が廃炉になった後の地域開発をどうすべきか考察するという野心的な試み。でも、残念な人だなぁというのが感想。


続きを読む

都道県委員長会議・志位委員長の言葉、今年の流行は「小飛躍」w?

しんぶん赤旗

都道府県委員長会議における志位委員長の言葉

私たちは、7月2日の常任幹部会の「訴え」で、6月に一定の前進をしたけれども「小成に決して安んじないで目標達成にむけて頑張ろう」ということを、訴えました。

 7月20日の常任幹部会の「檄(げき)」で、7月上中旬に「小飛躍」が起こったけれども、「『小飛躍』に決して安んじないで目標達成にむけて頑張 ろう」と、訴えました。すべての支部が新入党員を迎えようということを、「どうか」という言葉を2度使いながら、心から訴えたのが、7月20日の「檄」で ありました。

 私は、ここで、「決して安んじないで」という言葉を、いま一度、3度目になりますが使って、みなさんに訴えたい。「大運動」の成果は、非常に重要 で貴重なものであります。とくに、7月の頑張りによって、お互いに大いに自信をもっていい成果を得たと思います。しかし、選挙で勝つためには、まだ私たち の自力は足りない。選挙で勝つ保障は築けていない。そのことを直視し、「大運動」の成果に、決して安んじないで、党勢拡大の目標総達成を必ず実現しようで はありませんか。それを、この8月、9月にやりきろうではありませんか。とりわけ、全党に指導責任を負うわれわれが、この仕事をやりぬく腹を固めて、指導 的イニシアチブを発揮しようではありませんか。 

何月に、党員一丸となって、無理に数字を作ったとの認識はないらしい。そしてそれだけ無理をしても「小飛躍」にとどまったという認識もないらしい。

「小飛躍の次に大後退」を繰り返す体質はそのままだから、現在多くの党員が衆議院解散総選挙を心待ちにしている。選挙が終われば、無理に作った浮き部数をはき出してしまえるからだ。それで大後退しても翌月からぼちぼち浮き部数を重ねていれば、「小飛躍ではないが少飛躍」だとかいって 党の覚えめでたく生きていける。

何十年と繰り返されてきたこのパターン、まだまだ続ける決心の固い志位委員長であった。よって今年は「小飛躍」が党内流行語になるのではないだろうかw?続きを読む

党勢拡大運動、二ヶ月延長w

しんぶん赤旗

昨日の予告通り、都道府県委員長会議が開かれ、党勢拡大の大運動が二ヶ月延長された。それはそうと、日本共産党中央委員会は何を考えているのだろう?

「大運動」をつうじ、とくにその最終盤の活動によって、「やればできる」、「党勢拡大の大きな条件がある」ということを、多くの党組織、党員がつかみつつ あります。国民が新しい政治を求める大激動のなかで、党が前進できる条件が満ち満ちていることは、多くの同志が実感していることです。せっかく全党の努力 でつくりだしたこの流れを絶対に中断させず、全支部のものにし、さらに発展させるために、あらゆる知恵と力を傾注しようではありませんか。

ん?大阪維新の会はもう「党」を名乗っているのかなw?続きを読む

国会質問がマシだったので、たけし先生に真剣にアドバイスする。

我らの領収・・じゃないw、両週、違うw、領袖宮本たけし先生が昨日大津いじめ事件の質疑をされますた。動画は、こちらにあります。

あのアホの宮本がまあまあの質問ができるようになったことに、メンターwたるぼくちんは感涙にむせぶところでございますが、最後でポカりましたねぇ。

日本共産党議員としての存在感を示そうとしたのがよくなかったわけですが、日本共産党選出の議員でなかったら、こういうポカはやらなかっただろうと思うと、日本共産党の政策立案能力はホントにダメですね・・・。

しゃーない。少しは成長認めて、少しアドバイスしてやるか!

教師や教育委員会のいじめ隠蔽体質は、確かにシステムの問題ではある。しかし、突っ込みが甘すぎるんだよね。

例を挙げましょう。民間でも日本共産党でも、一つの指標を評価のパラメーターにおいた場合、かならず過剰に適応しようとする者が出てきます。たとえば売り上げ至上主義(共産党なら赤旗部数拡大主義)を重要な評価軸に設定した場合、民間なら利益無視の値引きに走る営業マンが出てきたり、共産党なら短期読者開拓しかしない党員が出てきたりするわけです。同じ事が教育界のいじめ隠蔽にもあるわけです。

続きを読む

呉民商に労働基準監督官、調査に入る

呉労働基準監督署が、昨日呉民商に調査に入った。
こんな事は前代未聞ではないかと思われるが、結果は調査打ち切りに終わった模様。容疑と対応は以下の通り。

年休を勝手に欠勤にした→年休は許可していない→申告した、しない。なので労基は介入できない。
(従前から年休は電話連絡で行っており、所定の書式はなく年休取得方法は就業規則に謳っていないから突っ込めない)

残業代未払い→仕事をしていた証拠がないので裁判でやってくださいと労基が返答
(タイムカードを出してもこの対応は何だ!)

勤務日数の一方的な変更(月・2回土曜日休日→全週土曜日休日)このため賃金を一方的に引き下げ→
就業規則を変更していないが「忘れていた」(民商会長代行)→就業規則を修正してください。それで良いです。(労基)
(そうか、忘れていたら何しても良いんだwww)

ちなみに労働基準監督署の組合、全労働のページを紹介しておく

働く人が安心して暮らせる社会をつくりたい
長期化・深刻化する不況の中で、働く人はたいへん厳しい状況に置かれています。300万を上回る人々が失業に苦しみ、リストラの不安を抱えながら働く人も少なくありません。また、派遣や請負、パート、アルバイトなど不安定な雇用形態で働く人も激増し、また、賃金や労働条件の引き下げが横行しています。

全労働は、働く人の雇用と労働条件を守るとともに、働きやすい職場環境の実現をめざすために、あるべき労働法制を積極的に「提言」しています。また、働く人の視点に立ってあるべき雇用政策・労働政策も提言しています。


要は言うだけか?

今日から、また大運動・志位タン、嘘つきと怨嗟の声広がるwww

本日午後より、都道県委員長会議が行われるとの情報が入った!

午前中に常幹会議で声明を出して午後から委員長会議で、その内容は大運動の総括と反省、そして8月も赤旗、党員拡大を活動の中心にするという事前通達があったという。要は、大運動を8月も継続すると言うことである。

以前、志位タンが大運動の延長はやらないと宣言していたのを反故にする内容で、実際は大運動の延長ではないと屁理屈こねるだろうが、党員の衝撃はかなりのものとなろう。

だって、大運動で相当無理してるんだよ。その上、夏の集金活動(これで遅配の穴埋めやボーナスを作る)より拡大に力を入れよってことは、財政を今以上の苦境に追いこんでも拡大をやれと言うこと。

この一年(正確には13ヶ月)拡大にがんばった。今月は小休止して集金やらなきゃと思っている党員たちを絶望の淵に落とす中央委員会の対応にすでに怨嗟の声が渦巻いている状況だ。

緊張が切れて、やる気をなくす党員が増えるだろうな・・・

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
クチコミを見る

党勢拡大の大運動、結果が判明

しんぶん赤旗
日本共産党の活動ページによると、大運動結果は

党員数はトータルで約18000人
7月入党は7115人(25年ぶり)
7月31日入党は629人
ちなみに目標は5万人だったから、達成率36パーセント

日刊紙 1431人増
日曜版 8314人増
四ヶ月連続増。全都道府県が前進したのは2000年10月以来。
ただし、大運動スタート時からのトータルでは
日刊紙 750人減
日曜版 1086人減
ということで、むしろ減っている。

日刊紙目標は5万人で党員拡大とリンクさせる方針だった。よって18000部は増えていなきゃならないが減紙だったから、方針は全く守られていないか、既存読者の減紙がだいぶあるかのどちらかだ。

日曜版読者の目標は17万人だったから、なんと達成率5パーセント以下だ。

かなり無理をしているのは、あきらか。この8月がどうなるのか、注目である。

「BUBUKA」評から見る宮本たけし先生の文芸力w

宮本たけし先生、「BUBUKA」に掲載されますた
ということなんだすが、この雑誌に関して

ずいぶん以前に比べておとなしくはなったようですが、最後の方のページは以前の面影を残しておりますので、「よい子」は買わないようにお願いいたします。

だそうでつ。以前週刊大衆だっけ?かに掲載されていたときもたけし先生、雑誌がアレだと言っていて、こんな雑誌とはしらなんだ的なことを仰っていましたが、ブブカの場合は知って受けたわけですよね?そう思うなら取材受けなきゃ良いのに、滅多にない党外メディアで目立ちたい欲望に負けたんでしょうw

ま、それはそれとして、以前文芸評論家を名乗っておられた(当blogが突っ込んでからやらなくなったw)たけし先生、この手の雑誌が多くの文芸の担い手を育ててきたって知ってましたw?

あえて言いませんが、今では大御所扱いされているあの人とか、この人とか、こういう雑誌からキャリアを重ねてえらくなられた人は多いんですよねぇ・・・日活ロマンポルノや一時期のアダルトビデオが今日の名映画監督を育てたように、とんがった意見は、まずこういう雑誌から日の目を見てきたのは文芸に通じている人なら常識レベルのことだと思うんですけどねぇw

こういう軽口一つにも、たけし先生の薄っぺらい見識がうかがえるたけし先生、やっぱり目が離せませんwww

大津いじめ事件・怒りに震えたいなら全教文書を読もう!

しんぶん赤旗

滋賀県大津市立中学2年生の男子生徒=当時(13)=が昨年10月に自殺した問題で、日本共産党大津市議団は7月26日、「真相の究明に努めるとともに、父母や教職員、地域関係者、市民と力を合わせ、いじめをなくしていくために全力を尽くす」とする見解を発表しました。

見解は、「いじめと自殺の関連が強く疑われる状況であったにもかかわらず、早々に調査を打ち切った学校や教育委員会の対応、被害届を3回にわたって受理しなかった警察の対応などに重大な問題があった」と指摘しています。


どう見ても他人事ですね。自分たちが隠蔽した側の人間だという自覚がまるでない。で、もとになった全教の文書はたけし先生のページか、こちらを参照。

そうそう、読んでムカムカしたくない人は、全教の文書はクリックしない方がいいよ。

たけし先生は、自動車ゼロも言い出すようにw

たけし先生、堀内照文タンの話を聞いて曰く

堀内さんのお話もよかったです。自ら福島県に除染のボランティアに入られた体験を語られ、堀内さんの3歳の子どもさんが願い事を書く笹を保育所からもらっ てきた。字が書けないので代わりに堀内さんが書いてあげたらしいのですが、テレビで観ている戦隊物のヒーローになりたいとか、好きな食べ物を食べたいと か、子どもらしい願いだったそうです。

 ところが、除染に行った先の福島の子どもたちの七夕の笹には「がんにかかりませんように」と書い てあったのが衝撃だったというお話には、胸が詰まりました。一度事故を起こしたら、幼い子供たちにまでそんな思いをさせる原発はゼロ以外にありません。再 稼働止めよの訴えには迫力と説得力がありました。 

たけし先生、交通遺児の子供たちは、七夕には「おとーさん、おかーあさんが帰ってきますように」なんて書かれているかも知れませんよ。交通遺児の会なんかにたけし先生が行ったら、幼い子供にそんなことを書かせる自動車はゼロ以外にありませんというんでしょうか?医療事故なら「医療なんかゼロ以外にあり得ません」と言うんでしょうか?

だいたいこうした論理が許されるなら、たけし先生、あなたは一人の人間を自殺に追い込んだ片棒担いでいるわけですよ!

「宮本たけしはゼロ以外にない」それでいいなら、さっさと死ね!ボケナス!
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ