日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2010年03月

NHK世論調査・みんなの党が共産党より支持される

NHK世論調査

本日NHK発表の世論調査。共産党の支持率は0.9パーセント減の2.1パーセント。

民主党の支持率が下がっているが、かといって自民党が上がっているわけでもない。いわゆる第三の受け皿は、みんなの党が担っており、その他は支持政党特になしに流れている。

志位たんいわく

「日本共産党が、あらゆる問題で、政治を前に動かす『建設的野党』の立場で奮闘している姿が、全体の政党配置の中で浮き彫りになりつつある」

実際は、みんなの党にも抜かれれてしまった。

兵庫国政委員長堀内照文はいいかも・・・。

皆さんご存知の通り、当blogはライブドアblogを使用している。一応政治カテゴリのランキングもあって時々見ているのだけど、日本共産党系のblogはランキングになかなか入ってこなくて、最近はとんと見なかった。

しかし本日みたところ日本共産党兵庫国政委員長で、参議院線の予定候補者でもある堀内照文たんが50位くらいに登場している。リンク先は読書ノートで、なんとマルクス・エンゲルス全集をほとんど読破しつつあるらしい。

マルクス・エンゲルスが党の独習文献から外されて以来、いったい日本共産党員の何人がマルクス・エンゲルス全集を読んでいるのかわかったものではないが、注目株と見てよいのではないか?





全学連大会・参加者103人

二日から四日まで開かれた全学連大会の記事があった。
参加者は103人と二桁転落は免れたようだが、事務局の人数を除けば二ケタだろうね・・・。

全寮連は確か大会参加者十数名になるまで持ちこたえていたと思うが、全学連はいつまでもつだろう・・・。

これが沖縄問題での共産党に対する評価なんだろうな

JCASTニュース

「一肌脱ぐ姿勢なし」ということで

 赤江珠緒が「政権発足早々の案なら、沖縄の人たちも考えやすかったのでは」と振ると、大谷昭宏は「結局、沖縄となれば、沖縄県民にすれば、すったもんだの挙げ句、だまされたことになる」と話した。その上で、ただ、民主党が批判されるのは当然だが、では、日本国のどこかが沖縄の基地軽減のために我々が一肌脱ぎましょうと手を挙げたか、社民党も共産党も県外のどこかを説得する努力をしたか、などと議論を展開、日本全体の問題としてとらえられたのか、思いが残る、とつづけた。

見透かされていますね、日本共産党。
市田からしてこんな調子だからなぁ。

全教・共産党系は事実無根だそうですw

国会議員に返り咲かれてから、党本部の指導が入っているのか以前のように突っ込みやすい日記が減って困っておりましたが、久しぶりの宮本岳志先生ネタでつ。

以前から当blogでもさんざ指摘していた問題。

続きを読む

学習・党活動のページなくなる・市田発言「躍進期間」トータルで後退

毎週三回、1枚二面で日刊紙に挟み込まれていた学習・党活動のページが消滅、代わって一面で「日本共産党の活動」ページにリニューアルされた。

火水木土日の週4回出るようで、16面の紙面は変わらないので実質週六面の記事削減となる。

その記念すべき一号記事は。「今、挑戦するとき」と題した都道府県委員長会議と関東民青同盟大学班の学費署名記事。でもって都道府県委員長会議だが

参議院選得票目標実現へ「赤旗」三割必ず

増やしてくれというのだけど、注目点は市田のこの発言

「躍進期間」のトータルで後退した反省を深め

昨年後半から今年早々に繰り広げられた躍進期間はトータル一万部ほどの増紙になっていたはずだ。しかし躍進期間をずっとオチしていると何か勘定が合わなかったのも事実で、本当は躍進期間にも後退していたのがこれでわかる。

二月の赤旗後退はこんなでした。

二月の赤旗後退部数
日刊紙1,069
日曜版1,739
合計2,808部の後退。
党員数は約900人の入党決意者があるということだが、純増はごくわずかだろう。

三月は異動の月であり、これ以上の減紙が予想されるわけだが、果たしてどの程度の規模になるのだろうか?

2月、1月以上の減紙

二月のしんぶん赤旗は、1月以上の減紙になった模様。1月はわずかに減紙という表現だったが、二月はわずかではないので学習・党活動のページに載せられなかったようだ。健三氏のおっしゃる通りのパターンを踏んでいる。

そうした流れでの3月は、付き合い上赤旗をとっていたものの、転勤などを理由にこれ幸いと購読継続を断られる大減紙の月。
某所では津波の被害はなかったが、党にだけは津波が来たと言われたとか言われなかったとか・・・。

志位タン、内部留保論かなりの修正

BSイレブンの番組に出た志位タンの対談

以前のわずかな内部留保を吐き出せさせるだけでよくなる論は影を潜めて、税金回りの話にシフトしているのがわかる。

しかし、それでも対談相手の篠原氏は納得していないようだ。もちろんそこには国内需要の低迷があるから外国頼みになってしまったことを

つまり、国内で労働者や中小企業から吸い上げたお金を、(設備)投資にせよ、あるいは(家計の)所得にせよ、国内経済にきちんと回して、内需を良くしていくというところに使わないで、外国に投資してそこでもうければいいという。外国頼みの経済にしちゃっている。ここが私は、一番の問題だと思います

なんて言っているところにあったりするのだが、それでも志位タンすごぉぉぉい対談でない記事も出てきたことは評価されるべきだろう。

次のステップは党をどうするのか、赤旗をどうするのか、侃々諤々記事だろうが、そこまで行くのに数年かかるかもね。

ベトナムから日本共産党員へ

ベトナム在住日本人の方の、「日本共産党の皆さんへ」というメッセージ。

寅さんも、その昔、労働組合運動を10年ほどしました。
会社を辞めたときには、公安の尾行がつき、
仕事にもつけづ、露天商をやりました。


それが寅さんという、名前の由来です。
これから、共産党の批判記事を書きます。
共産党さんが良く使う転向者と呼ばれる人間かも知れません。


という出だしで始まるメッセージ。

反論を、お待ちしてます。


とおっしゃっているので、日本共産党の方は反論をどうぞ。
しかし、こういう方相手に反論しようなんてタマは、今の日本共産党にはもういないだろうなと思ったり・・・。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ