日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2009年05月

北方領土の見解の相違

北方領土問題等解決促進特別措置法」について議論

日本共産党の紙智子参院議員は「骨子案の内容はこれまでわが党も要求してきたかさ上げ措置を確実にすることなどが盛り込まれ、全体として賛成できる。ただ、法の目的に『北方領土をわが国固有の領土』と規定することについては、わが党は歯舞諸島と色丹は北海道の一部であり、北千島も領土という立場なのでその点は相違がある」と見解を表明しました。

我が国固有の領土と、どう違うんだw?

民医連綱領から「はたらくものの医療機関」という言葉が消えるらしい

しばらく行かなかったさざなみ通信に、こんな投稿があった。

共産党と超友好関係にあ民医連は、綱領から、「はたらくものの医療機関」 という表現を削除しようとしている

 私は、民医連の職員ではあるが、変更の事情につていては知らない。労働者、 労働組合の地位が下がるなかで、どうなるのだろうと思っている。
 私は民医連の事務幹部を三つに分類している。ひとつは、元労組幹部で労働法 について、知っているにもかかわらず、経営者となった今は態度を変え、法を無 視してしまっている人。ふたつめは、他の職員から指摘されると、労働法を時々 思い出して、法違反をぎりぎりのところでさけるように努める人。第三は、労働 法について無知である人だ。派遣労働が増え、給食、清掃と業務請負が増えて も、なにも感じない人たちだ。
 一方、労組も共産党も頼りないもので、抗議行動もしないものだから、法違反 もし放題だ。こういう中で、綱領が改定されていく。
 民医連を扱うサイトはたくさんあるが、理事会と違った視点からの意見は出せ る場がない。この場を借りて意見を出してみた。

民青はカルト認定されるかなw?

毎日新聞
カルト対策:「学生守れ」と全国の45大学が情報交換

2009年5月14日 15時0分 更新:5月14日 15時58分

 カルト集団の勧誘から学生を守ろうと、各地の大学が積極策に乗り出している。かつては「信教の自由」からカルト問題に及び腰だったが、新入生らが カルトに取り込まれる事例が後を絶たないため。今春からは、全国の45大学で学生相談を担当する教職員らが、カルト対策情報を交換するメーリングリストも 始めた。

 大阪大では06年、3団体に学生78人が関与していることが分かり、新入生を対象にした専用の必修講義を新設。今月9日の講義では、同好会、セミナー、アンケートなどを装って接触し、参加後は自由な友人付き合いなどを禁じる集団への注意を呼びかけた。

 岡山大では今春の入試で、受験生に入学後の履修方法を教えるとの勧誘ビラを配る怪しい団体が現れた。このため、正規サークルには腕章1000枚を 配り、新入生が見分けやすくした。千葉大ではカルト問題相談の専用窓口を設けるなど、カルトへの対応を組織化。カルトにかかわる学生は保護者に通知したり、カルト系サークルの承認取り消しに乗り出す大学もある。

 メーリングリストはカルト問題に詳しい滝本太郎弁護士(横浜弁護士会)や恵泉女学園大(東京都多摩市)の川島堅二教授、大和谷(やまとだに)厚・ 大阪大大学院教授らが呼びかけた。日本脱カルト協会、全国霊感商法対策弁護士連絡会とも連携し、脱会者から得た情報や、学生への対応の仕方などの情報を共 有している。

 大和谷教授は「カルト問題を放置すれば、社会に迷惑をかける。大学には最新の具体的な情報を提供し、学生自身が判断できるようにする責任がある」と話している。

日本民主青年同盟、すなわち民青はカルト認定の対象になっているのだろうかw?

どこが反共シフト?

学習、党活動のページ
猗振Ε轡侫箸鯊任素砲蹐Ν
東京江戸川地区委員会の江戸川区では河野ゆりえ都議の三選を目指しているのだが、定数5に対し自民2人民主2人公明1人が立候補を予定し「典型的な反共シフト」が敷かれ(以下略w

もう敗北の言い訳とは・・・「切実な要求でみれば、日本共産党は圧倒的多数派」と言っていることから類推すると、江戸川区は金持ちばっかで切実な要求を持つ人が少ないのだろうw





最近、ぼやきのおっちゃんが飛ばしている件w

管理人が注目しているサイトの一つ「ぼやきのおっちゃんのネタブログ」が最近共産党関係のエントリで飛ばしている。たとえば京都府学連関係とか北方領土関係とかw

こういう昔のことを知っている方の記憶を知ると、共産党って、ホント「変わらないですよね、昔からw」

たけし先生、懲りませんなぁ

たけし先生、相変わらずでつ。今回は小沢一郎についてでつ。

 つまり、小沢氏の「政権担当能力」とか「選挙に強い豪腕政治家」というイメージのおおもとには、かつて自民党田中派に所属し、「清濁併せ呑んできた」とか「政界の表も裏も知り尽くしている」とかいう小沢氏の経歴があるのです。しかし、そりゃあ清濁併せ呑めば、「濁」もいっぱい呑んでいるでしょうよ。表も裏も知り尽くしていれば、「裏」の問題も出てきますわなあ。小沢氏の「政権担当能力」なるものを天まで持ち上げておきながら、今回の「西松事件」を「青天の霹靂」であるかのように言う人は、ものごとの筋道がわかっていない人です。

本質は、小沢氏にとって、この事件は、起こるべくして起こった事件であり、意外でもなんでもないと言わねばなりません。民主党小沢代表や、それと選挙協力している社民党などを引き合いに出して、「共産党も青臭い書生論ばかり言ってないで、『清濁併せ呑む』度量も必要だ」などとおっしゃる人がたまにいますが、私たちはだからこそ、誰が何といおうと、決して「濁」は「併せ呑み」ません。「裏」を知ろうとも思いません。そしてそういう政党とは一致点にもとづく政策的な共同は行っても「選挙協力」は行いません。

清濁併せのむのは嫌だぁ〜、裏を知るのも嫌だぁ〜ですか。そうですね、公の場ではかっこよく振る舞うたけし先生が、多くの党支持者の支援で参議院議員になったとたん議員給与か何かでBMWを買ったとか、自民党に自分からいちゃもんつけて、反論されたら貝になるとか、そりゃ裏は知られたくありませんわな。自分の裏を探られたくないから、こんなことを言うのでしょうか?

いや、たぶんそこまで考えていませんね。だって西松建設の件など、裏のできごとが表面化したわけです。それを「知ろうと思わない」たけし先生が、話題にすることに矛盾は感じていないようですのでw。

それにしても、自分に度量がないことを自慢するとは思わなかったなwww

どっちが腐朽なんだかw?

不破タンの、中国訪問報告

不破氏は、このなかで、国際金融危機の時代背景として、米国を中心とした資本主義の寄生性・腐朽性の一段の深まりや資本主義の支配領域の縮小による世界の力関係の大きな変化―などをあげました

腐朽性とは、建築用語で「耐腐朽性」という言葉で使われる用語だとぼくちん初めて知ったのだが、

資本主義の寄生性って、どういう意味だろう?そして資本主義の前に、昨年あれだけブームと言われたのに、ポスター印刷代すら事欠いている日本共産党の腐朽性の検証をした方がよいと思うな。

それと中国が日本同様、米国債をたくさん持っていて、アメリカ政府がこけると日本同様大損害になる点についてどう捉えるかも理論会談して欲しかったな・・・。

生野ともうみ相手に創価学会は訴訟をするのか?

にちゃんねる嶋スレに、こんな書き込みが掲載された。

836 名前: 革命的名無しさん  Mail:  投稿日: 2009/05/11(月) 21:10:22
他人のことより自分のこと心配したほうがいいんじゃないかな。
2007年4月11日の「創価学会系の学校では「共産」という漢字を
「嘘つき」「ハイエナ」と読むように教育しているのでは」という記事を
エクセルにコピペして創価学園にメールしておいたんだけど、やっとそれ
れへの返信メールが届いたんだ。メールの内容を簡単に言うと、その記事を
書いたブログの管理人の氏名を法に基づいて特定したうえで、公教育機関を
侮辱し名誉を傷つけたとの趣旨で訴訟も検討しているということでした。

生野ともうみクンの頭が真っ白になっているのが目に見えるようだが、ぼくちんの予想では、たぶん創価学園のブラフで、訴訟にはならないと思う。生野ともうみの創価学会批判は、創価学会を利する可能性もあるからね。だって創価学会批判が生野ともうみレベルのものばかりだったら、創価学会はうれしい。

もし本気でも、いきなり訴訟にはならないと思うから生野ともうみ君、安心しなさい。ただし、もし創価学園が本気なら、まず生野ともうみクンのおうちに弁護士から配達証明郵便か配達記録郵便が届く。そして連絡してこいと書かれている。

生野ともうみクンは生野天王寺地区委員会に相談するだろう。地区委員会は、弁護士に連絡したら該当エントリーを削除し、謝罪文を掲載しろと言ってくる考えて、弁護士の指示に従えと生野ともうみに言うだろう。そしてBlogはもうやめなさい。これまで書いたblogも削除してもう書かないようにしなさいと言うだろう。

もしそう指示しないなら、日本共産党生野天王寺地区委員会委員長は、党中央にばれたら最後、飛ばされる。

これを機会に、生野ともうみが更正することを祈りたい。


新ポスターの張り出しとポスター募金。

日本共産党の新しいポスターの張り出しが10日に行われたそうなのだが、この日が初めてのお披露目のようだ。

ポスターの発表が4月の20日。GWを挟んでいるから、やっと10に印刷、全国配布が終わったというところだろう。その10日のしんぶん赤旗にポスター募金のお願いが載っていたわけだ。

ポスターが好評で増刷と言うことだったが、実はまだほとんど貼られていなかった・・・募金の目的は本当に増刷なのか?初刷りの印刷代じゃないのかと思ってしまうニュースであった。

都知事候補が、こんなこと言ってたなんて!

賃金奴隷69氏から面白い情報がw

二度、共産党都知事候補をやっていた畑田重夫タンがこんなことを言っていたとか...出典はどこだろ?

(シベリア抑留を)強制労働という言葉を使う人がいますが、働いてノルマをさえはたせば食糧を配給してくれるというのが実態であり、それを日本にいた当時は、土方のような仕事をしていた人や、失業者であった人たちは、「ソ連という国は天国だよ。働きさえすればちゃんと食えるんだから」といいますし、仕事もしないで親のスネをかじっていたオ坊ッちゃんめいた人は「強制労働をやらせやがった」という表現をとるのです。[畑田重夫]

…今の共産党はシベリア抑留を非難してます。

今度は、ポスター募金だ!

しんぶん赤旗にポスター募金のお願いが掲載。

このポスターがもっと欲しい。足りないというとこが多く、増刷するのにカネが要るということらしいが、ポスター代にも事欠いて大丈夫か?


共産党崩壊、わが引退後に来たれ!

たけし先生、総選挙まであと半年以内と言うことで快調でつ。

 麻生首相のオバマ大統領あて親書は、4月14日から訪米した安倍晋三元首相からバイデン副大統領に手渡されました。核兵器の廃絶をめざすことを宣伝したオバマ大統領のプラハ演説を受けて、大統領に書簡を送ったのは志位さんだけではないのです。麻生首相も送っていました。しかしオバマ大統領の核兵器廃絶宣言を心から歓迎し、核兵器全面禁止のための核兵器保有国による交渉を開始することを求めた志位書簡とは対照的に、麻生首相の「親書」は「核抑止力を含む拡大抑止は重要」とクギを刺したと言うのですからあきれますね

NPT(核兵器不拡散条約)を念頭に置いて麻生タンは親書を書いているようですが、それがどうして「クギを刺す」ことになるのか意味不明というか、NPTを無視する姿勢にあきれますw

 内政でも、外交でも、いよいよ自民・公明政治はタガの外れた迷走に落ち込みつつあります。マルクスによれば「大洪水よ、わが亡き後に来たれ」…これは、すべての資本家とすべての資本家国家のスローガンであるばかりでなく、麻生首相のスローガンでもあるようです。

あ〜の〜自民・公明も確かに感心しませんが、今回はどうあっても議席を減らすのは確実なので、彼らは党勢の維持に躍起になってます。

「大洪水よ、わが亡き後に来たれ」は、大阪府委員会副委員長の立場なのに、じわじわと進む党の空洞化を放置している誰かさんのような幹部を指すのではないかなw?

特にたけし先生、今回返り咲くと解散がなければ議員在職10年達成で議員年金もらえるようになりますもんねぇ。年415万円。

きっとそのあとのことは、考えてないんでしょうなぁ・・・共産党崩壊、わが年金獲得後に来たれ!ってねw

追記
これは恥ずかしいw氏から指摘があって、馬鹿書いていたのが判明したので訂正。確かにこれは恥ずかしいw


不破哲三、平凡社新書から「マルクスは生きている」発売予定

マルクスは生きている
著者:不破 哲三
販売元:平凡社
発売日:2009-05-16
クチコミを見る

末端専従は食うや食わずの生活の中、津久井で料理人や運転手を抱える生活をされている不破哲三タンが平凡社新書より「マルクスは生きている」を出されるようでつ。

発売は五月二十日前後となる予定ですが、自分で書き下ろしたのか、いつもやってる講演のテープ起こしを党員にさせて、そのまま本にしているのかは不明でつw

これで宮本たけしを始め、多くの党員が絶賛の嵐をblpgに書き込むことでしょう...ネタ作りに貢献してくれて感謝いたしますw



あ〜あ、また墓穴ほっちやったw

日本共産党大阪府委員会副委員長宮本たけし先生、よせばいいのにまた墓穴掘っちゃいましたw

 日本政府はポツダム宣言受諾前から、国体護持の条件が守られるなら満州などの武装解除された日本軍兵士や居留民間人をソ連に提供し強制労働を容認するという提案をソ連側に行っていました。ポツダム宣言受諾後も、日本政府はソ連に対し日本軍兵士と民間人の役務提供を申し出ていた事実も明らかになっています。このような日本政府の棄兵・棄民政策があったからこそ、ソ連は極めて迅速に、日本軍兵60万人をシベリアなどでのソ連全土約2000箇所の捕虜収容所に強制連行することができたのです。

 そしてさらに日本政府は、それを知りながら、抑留された人々がシベリアなどでの極寒、飢餓、過酷な強制労働に苦しんでいるのを長期間にわたって放置したのです。このような日本政府の棄兵・棄民政策によって長期間にわたってシベリアなどに抑留された原告のみなさんは、死ぬまでに日本政府の棄兵・棄民政策を断罪したいという強い思いでこの裁判を提起されました。

これって
日本共産党も、それを知りながら、抑留された人々がシベリアなどでの極寒、飢餓、過酷な強制労働に苦しんでいるのを長期間にわたって放置したのみならず、スターリンと協力して日本共産党の革命戦士にしようとしたんですよね〜。

下手なこと書かなきゃ突っ込まれないのねぇ〜アホですねぇw

おいおい、どこの地区委員会の奴だ?

某所から怒りの投稿

以前、葛飾区で共産党員の坊さんがビラをまいたことで逮捕されて無罪になったことがある。

この時、坊さんビラをまくなとクレームがついたとき「わかりました。あなたのとこに入れないようにします」と約束していたというのに逮捕されたのが大問題だったわけだが、そういう良心的態度を取る党員の努力を台無しにする奴がいたらしい。

この方、ポストに「政党ビラすべてお断り」と書いて張っていたそうなのだが、そこに共産党がビラ入れてきた。

たまたま家にいたため、投函された直後だったので、この方ビラを入れた人を追いかけたそうな。その時のやりとりは

「何やってるんですか」
「あんた誰?」
「ここの住民です。政党ビラは入れないようにって書いてたでしょ?」
「さぁ〜」

てな感じで薄ら笑いを浮かべていたとか。で、調べると葛飾坊主の記事が出てきたそうで「この坊主、嘘ついている!」と思われたそうである。

いやいや、それはない。党員の中にはよい人もおれば悪い人もいるのだと言って納得していただいたのだが・・・。

こいつはきっと共産党バブルで入党した党員なのだろうと思う。それでビラ配れと言われて嫌々配っていたんだろうな・・・。

メディアが気がつかない化けの皮w

産経新聞が共産党の党員増加を報道

最近の新聞社は景気が悪いせいか、共産党関係はろくに取材せずに書くなぁ・・・党員が増えているのにしんぶん赤旗が減紙していることをどこも突っ込まない。

特に党の顔であるしんぶん赤旗日刊紙がドンドン減っている。党費納入率も上がらないところを突っ込む新聞はないようだ。

日刊紙の減紙も党費納入率の件も、しんぶん赤旗で公表されている事実。なのに全国紙の政治部はその程度のことも書かない。解散報道に忙しくて、誰も赤旗チェックしていないんじゃないだろうかw?

ライブドア、しんぶん赤旗配信復活

ライブドアがしんぶん赤旗のニュースを配信するようになった。どうも四月27日から配信されていた模様だ。

三年ほど前にも、しんぶん赤旗はライブドアに配信されていたが、いつの間にかなくなっていた。だから今回の配信は復活ということになるのだが、そのニュースをを流したGIGAZINEのコメント

この調子でいくと、某宗教法人の機関紙などもそのうち配信されるようになるのでしょうか…?

どういう目でしんぶん赤旗が見られているのか、よくわかるコメントである。

しんぶん赤旗よ。馬鹿にされているのに気がつけw

しんぶん赤旗

自民党の山谷えり子参議院議員が改憲派の集まりでこんなことを言ったという。

「近所にすばらしい奥様がいらっしゃるんですが、『九条を世界遺産に、改正したら戦争をする国になる』と、道で会うたびに私を説得しようとするんです」

共産党かぶれの馬鹿だと言ったら問題になるから、オブラートに包んでいるのがわからないw?

「論戦力」筆坂秀世の感想文

論戦力 (祥伝社新書157)論戦力 (祥伝社新書157)
著者:筆坂 秀世
販売元:祥伝社
発売日:2009-04-21
クチコミを見る
やっとゲトしました。筆たんの「論戦力」で、一読してわかるのは、売れる作りをしていることw。

帯の文句が「手強い小泉純一郎」「訥弁だが説得力のある小沢一郎」「石橋を叩いても渡らない志位和夫」「覚悟のない麻生太郎」なんて言葉が並ぶ。

内容もほとんどが論戦のケーススタディで、タイプの違う政治家を意識して選び、解説している。ケーススタディのいずれも大変おもしろく、政治に興味のある人は読んでおいて絶対損はない。

以前正森成二氏の「質問する人、逃げる人」を読んだことがあるが、正森氏を小結とすると筆坂氏は大関クラスだと言っていい出来だと思う。

ただ、内容がいいだけに、横綱目指して、もう少し厳しい編集をして欲しかったなとは思う。たとえば、志位委員長に触れているくだりをあげてみる。

まず志位和夫を衆議院屈指の論客の一人と紹介。派遣労働の志位質問を例に挙げて数字に強く、論理的に考える能力に優れ、非常に緻密な分析をするのはその通りだろう。だが、それこそが彼の弱点でもあると思う。

続きを読む

たけし先生、党のカネでニューヨークに行きたいようでつw

憲法記念日だからでしょうか?、大阪府委員会副委員長宮本たけし先生が、ぼくちんにプレゼントをくださいました。ええ、突っ込んでもらいたいからに決まってまつw

 私もニューヨークにまで要請行動に行った前回2005年のNPT再検討会議では、前ブッシュ政権によって2000年のNPT再検討会議のさいに同意された「核兵器の全面廃絶に対する核兵器保有国の明確な約束」が反故にされました。この逆流を押し返し、核兵器廃絶への明確な約束を再確認させるとともに、「明確な期日」を明らかにさせることが来年の再検討会議の重要課題です。今回の書簡は、来年のNPT再検討会議に向けての世界の反核平和運動の前進にとっても、はかりしれない意義を持つものです。ワクワクしますねえ…来年もぜひとも山のように日本国民の署名を集めて、ご一緒にニューヨークに行きましょうね

いいですねぇ、党のカネでニューヨークに行って、また目の色変えて土産を買いあさろうという腹づもりですねw。

でもその前に核兵器の勉強しましょうね。北朝鮮を攻撃したら核爆弾が誘爆して日本にも被害が出ると参議院議員会館前でしゃべらないようにすることが大事でつw

生野ともうみ様、話題になってますよw

ぼやきのおっちゃんとこで、議論が続いていますw
その時歴史が様も参加されてはw?

品川区議、安藤たいさく氏の過去はおもしろいw

さるのつぶやきという、名前通りのファンか秘書か知らないが、そんなブロガーを配下に持つ品川区議安藤たいさく氏、漫画家志望だったが、どうしても無理と言うことで品川区議に転身したとか。

なかなかユニークな経歴だが、一言。
日本共産党主流派的思考と技術の持ち主だからデビューできなかったんだよ。

「女の子が可愛くない」「言いたいテーマを統一できていない」「仕上げはただ単に雑にしか見えない」「漫画は、読者に努力を要求してはいけない」「世界観がリアリティーない」「アフタヌーンに載ってそうな漫画」「話で読ませるのでなくキャラで読ませよう」「結末が見えるやり方はやめた方がいい」「まあまあ読める話だが、どこかで見たことある」

要は雑でオリジナリティがない..まんま典型的日本共産党員ですがなw

四月も党員増、赤旗減

高齢の・・・じゃなかった恒例の学習・党活動のページ

四月の党拡大は党員拡大で24回党大会以後最高の1200人増。
しんぶん赤旗は二ヶ月連続で後退。

一つ変化がある。
それまで学習・党活動のページは、常にがんばれしか言わなかったが、今回は五月の連休中は「適切休みを取り、英気を養い」連休後の党活動に備えろとある。

党員の気持ちを、中央は、わずかに理解しつつあるのかも知れない。

40万党員の記述はいつ増えるのかw?

メーデーの日である。今日の赤旗日刊紙は、そのメーデーの話題より志位委員長がオバマ大統領に送った書簡の件で紙面が埋め尽くされている。

で、朝日新聞にはこんな記事が

07年夏に参院選で惨敗後、「働く貧困層」など、雇用や格差の問題に集中し国会で追及。違法献金事件での小沢代表をめぐる自民、民主両党の非難合戦も「目くそ鼻くそ」と切り捨てる。大企業としがらみがないゆえの歯切れ良さもあり、07年9月から先月までの入党者は1万8千人。それ以前の倍のペースだ。

 衆院選では小選挙区候補を150程度に半減させて比例区に力を注ぎ、前回比3割増の650万票以上を目指す。ただ、ミニ統一地方選では、民主、公明も議席を伸ばしており、「甘く考えず一層力を入れる」(市田氏)と脇を締めている。(村松真次)

ほほう、だったら四十万党員が42万党員くらいになってるのかなと思ってJCPサイトを探しても、党員数の記述がなくなっている。今年二月段階でも志位タン曰く40万人のままだ。いつ増えるのかなw?

それにしても思うのは、月1000人も入党者がいるのに、党員なら必ず読むべき赤旗日刊紙が減紙するって....
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ