日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2006年09月

(きょうの赤旗)国連でぜひ言ってもらいたいww

主張
まぁ、読んでやって下さいよ

 長寿は、戦争と両立しません。世界でも日本でも、高齢者が増えているのは二十世紀にかちとられた戦争違法化と人権尊重の流れによるものです。日本でも、過去の侵略戦争の反省の上につくられた日本国憲法による平和と民主主義への転換があったからです。

高齢者の増加は、世界的に衛生状態の改善や医薬品の進歩などが大きな影響をしているのは常識。とくに日本では、栄養状態もいい上に、医療に相当金をかけている。赤旗だって、医療費に関しては過去何度も擁護してきた。

ぜひともこのような新説は、志位委員長が国連に行って演説してきてもらいたいものだ。世界から感動のあまり拍手されるであろうwww



(きょうの赤旗)厚生労働省よりひどい判断

いったい何回やっているのかわからない、たいくつな医学部定員大幅増の提案。今回は厚生労働省の基準に噛みつくが、笑っちゃうね。

 なぜ、面積で図る基準を加えたのか――。厚生労働省は「一つの判断」としか説明しませんが、除外された六県はどこも深刻な医師不足に悩まされており、実態に見合った基準とはいえません。

実態に見合った基準は、都道府県別ではなく、地域別。すなわち都市部か田舎かによる基準でなければならない。加えて、地域別に産婦人科など特定分野の専門医の数の隔たりどころか有り余る地域と医師ゼロ地域まで格差が広がっているところに問題があるのは常識。

この程度のことは、ほかならぬ医師過疎地域の人間なら誰でも知っていること。厚生労働省の基準も実態を見ていない杓子定規の判断だが、何でもいいから増やせなんて言う共産党はさらにひどい。増やした医師が必要なところ…無医村や産婦人科ゼロ地域など……に行ってくれる保証もないのに増やしたら、都市部の医師過剰がひどくなるだけ。

現実を見ていれば、こんな提言、絶対にできないぜ。

(日本共産党研究)みながわblogに、ぞっとする

共産党関係者・支持者の間で有名なもカッシーニで昼食改め、「みながわblog」に、ぞっとする記述を発見。

日本共産党府議会議員団の会議に出たことが書かれているエントリーで、その感想を述べた後、彼女はのたまう。

これが議会制民主主義かーーー。議会ってすごいよ!と、今更ながら思った今日この頃でした。
義務教育中に共産党の議員団見学とか義務付けたいくらいです。

なぜ共産党議員団見学を義務教育で義務づけたいと思うのか?自民党や公明党、民主党、社民党などの議員団についてはどうなのか?

そもそも特定政党の議員団の仕事を見せることを、義務教育に組み入れることが適切なことなのか?

彼女の正体が、そろそろ見えてきたようだ。

※該当エントリーに、トラックバックを打ちます。彼女がどう対応するのか、お楽しみ……。



(きょうの赤旗)党勢誇張病の処方せんはいつ出るのかな?

小池タソが四日市文化会館で行った演説会の記事

小池晃政策委員長・参院議員が約千人の聴衆を前に党への支持を呼びかけました。

というが、四日市文化会館第一ホールの客席は一階1276席。写真でみると、入りは1/3くらい、300人〜400人程度。

 医師でもある小池氏は、日本の政治には三つの深刻な病気があるとして、「侵略戦争健忘症」「アメリカ依存症」「大企業べったり病」をあげ、その異常さと、日本共産党が持つ処方せんを詳しく紹介しました。

しんぶん赤旗の、聴衆の数を二、三倍に発表する「党勢誇張病」の処方せんはいつ出してくれるのかな?医師の小池くん。


(GoGo宮本たけし)たけし先生は経営を勉強しないといけないね

きょうもたけし先生は、いかにも身障者のためといわんばかりのワンパターンをくり返しておられまつ。

ここでも、何といっても重大問題は「応益負担」の名による1割負担の導入。作業所に通えば通うほど負担が重くなるという深刻な事態が広がっています。

  同時に1割負担の導入は、施設の報酬を増やして経営を成りたたせようとすれば、利用者の1割負担も増えることになります。これまで手をたずさえて運動して きた「施設」と、「利用者」や親御さんとの間に「分断」と「対立」が持ち込まれるのが耐えられないとのお話に、あらためて怒りが湧き起こりました。

たけし先生は、いつまでたっても負担を減らすことばかり考えて、身障者に自活できる可能性のある社会作りにはま〜たく関心がないようでつ。負担金の無料どころか、健常者との給与格差をいかに縮小するのか、上回らせることができるのかなんて考えたこともないのでしょう。
続きを読む

(GoGo宮本たけし)「実録・日本共産党」busayo版

以前こちらで予告していた、フィクション、やっとできますた。いや〜事実を一部組み込んだフィクションを作るって大変でつね。

おことわり
この作品はフィクションであり、実在する人物、団体とは一切関係が……ないということにしておきますw

タイトル「実録・日本共産党」

登場人物
党副委員長 常幹 海野
元参議院議員 宮木
宮木秘書 皮籐
党社会科学研究所所長 不波
ほか

宮木事務所
トントンとノックが聞こえる
皮籐 どうぞ

海野 宮木クンはいるかな?
続きを読む

(きょうの赤旗)金利はどうするの?

日本の財政問題の解決法は、財政赤字や国債のような「借金は全部返さなくともよい。「借金があまり増えないように抑制」して、経済成長にともなって「対国内総生産(GDP)比で見た債務残高が減っていく」ようにすることだという。

あー、ちょっといいですか?金利はどうされますか?
経済成長を仮に年3パーセントとしますよね。この成長率を二十年連続できると仮定し、税収もそれに応じて上がるとしますよね。するとたとえば今年の税収1000円は二十年で1800円をちよっと越えるくらいになります。

そいでもって税収の10倍(一万円)借金があるとすると1800円の税収の時には五倍近くまで債務が減るという理屈ですな。で、これ以上債務を増やそうとしなくても、ついてくる金利はどうされるのでしょうか? 続きを読む

(GoGo宮本たけし)言行一致しないと笑われるよん。

きょうのたけし先生はオフで、親孝行に精を出されたようでつ。年老いた親を見ていると、思うところがあったのでしょう。

 昔、青年運動をやってた頃には「親が共産党嫌いで大反対なもんで…」という民青同盟員の相談をよく受けたものです。「親というものは子どもに『理詰め』 で説得されてわかるといったものじゃない。親御さんにご理解いただけるように、勉強や仕事もしっかりがんばって『決して悪いことをしているわけではないよ うだ』と思っていただけるようにがんばろう」と励ましたりしたものです。

嗚呼、なんと素晴らしい励ましあいでありましょう!高校ではぐれたか、民青の活動にかまけすぎたかで「岸校はじまって以来の落第生」となり一年留年。浪人を経て和歌山大学教育学部に入るものの、民青の専従となって大学には行かなくなって除籍となられた先生が……busayo_dicは、素晴らしい言行一致ぶりに感動のあまり涙しておりまつ。


続きを読む

(用語解説)ミラーマン

1.円谷プロダクションが35年前に作った特撮ヒーローもののタイトル。鏡や鏡に類する性質をもつものがないと変身できなかったのが特徴。今年映画も制作されたが……知らなかったぞ。

2.昨日痴漢で逮捕された植草一秀氏のニックネーム。以前、手鏡を使ってスカートの下をのぞいたとして逮捕された時につけられた。

3.狂言の「鏡男」の英語タイトル。あらすじはここにあるが、共産党員にふだんは見えない党の姿を見せようとしてるbusayo_dicは、まるで鏡男のようである。

(日本共産党研究)井上ひさしは藤原紀香に振られたのね

なにやら、自民党が藤原紀香を本気で参議院選に出すつもりとか……過去に藤原は井上ひさしとこんな対談をしていたようなのだが、びみょ〜に紀香タソ、憲法に関する政治的立場を明らかにするのを避けているような感じ。井上が一生懸命護憲の話をしているのに、言質とられてたまるかって受け答えに見えるw

そうした態度が今回の出馬話に影響しているのだろう。いくらタレント候補でも、こういとこ自民党は調べるからねぇ……というか、九条の会に入らないとこで怪しいと思わないとぉ。

井上ひさし以下、藤原紀香が護憲派と思っていた皆さま、ご愁傷さまでした。……つーかね、人気商売のタレントに政治的発言させようとするなよ。彼らには下手すると命取りになるんだから、考えてやれ。



(きょうの赤旗)常任委員も党史を知らんのか?

学習・党活動のページ
徳島県委員会で行われた党史の学習会の話。八月下旬の不破特別党学校の参加者が他の連中に党史を教えるらしい。

県や地区常任委員4人と勤務員一人がいつもの絶賛をしているのだが、常任委員諸君、キミたちは徳島県を代表する党幹部だろう?

47歳や60歳や51歳や45歳にもなっていて、今ごろ党史を学ぶ?今まで何を学習してきたのだw?
そんな調子じゃ二中総決定も読んでおらんだろう。別に読まなくてもいいけどw

ちなみに鹿児島では、二中総決定読了率が17.8%から20,8%に伸ばしたこととしんぶん赤旗の部数が七月より伸ばせたことが今後の確信となっているらしい。こんなに簡単に確信が持てるとは、羨ましい限りである。


(日本共産党研究)哀れな長野県委員会

日本共産党

日本共産党長野県委員会が、こんなことを書いている。

伊藤洋一なるジャーナリストがウソを書いて抗議があったらこっそり削除したという。

筆坂秀世の著書「日本共産党」を「偽りの暴露話」だと中傷し、根拠を聞くコメントを削除、そしてあろうことが実名で投稿してきた党員に圧力をかけて離党に追い込む県議員団幹事長藤沢のり子。彼女の行状は「kinpy 藤沢のり子」で検索して、結果を全て表示すれば出てくる。

自分たちの無責任なウソつき幹部を棚に上げて、このようなことを書く県委員会をもつ長野県の共産党支持者が哀れである。

この文書をなぜ削ったのか何の説明もなく、このようなニセの情報を流したことについて、関係者にお詫びの言葉もありません。

こんなこと、ウソつき幹事長藤沢のり子を抱えるお前が言うなwww
以下は、削除に備えて全文コピー。削除されなきゃ見る必要なし。

続きを読む

(日本共産党研究)麻生をけなすより研究しろ

ネットで大ウケの麻生太郎自民党総裁候補の秋葉原の演説がYouTubeにあった。

その1その2で計十五分ほど。個人的には横にいる谷垣タソの反応もいい味を出していると思うが、共産党員は無理にけなすよりも、なぜそんなにウケたのか実際の演説を見て研究すべき。そしてさらりと年金問題に触れるところにも注目。

「今憲法が変えられようとしています」「日本を戦争をする国にしてはいけません」「若者に仕事を」……この手の演説よりも、麻生タソの言葉の方が説得力がある。少なくとも日本国民はそう思っているから話題になるのだ。

共産党封じ込めで志位委員長の演説が採り上げられないのではなく、面白くないから共産党が相手にされていない現実を直視すべきだろう。

おれたちはまじめにやっているなぞといった反論など、するだけアホだ。麻生タソだって、まじめにやっている。そして麻生演説は結果を出し、共産党の演説は出ないのが現実なのだ。

まじめに政治をするのはあたりまえ。まじめに加えて何が必要なのか、考えない党幹部が共産党には多すぎるぞ。


(きょうの赤旗)しんぶん赤旗の情報操作が明らかに

午前中のきょうの赤旗のエントリーで、韓国の新聞記者についてヘタレと書いたが、そうではなくて、しんぶん赤旗がヘタレに見せていた可能性が高いらしいとわかった。

鬱々日記なるblogの「総裁戦近し。だからと言ってこんな注目の集め方はないだろ。日本共産党」によると、志位たん、朝鮮の南北分断は日本のせいだとのたまったそうだ。

にちゃんねらーが共産党本部に電話して真偽を確かめたところ、実際にあったと確認。でも

担当
「そういう発言があったと認識しています。と言いますのも、そもそも朝鮮戦争の原因というのがですね・・・」

などと、おそらく宮本たけし風のバカ発言をしたようだ。そんなに自信があるなら、しんぶん赤旗に堂々と書けよ。笑ってやるからw


(きょうの赤旗)韓国の記者もヘタレだな

韓国で志位たんが、記者相手にしゃべってきた内容。相変わらず、ウソついてますなぁ。

 志位 日本共産党と朝鮮労働党との関係は、一九五〇年代後半ごろから始まりました。しかし、一九六〇年代後半からさまざまな問題があらわれてきました。

 最初に問題を私たちが感じたのは、一九六七年から六八年の時期でした。この時期、青瓦台襲撃事件など、いわゆる「武装遊撃隊」の問題が韓国で頻発 しました。私たちは事態をたいへん憂慮し、北朝鮮に代表団を送りました。当時、書記長だった宮本顕治氏が金日成主席と会談しました。

憂慮していたんじゃなくて、テロを礼賛していたのは、当時の赤旗記事を丹念に追っていったお笑い日本共産党氏が調べましたよん。ついでに言っとくと、北朝鮮と仲が良かったのは、志賀&ソ連と対立していた自分たちの立場が一緒だったからでつよね。

でも行って見ると、どうも調子が違う……自分たちの思う通りにならないから関係がぎくしゃくしたわけで。
続きを読む

(日本共産党研究)麻生太郎、ネットで大人気

ということで、やたらやかましいこちらのフラッシュ群も大人気らしい。
こういう記事を見ていると、麻生たんは別にネットの人気をとろうとしたわけでもないのだろうが(もちろん人気があるといいな程度の願望はあったろうが)、明らかに政治家の生身の言葉が求められているのだなと思う。

一番日本共産党ができていないことが人気の要因になるのだから、党勢が落ちていくのは当たり前。

ではどうすればいいのか。対策の第一は、しんぶん赤旗を敵の立場で読むこと。それができずに、赤旗読んで酔ってるから赤旗のテープレコーダーみたいなことしかしゃべれない。

第二にしんぶん赤旗や党文献を全く読まずに、自分で敵の批判に耐えられる政策を作ってみることだね。党に頼ろうとするから生身の言葉が出てこないのよ。





(用語解説)押し紙

1.新聞社が新聞を必要以上に販売店に供給し、売上にしてしまうこと。もちろん売れないので販売店の経営を圧迫するが力関係の関係上販売店は断れないとされている。

2.日本共産党・しんぶん赤旗においては、未固定紙と呼ばれる読者なきしんぶんのこと。過去にもよくあって、なかなかなくならなかったらしい。もちろん他の押し紙は報道しても、自分たちの押し紙は……どうなんざんしょ?

(用語解説)いいがかり

1.通常考えられない難癖をつけること。

2.日本共産党員がイイカッコしたくて自分からつけるものの、即座に叩かれて恥をかく言葉のこと。典型例に宮本たけしの自民党に反論されたら沈黙とか、小川三四郎が削除するこれなどがある。

(きょうの赤旗)小池くんはどこ?

核戦争防止国際医師会議(IPPNW)の第十七回世界大会が八日、フィンランドのヘルシンキで始まったニュース。

核戦争防止国際医師会議なんてものがあるなら、当然被爆国日本からは医師でもある日本共産党の小池晃が呼ばれていても不思議ではない。秋葉忠利広島市長は呼ばれているようだが、小池くんはどこにいるのだろう?

と思ったら、日本でみのもんたの番組に出てたのね。招待されなかったの?


(きょうの赤旗)赤旗記者は何を見ているのだ?

自民党総裁選、秋葉原の街頭演説は、各紙によれば麻生氏が押さえた模様だ。自身のマンガ好きがアキバ人の共感を得たようだが、自民党総裁選の選挙管理委員会には麻生派でもいたのだろうか。それとも安倍圧勝の雰囲気のままではニュースにならないので麻生氏を目立たせようとする魂胆なのだろうかw

それに対し、しんぶん赤旗のニュースはこの調子
いったいどこに目をつけてんだろうね?二中総あたりを読んで、目からうろこだけでなく目玉まで落としてきたんじゃないかw?

(用語解説)反共毒素

1.人を反共に向かわせる毒素のこと。毒素と言っても物質ではなく抽象された反共思想のことを言う。

2.党にとって都合の悪い、信用されない根拠となる歴史から目をそむけ、同類相哀れむ者たちのたとえ。最近確認された生息地は、この付近である。

道草クー太郎なる解毒剤wもあまり効果がないのがつらいところであるが、比較的毒性が弱いコミュニスト氏はこちらにも来ていただきたいものですなぁ。当方は三四郎日記のように自分にとって都合の悪いものを削除するような卑怯なマネはしませんし、常連はウヨサヨ関係なしに忌憚なく書き込んでいただいておりますから。


(GoGo宮本たけし)銀座コンプレックス、ばれる。

たけし先生が、しんぶん赤旗記事によって知った軍歌酒場にご立腹でつ。
 
だいたい「軍歌酒場」てなもんがあるんですねえ。しかも銀座7丁目に。戦争の苦労も知らない若手議員の面々が、軍歌だけ覚えたってダメですって…しかも場所が「新宿ゴールデン街」とかじゃなくって「銀座7丁目」っていうのがいっそう腹が立つ…。

実は、ぼくちん自慢げにみられると本意ではないと思って、極力ぼかして書こうとしたんですけど、大阪の軍歌酒場もキタにありました。ぼくちんもたまたま知り合った大先輩がいたから出入りできたのであって、あんまり大衆的な場所ではないのは確かでつ。でもぼくちん、あんまりそういうことに関心ないんですよね。だから連れていって下さったのかも知れません。

でも、たけし先生は非常に関心があるようでつ。文芸評論家のたけし先生にとって、銀座は文壇バァのあるあこがれの地。きっと共産党の諸先輩たちが新宿ゴールデン街に連れていってくれても、銀座で飲ませてくれることはなかったのでしょう。コンプレックス丸出しで恥ずかしいでつw

(日本共産党研究)候補者は商品ならば……

カッシーニこと、ともえタソのページをよく見ると、新装開店してからコメント欄がなくなっているのに気がついた。う〜む、こりはbusayo_dic対策かというのは冗談としても、連絡先のメールアドレスすら書いてなさそうだし、なんだかなぁ……。

ただ寄せられていたトラックバックの中にこんなのがあって笑ってしまった。元香川県高瀬町議石井ひさしタソの“食の政党論”というべきエッセイだ。

自民党はコメ、民主党は麦、社民党も麦、なぜか公明党だけが数珠や仏壇にたとえられるのかは不明w。そして共産党は塩や水、砂糖のといった生命維持に欠かせないものなのに、調味料的にしか扱われてきていない。必需品なのにこれではいけないので販売戦略が必要なのだとか。

石井タソのエッセイについてツッコミどころはたくさんあるが、あまりにくだらないのでほっとくとして、この人は販売戦略についての考えが根本的に間違っているね。
販売戦略は、ユーザーニーズによって変化するのが基本。共産党はユーザーニーズより中央委員会の願望を優先するから売れないの。党中央はおろか支部すら主役じゃない。主役は国民なんだと気がつかなきゃダメよん

(きょうの赤旗)軍歌酒場って何だ?

軍歌酒場で“安倍親衛隊”がはしゃいでいると言うニュース

軍歌酒場ねぇ……ここで紹介されている店は知らないが、大阪にあった(今は知らない)こんな店はよく知っている。会員制で一見さん不可だったとこで、もう亡くなった大先輩(最近赤旗ご執心の品川正治氏よりも十年以上歳取った世代)によく連れていっていただいた。

それで軍歌なんか知っていそうもないように見えるbusayo_dic@管理人が歌うと、お客さんが驚いて、その後声をかけていただき、いろいろと意見を聞かれたことを覚えている……たぶん“戦争語”を話せる若者だと思われたのだろうw

とくに戦争観についてよく聞かれた。若い者が戦争をどう思っているのか、中韓との日本外交をどう思うかとかも多かった。

そうした酒場の雰囲気を知る者が読むと、軍歌酒場も変ったなと思う。
続きを読む

(きょうの赤旗)また共産党はチャンスを逃がした

消費者金融のグレーゾーン金利撤廃について、相変わらずしんぶん赤旗はワンパターン。自民党の後藤田議員の政務次官辞任も、規制強化に備えて既に動き出したサラ金業界のことも触れられていない。

この時期になれば、自民党のどいつがサラ金の味方か名指しする記事を書くことで与謝野や後藤田を援護し自民党内の分断をはかったり、サラ金業界の生き残り策は利用者にどのような影響を及ぼすのかなど、次の手を打っていかなきゃならない。共産党もやるじゃんと言われるには、そうした先手を打った記事がいるのだ。しかし紙面があるのにこんな記事で埋めていれば、そうしたチャンスは無くなるね。

ダイナミックな記事を書かねばならない自覚がないなら、来年もまたしんぶん赤旗の収益は落ちるだろうね。




(GoGo宮本たけし)全気象・共産党を過激派と呼ぶw

たけし先生は全気象の関西地本委員会に連帯のあいさつに出かけられたようでつ。

全気象とは大変度量の大きい組合のようでつ。だって日本共産党のたけし先生と連帯するくらいなのでつから。

だって全気象は、日本共産党を過激派=日和見主義者と呼ぶ団体なのでつw

全気象の組合活動Q&Aを見てみましょう。

Q デモ行動では、赤い旗にシュプレヒコール、一昔前によく見かけた「過激派」の人みたいでイヤなのですが。

A 「過激派」の人たちと一緒にされては困ります。そのようなイメージを多くの人に植え付けたということ自体にも、彼らの犯罪的役割があります。
続きを読む

(きょうの赤旗)共産党の政治資金報告

2005年度の共産党の政治資金報告がなされた。
相変わらず党勢の減退が数字に出ているが、それ以上に経費を落としているので実質収入は現状維持のようだ。

とくに党費は順調に行くと来年、遅くとも再来年には10億円を切るかも知れないが、不確定要素が多いのでわからない。

団塊の世代の大量退職によって退職金による党員の所得が増加し、党費が増える可能性があるからだ。これが数年続くと党費は三年ほど上昇し、あとはどさ〜〜と大減収で一気に十億割れということになるかも知れない。

ま、この二、三年が勝負ですな……。

(きょうの赤旗)朝鮮人差別党の党首は反省なしw

志位たん、韓国延世大学で講演。講演タイトル「東アジアの未来のための対話」うーんカコイイ

 冒頭、志位委員長が約四十分にわたって講演。朝鮮の独立運動で命を落とした若い女性の愛国者(柳寛順=ユ・グァンスン)について触れ、「日本共産党に も、日本の侵略戦争に反対し、虐殺された若者たちがいました。この抵抗の歴史は皆さんとの交流の基盤になると思います」と紹介すると、参加者からは感嘆の 声があがりました。

ついでに、日本共産党は過去、在日朝鮮人に大きく依存していながら、都合が悪くなると切って捨てた歴史を紹介すると、もっと感嘆されたろうにねぇ。

加えて、在日朝鮮人は入党できない。共産党の導きを受ける民青同盟も習え右で現在も朝鮮人差別を行っていることを言えば、ますます感嘆されたであろう。

まぁ、五万人以上の学生が通う、韓国の慶応大みたいな大学で参加者が60名だからねぇ……0.1%くらいアホがおっても不思議ではないかwww

(用語解説)依存症

1.脳内に快感を発生させるドーパミン神経に支配され、特定の行動をしないとストレスがたまり特定行動をせずにはおれなくなること。

アルコール依存症やパチンコなどギャンブル依存症などがよく知られている。近年、ケータイメールやミクシイなどの通信依存症も目立つようになったと言われる。

2.日本共産党党中央信者にも見られる症状のこと。党中央の言うことのみを信じることで、目先の現実に対し精神的な逃避を得られることからのめり込む。これを党依存症と呼ぶ。

3.変化という苦痛を受け入れる勇気も耐性もなく、党員としんぶん赤旗という金づるだけを拡大していればいいと思い込む党中央委員会がかかっている疾患のこと。これをワンパターン依存症と呼ぶ。

(用語解説)口封じ

1.任意の事象に都合の悪いことをしゃべろうとする行為を遮ること。一般に買収、恐喝などの手段をとられることが多い。それでも黙らないと誹謗中傷や殺人に発展することもある。

2.まれに日本共産党において、しゃべろうとする人物を地区委員会が議員に推薦することで達成される目的のこと。ただし、不破教の教義の枠内の者に限られ、はみ出すと党費を返還され、いなかったことにされることもある。

3.busayo_dicに一億円くらい献金すると、すすんでされてしまうかもしれない行為のこと……と書いてみるテストwww
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ